無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

2014年1月の武道館公演をソールドアウトさせ、再びその存在感をシーンに見せつけた英国を代表する重要アクト、ブラー。

音楽

彼らが1996年に発表したライヴ作品『ライヴ・アット・ザ・武道館』が、リマスター音源で8月11日に全世界同時配信決定!

90年代のブリットポップ・ムーヴメントを牽引した、英国を代表するロック・バンド、ブラー。今年1月に行われた、オリジナル・メンバーとしては15年振りとなったZEPP DIVER CITY公演と武道館公演は両公演ともソールドアウトを記録、再びその存在感を大きくシーンに見せつけてくれた彼らだが、1995年に行われた武道館公演の模様を収録した、バンドにとっては初のライヴ・アルバム『ライヴ・アット・ザ・武道館』が、18年の時を超え、いよいよ2014年8月11日に全世界に向けて配信されることとなった。

この作品は、「ザ・グレイト・エスケイプ・ツアー」の一環として、1995年11月8日に2万人の観客を動員した彼らの武道館公演の模様を収録したライヴ・アルバムだ。翌年1996年に日本のみでCDが発売されたのだが、その内容の素晴らしさに世界中から熱望の声があがり、世界各国に輸出され、後日正式に海外でも発表された、ブラーと日本のつながりを強く証明するこの作品が、遂に今年、全世界に向けてiTunes Storeにて同時配信されることになったのだ。このデジタル配信に際し、アビー・ロード・スタジオのフランク・アークライトによってリマスターが施され、新たに生まれ変わった名盤ライヴ作品が、全世界のファンに向けて配信されることとなる。

7月28日から既にiTunes Storeでの予約注文(プレオーダー)もスタートしている。
iTunes Store予約注文(プレオーダー): https://itunes.apple.com/jp/album/live-at-the-budokan/id899192945

また、この「ライヴ・アット・ザ・武道館」の配信を祝し、今年1月に行われた来日公演時の映像を使用した新作PV「Yuko And Hiro」も公開されている。この楽曲自体も、ブラーと日本とのつながりを強く感じさせてくれる楽曲なのだが、この楽曲を来日時の映像でまとめあげたこのPVも、是非注目していただきたい。

Yuko and Hiro (Live At The Budokan): http://www.youtube.com/watch?v=GDDRMjm3wJA

※iTunes Storeは米国及びその他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。

ブラー / 『ライヴ・アット・ザ・武道館』
2014年8月11日 配信開始

1. The Great Escape / ザ・グレイト・エスケイプ
2. Jubilee / ジュビリー
3. Popscene / ポップシーン
4. End Of A Century / エンド・オブ・ア・センチュリー
5. Tracy Jacks / トレイシー・ジャックス
6. Mr. Robinson’s Quango / ミスター・ロビンソンズ・クアンゴ
7. To The End / トゥ・ジ・エンド
8. Fade Away / フェイド・アウェイ
9. It Could Be You / イット・クッド・ビー・ユー
10. Stereotypes / ステレオタイプス
11. She’s So High / シーズ・ソー・ハイ
12. Girls And Boys / ガールズ・アンド・ボーイズ
13. Advert / アドヴァート
14. Intermission / インターミッション
15. Bank Holiday / バンク・ホリデイ
16. For Tomorrow / フォー・トゥモロウ
17. Country House / カントリー・ハウス
18. This Is A Low / ディス・イズ・ア・ロー
19. Supa Shoppa / スーパー・ショッパ
20. Yuko And Hiro / ユーコ・アンド・ヒロ
21. He Thought Of Cars / ヒー・ソート・オブ・カーズ
22. Coping / コーピング
23. Globe Alone / グローヴ・アローン
24. Parklife / パークライフ
25. The Universal / ザ・ユニヴァーサル

<ブラー ショート・バイオ>

Blur は1989年、Food/EMIレコードとサイン契約をしてデビュー。
デビューアルバムの『Leisure』(1991年)によってアートパンクで奇抜、ポップで洒落たバンドの存在が知れ渡った。しかしBlur の魅力はそれだけではなくイギリスのポップミュージックシーンに革命を起こすことになる。セカンドアルバムの『Modern Life Is Rubbish』(1993年)は英国のロックミュージックのクールさを再評価させた。そして3枚目のアルバム『Parklife』(1994年)が出る1994年頃には残されたUKシーンもようやく追いついてくることになる。『The Great Escape』(1995年)はブリットポップの音域に磨きをかけたが、Blurは既に次へ進んでいた。1997年の『Blur』は180度変わって荒削りでノイジーな英国らしさからほど遠いものへと急変していく。続く『13』(1999年)ではWilliam Orbitが参加し、オーガニックなパンクポップと最新技術を合わせたラディカルで実験的な音となった。7枚目の『Think Tank』(2003年)はバンド結成以来のギタリストGraham Coxon が一時的に脱退した後、Blurが3ピースとなってから初めてのアルバムであり、リズムやテクスチャー、壮大なメロディーとさまざまな要素を含んだものだった。4ピースとして再結成した2009年には完売となったハイドパークでの2公演や、歴史に残るとも言えるグラストンベリーでの最終日出演などUKで多くのショーを行った。2010年には映画“No Distance Left To Run”をリリースした。大規模なハイドパークでのソールドアウト公演に向けて新曲を2曲書き、昨年夏のオリンピックの閉会式を記念した。その2曲、‘The Puritan’と‘Under The Westway’はツイッターを通じロンドンのある屋上から全世界に向けてビデオストリーミングされた。

そしてデビューアルバムから21年を経た2012年、これまでの作品を『Blur 21: The Box』という一つのボックスにまとめ2012年に発表。また同時にBlurファンのためにBlur: The Appという完全に実感できるインタラクティブなアプリも発表している

-音楽

関連記事

緑黄色社会、8月24日(火)にスタジオライブ『奏でた音の行方 vol.6』生配信決定!

緑黄色社会が、8月24日(火)に緑黄色社会オフィシャルYouTubeチャンネルにてスタジオライブ『奏でた音の行方 vol.6』(読み:かなでたおとのゆくえ ボリュームシックス)を生配信する。“奏でた音 …

the engy、Apple Music の「今週のNEW ARTIST」に選出

the engyがApple Music の「今週のNEW ARTIST」に選出された。 「今週のNEW ARTIST」とは、あらゆるジャンルの音楽に精通する Apple Music のエキスパートた …

AKB48チームA「岩佐美咲」大快挙!総選挙33位!!この度大型イベントが決定!

昨日のAKB48 27thシングル選抜総選挙で、今年2/1に「無人駅」でソロデビューしたAKB48チームAの「岩佐美咲」が、3年連続圏外から9297票を獲得し見事33位に入選、27thシングルのネクス …

EGO-WRAPPIN’、7/15の真夏日の中、日比谷野外音楽堂にてライヴ開催!

東京でも30度を超える真夏日となった、7月15日。三連休の真ん中の日比谷野外音楽堂にて、EGO-WRAPPIN’のライヴが開催された。野音でのワンマンはシングル「BRAND NEW DAY …

織田かお シンプルに“歌を聴いてもらうこと”

歌手・織田かおりが18日、東京・六本木morph−tokyoで『織田かおり 3rdソロライブ“Reverberation”』を開催。「女性限定」と「男子限定」の2回公演を行い、合計400人の満員のファ …

清水信之アレンジャー歴35周年記念アルバム「LIFE IS A SONG」発売を発表。レコードメーカーの枠を超えた珠玉の名曲40曲を収録。

清水信之のアレンジャー歴35周年記念アルバムの発売が発表された。J-POP、歌謡曲ファンには馴染みの深い名前であろう清水信之。作編曲 家、プロデューサー、キーボーディスト、ギタリストとしても知られるマ …