無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

“本格的歌手”テツandトモ。春の名曲「桜前線」に続く第2弾新曲「ほろ酔いブルース」(10/15発売)は秋・冬の宴会&忘年会向け、ビジネスマン哀歌の“ほろり”名曲!

音楽

男性デュオNO.1歌手を本気で目指し、本格歌手活動を開始したテツandトモ。2月26日にワーナーミュージック移籍第一弾シングルとして発売した春の“桜ソング”の名曲「桜前線」に続き、2ndシングル「ほろ酔いブルース」(10/15発売)は、“ほろっほろ”のフレーズが印象的な、秋・冬の宴会&忘年会向けの、働くみんなの応援歌&ビジネスマン哀歌の“ほろり”名曲!

作家陣は、名曲「桜前線」に続き、作詞:渡辺なつみ(安室奈美恵、KARA、May J.、2PM、BoA)×作曲:浜圭介(八代亜紀[「舟唄」&「雨の慕情」]、奥村チヨ「終着駅」)の名曲ゴールデン・コンビ!元々は、作詞家の渡辺なつみが、自宅で料理をしている時に、テレビのカラオケ番組のテツandトモの歌声に引き込まれ、たまたまその週末に自宅近くのショッピング・モールのイベントにテツandトモが出演するとの事で足を運び、前半はネタ、後半は歌のステージ構成で、歌を聴いて泣く人笑う人、一緒に歌う人多数の光景に感動。気付くと楽屋をノックしており、「歌やりませんか?」と思わず声を掛けていた。渡辺なつみにとって、依頼されて詞を書く事はあれど、自分から声をかけたのは、テツandトモが生涯初めての事であったという。

そして、天才作曲家:浜圭介に作曲を依頼&快諾してもらい、名曲「桜前線」をレコーディング。そして2014年1月13日の「桜前線」の歌い初めから本格的に歌手活動を開始したテツandトモ。文字通り、桜前線の北上に合わせ、西から東、南から北へと、全国津々浦々30都道府県を駆け抜け、この8月まで、100ケ所133回ステージ!72,090人という沢山のお客様の前で、「桜前線」の歌声を届けてきた。歌手としての認知も高まり、遂には、テレビ東京の長寿番組「洋子の演歌一直線」、特番「歌いーな!」での念願の地上波歌番組での初歌唱を始め、全国各地のテレビ、ラジオ、イベント出演も急増!テツandトモの歌声を聴いた多くの人から、「新曲が聴きたい!」との熱い声が沢山寄せられ、今回の新曲「ほろ酔いブルース」のリリースの運びとなった。

実は、「ほろ酔いブルース」は、渡辺なつみが、テツandトモに最初に書き下ろした作品だという。純粋で気さくな人柄で歌の大好きなテツandトモには、大勢集う時に、皆で一緒に歌える唄が一番似合う。春はお花見、そして秋はお月見、冬はクリスマスに忘年会、新年会。老若男女、悲喜こもごも色んな顔と顔、心と心が集う場所で、一番共感できる歌、「ほろ酔いブルース」の誕生です。人間生きてると、色んな日々があり、色んな想いがある。「明日は誰にもわからないけど、星は何でも知っている」 ビジネスマンは元より、老若男女、日本全国の皆さん揃って、「ほろっほろ」と大合唱!きっと笑顔と元気が湧いて来るはず!!

今作のCDは、新曲「ほろ酔いブルース」、茨城県の常陸大宮市(ひたちおおみやし)の歌「君とこのふるさとで」に加え、1stシングル「桜前線」収録の2曲(「桜前線」「故郷ばんざい」)も完全収録し、計4曲収録。更に各オリジナル・カラオケも収録し、合計8曲収録!しかも、名曲「桜前線」は、強い要望に応え、“ニュー・リマスタング”で特別収録したデラックス最強盤!「君とこのふるさとで」は、茨城県・常陸大宮市の市制施行・合併10周年を記念して制作され、2014年4月1日付で制定された愛唱歌。オカリナ奏者の 宗次郎も参加!作詞は一般公募の方(野上宗也)に加え、補作詞:渡辺なつみ、作曲:浜圭介。

2014年後半戦は、テツandトモの「ほろ酔いブルース」で「ほろっほろ」と“ほろり”ほろ酔い気分で参りましょう!!!

【テツのコメント】
「桜前線」に続き、今回の新曲「ほろ酔いブルース」を歌わせて頂けて、とても嬉しいです。「ほろ酔いブルース」は、まさにほろ酔い気分で、沢山の方に歌って頂けたらすごく嬉しい曲です。思わず口ずさみたくなる「♪ちょっと酔いたやほろっほろ〜」のフレーズに皆さん酔って下さいね。いつも応援してくださる皆さん、お世話になった皆さんに喜んで頂けるように、今回も一唱懸命頑張りますので、よろしくお願いします。

【トモのコメント】
ビジネスマンの皆さんは勿論の事、幅広い年代の方々に口ずさんで頂けるとても素敵な楽曲を頂き、光栄です。
「桜前線」とは一味違う、第2弾「ほろ酔いブルース」。是非!カラオケで歌ってください♪♪

【渡辺なつみ(作詞家)のコメント】
 テツandトモ」の歌声に心奪われ、出逢いから1年余りが経ちました。
「桜前線」を通して何よりも嬉しく、同時に再確認したことは、歌手としての魅力も本物であったことです。
「歌をやってみませんか?」と声をかけて本当に良かった!と思っています。
 実は、「ほろ酔いブルース」は、私がテツandトモに最初に書き下ろした作品です。
 皆、この世に生まれて、子供からやがて大人になり年老いて行きます。
 無邪気に遊んで、勉強して仕事について、夢見て、恋して、フラれて、挫折して、また前を向いて、、誰もが経験する色んな日々。
 テツandトモも同じです。彼らは本当に人間らしい。
「ほろ酔いブルース」は、働くみんなの応援歌、ビジネスマン哀歌。
 ビジネスマンは元より、老若男女、日本全国の皆さん揃って「ほろっほろ」と大合唱!すればきっと笑顔と元気が湧いて来るはず。

【テツandトモ発売情報】
★ビジネスマン哀歌の“ほろり”名曲
テツandトモの2ndシングル「ほろ酔いブルース/桜前線」
発売日:2014年10月15日(水)品番:WPCL.12014 定価:¥1,389(本体)+税

[収録曲]  <4曲+オリジナル・カラオケ4曲収録=合計8曲収録のデラックス・シングル>

1.ほろ酔いブルース【2ndシングル(新曲)】
2.桜前線【1stシングル(ニュー・リマスタリング)】
3.故郷ばんざい【1stシングルのカップリング曲】
4.君とこのふるさとで【茨城県・常陸大宮市の歌(新曲)】
5.ほろ酔いブルース[オリジナル・カラオケ]
6.桜前線[オリジナル・カラオケ]
7.故郷ばんざい[オリジナル・カラオケ]
8.君とこのふるさとで[オリジナル・カラオケ]

-音楽

関連記事

グループ魂 リクエスト曲を募集した3年振りのワンマンライブは音楽番組パロディで爆笑ランキング発表

グループ魂が9月5日、東京・豊洲PITでワンマンライブ「東京、水入らず」を開催した。約3年ぶりの単独公演となったこの日は、オフィシャルサイトで事前に募集したリクエストの上位曲を中心とした内容。ヒット曲 …

川本真琴、オリジナルアルバム2タイトルを高品質CDで復刻!

1996年のデビューシングル「愛の才能」から「DNA」「1/2」とシングル作品が立て続けにヒット、何れもオリコンチャート上位を獲得し、当時鮮烈な印象を与えた川本真琴。独自のヴォーカルスタイル、ソングラ …

SPEED新曲PVは、ダンス世界王者KENZOプロデュース!!

SPEEDが8月10日にリリースする20枚目の記念シングル「リトルダンサー」のPVで、ダンス世界王者KENZOが振り付けをプロデュースしていることが分かった。KENZOは今年5月にポルトガルで開催され …

doa 10月8日(水)、配信シングル『SMILE』リリース決定!本日より試聴スタート!!

今年7月にデビュー10周年を迎えた、3ピース・ヴォーカル・バンドdoaが、10月8日(水)に配信限定シングル『SMILE』をリリースすることが決定した。 『SMILE』は彼らの軸となっているウエストコ …

渋谷のカリスマたちが「シブヤの日」に渋谷の街のゴミ拾いを実施!

men’s eggのカリスマモデル5人で構成されたヴォーカルグループ『PlayZ』(ソニー・ミュージック)とカリスマギャルユニット『Juliet』(ユニバーサルミュージック)がファン50名を集めて、4 …

山本彩、NMB48卒業後“初”の全国ソロツアー「I’m ready」東京公演を大阪チャンネルで独占生配信決定!!

株式会社NTTぷらら(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:板東浩二、以下 NTTぷらら)と吉本興業株式会社(本社:大阪府大阪市中央区、代表取締役社長:岡本昭彦)は、両社が運営する映像配信サービス「大阪 …