無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

平井 堅 アコースティック・ライヴ「Ken’s Bar」開催15周年記念LIVEシリーズの最終公演を15周年イヤーの最終日に開催!!

音楽

平井堅のアコースティック編成によるコンセプト・ライヴ「Ken’s Bar 15th Anniversary Special ! Vol.4」が、5月28日にさいたまスーパーアリーナで行われた。

これは、昨年5月から1年にわたって展開してきた「Ken’s Bar」15周年プロジェクトのファイナルとなる一夜限りのスペシャル公演。会場を埋め尽くした1万5千人のオーディエンスが、平井堅の歌に酔いしれたのはもちろんのことだが、同日リリースのコンセプト・カヴァーアルバム『Ken’s Bar?』に収録された楽曲の数々をはじめ、生で、いち早く、たっぷりと全15曲のパフォーマンスとKen‘s Barならではの雰囲気を堪能した一夜でもあった。

1曲目は、1970年代半ばに放映されていたTVアニメ「はじめ人間ギャートルズ」のエンディング・テーマ「やつらの足音のバラード」。アルバム『Ken’s Bar?』収録ヴァージョン同様、13人からなるストリングス隊を従えての披露だった。通常、「Ken’s Bar」のライヴの楽器編成は、ピアノ、アコースティック・ギター、ベース、パーカッションなので、いきなりのサプライズであり、スペシャルだったというわけである。

そして、さいたまスーパーアリーナに集まった人数にかけて、「“1万5千個”のハートにぼくのソウルが突き刺さるように歌いたいと思います」と、さらにオーディエンスを喜ばせたあとに歌われたのは、平井堅が初めてシングル・チャート1位を獲得した2002年の大ヒット曲「大きな古時計」。

ここからはいつもの「Ken’s Bar」のスタイルに戻り、たとえば福山雅治の「家族になろうよ」はピアノ、たとえばブラックビスケッツの「タイミング」はアコースティック・ギターと、ひとつの楽器をバックに、あくまでもシンプルに歌が届けられていったのだが、驚くべきは安室奈美恵との豪華コラボレーションで世間をあっといわせた「グロテスク」。ウッドベース1本のみでCDとはまったく異なるグルーヴを生み出し、そしてデュエットの相手はいなくとも、平井堅はひとりで見事なまでクールに、スリリングに歌い上げた。

その「グロテスク」をはじめ、映像作品としては最新となる「切手のないおくりもの」などのミュージック・ビデオが場内に流された休憩時間を挟んでの後半は、「いとしのエリー」でスタート。なんの説明も要らないサザンオールスターズの大スタンダード・ナンバーで、平井堅が桑田佳祐の熱狂的ファンであることは広く知られている。「恐れ多くもカヴァーさせていただきました」と、アルバム『Ken’s Bar?』で採り上げたことをずいぶんと謙虚に語るMCが飛び出したが、愛情たっぷりに歌われたのはいうまでもない。ただそれ以上に、エリーに対する思いを感情たっぷりに歌った平井堅のシンガーとしての表現力は瞠目すべきものであったと断言できる。これは他の楽曲に対してもいえることで、たとえばブラスセクションが登場し、ニューオーリンズ・ジャズのスタイルで披露された財津和夫の「切手のないおくりもの」。前半のストリングス同様、いつもの「Ken’s Bar」のライヴとは異なる編成だったが、そこには華やかな演出に負けない平井堅の絶対的な歌があった。シンガーとしての表情がさらに豊かになっているからこそのもので、これが最新の平井堅なのである。そして、アルバム『Ken’s Bar III』にはそのフレッシュな平井堅がしっかりとパッケージングされていて、このことに対する本人の喜びや自負は、セットリストから感じることができる。さいたまスーパーアリーナで披露された15曲のうち、『Ken’s Bar?』収録曲は、「やつらの足音のバラード」「家族になろうよ」「タイミング」「Love is Blind」「いとしのエリー」「順子」「切手のないおくりもの」「Virtual Insanity」と、8曲もあったからである。

アンコールでは「かけがえのないわたしの歌を、みなさんの前で歌うことができて感無量です。ありがとうございます」と感謝の意を述べ、この「Ken’s Bar」のテーマソングともいうべき「even if」を自らピアノを弾きながら熱唱。

こうして「Ken’s Bar 15th Anniversary Special ! Vol.4」は幕を閉じた。つまり、昨年5月から1年にわたり、全国で展開してきたアニヴァーサリー・プロジェクトが終了したということである。

そして、5月29日に「Ken’s Bar」は16周年を迎える。本人は「単なる通過点です」と、今後も攻めの姿勢を忘れずに活動していくことをアピールしたが、はたして、これからの1年はどんな「Ken’s Bar」が展開されていくのだろうか。

加えて、その1年は平井堅にとって非常に重要な時間となる。2015年5月13日にデビュー20周年という大きな節目を迎えるからである。

公演概要

公演名:Ken’s Bar 15th Anniversary Special!Vol.4

会場:さいたまスーパーアリーナ

開催日時:2014年5月28日(水) 17:30開場/19:00開演 

動員人数:約15000人

セットリスト

<1st STAGE>

やつらの足音のバラード 【LIVE初披露/アルバム「Ken’s Bar?収録」】

大きな古時計

家族になろうよ 【LIVE初披露/アルバム「Ken’s Bar?収録」】

グロテスク 【LIVE初披露】

タイミング 【LIVE初披露/アルバム「Ken’s Bar?収録」】

瞳をとじて

Love Is Blind 【LIVE初披露/アルバム「Ken’s Bar?収録」】

<2nd STAGE>

いとしのエリー 【アルバム「Ken’s Bar?収録」】

青空傘下 【LIVE初披露】

順子 【LIVE初披露/アルバム「Ken’s Bar?収録」】

切手のないおくりもの 【LIVE初披露/アルバム「Ken’s Bar?収録」】

Virtual Insanity 【LIVE初披露/アルバム「Ken’s Bar?収録」】

Love Love Love

POP STAR

<ENCORE>

even if

【出演者】

Vocal:平井堅(Ken‘s Bar店主)/Piano:鈴木大/Guitar:石成正人/Bass:大神田智彦/Percussion:坂井‘LAMBSY’秀彰

Ken’s Bar 15周年全15公演 トータル約15万人動員!!!

■Ken’s Bar 15th Anniversary Special!Vol.1

2013年5月29日(水)&5月30日(木) 東京都・日本武道館

■Ken’s Bar 15th Anniversary Special!Vol.2 沖縄県・宜野湾海浜公園屋外劇場

2013年7月6日(土)&7月7日(日) 

■公演名:Ken’s Bar 15th Anniversary Special!Vol.3 (Ken’s Barとしては3年ぶりのアリーナツアー)

2013年12月 7日(土) 宮城県・セキスイハイムスーパーアリーナ 

2013年12月10日(火)&12月11日(水) 大阪府・大阪城ホール 

2013年12月13日(金)&12月14日(土) 徳島県・アスティとくしま 

2013年12月20日(金) 北海道・北海きたえ〜る

2013年12月23日(祝・月)&12月24日(火) 神奈川県・横浜アリーナ 

■公演名:Ken’s Bar 15th Anniversary Valentine Special!

2014年2月14日(金)&2月15日(土) 東京都・BLUE NOTE TOKYO 

■公演名:Ken’s Bar 15th Anniversary Special!Vol.4

2014年5月28日(水) 埼玉県・ さいたまスーパーアリーナ

 
最新リリース情報

平井 堅

CONCEPT COVER ALBUM「Ken’s Bar?」

2014年5月28日(水)発売

<トラックリスト>

01. Open

02. even if 〜instrumental〜 (Music:平井堅)

03. 家族になろうよ (Lyrics & Music:福山雅治)

04. 順子(Lyrics & Music:長渕剛)

05. WE’RE ALL ALONE (Lyrics & Music:William R. Royce Scaggs)

06. いとしのエリー (Lyrics & Music:桑田佳祐)

07. Love Is Blind(Lyrics & Music:Janis Ian)

08. Intermission

09. Virtual Insanity(Lyrics & Music:Jason Kay, Wallis Buchanan, Simon Katz, Derrick McKenzie,

Toby Smith, Stuart Zender)

10. 切手のないおくりもの (Lyrics & Music:財津和夫)

11. タイミング(Lyrics:森 浩美, ブラック・ビスケッツ/ Music : 中西 圭三, 小西 貴雄)

12. やつらの足音のバラード(Lyrics:園山俊二 / Music:かまやつひろし) ※グローバルワークTVCMソング

13. KILLING ME SOFTLY WITH HIS SONG (Lyrics & Music : Chales Fox & Norman Gimbel) 

14. マイ・ウェイ(Lyrics & Music:Paul Anka, Claude Francois, Lucien Thibaut, Jacques Revaux 日本語訳詞:片桐和子)

15. Close

 title=

◎初回生産限定盤A:DVD付き・豪華紙ジャケット仕様

■特典映像:「Ken’s Bar 15th Anniversary Special!!! Vol.1 LIVE VIEWING EDITION at 日本武道館」

2013年5月30日のLIVE当日、日本武道館から全国の映画館へ同時生上映された一夜限りの

貴重なLIVE FILMを約99分にわたり全編収録!! (価格:5000円+税 /品番: BVCL-590/591)

1st STAGE:even if / 僕は君に恋をする / 少女A / Overjoyed / 桔梗が丘 / 瞳をとじて / LIFE is...

2nd STAGE:告白 / なごり雪 / 太陽と埃の中で / 君の好きなとこ / 君はス・テ・キ? / POP STAR / Love Love Love
ENCORE: マイ・ウェイ   

30th May 2013 at Nippon Budoukan

◎初回生産限定盤B:BONUS CD付き・スリーブケース仕様

■特典CD:「Ken’s Bar BEST SONG COLLECTION〜Live at Blue Note Tokyo〜」

平井堅が自身の歴代のヒットソングの数々をわずか300名の観客を前に披露し超プレミアムLIVEとなった

2014年2月のBlue Note公演からベストセレクトされた新録LIVE音源を全11曲を収録!! 

平井堅初のLIVE ALBUM!!(価格:3600円+税/品番: BVCL-592/593)

even if / 楽園 / 告白 / 瞳をとじて / LIFE is… / 僕は君に恋をする / 哀歌(エレジー) / 君の好きなとこ / KISS OF LIFE / POP STAR / Love Love Love

February 2014 at Blue Note Tokyo

◎通常盤 CD

(価格:3000円+税/品番: BVCL-594)

Ken’s Barとは・・・

Ken’s Barは、1998年5月29日に都内イベントスペースでひっそりと開店した。

きっかけは、「お酒やソフトドリンクや軽食をとりながら、リラックスした環境でライブを楽しんで欲しい」という平井堅本人の素直な気持ちから始まった。自身がKen‘s Barの店長兼ヴォーカルを勤め、ライヴ全体をトータルプロデュースしている。Ken’s Barでは、平井堅が洋楽・邦楽問わず敬愛するミュージシャンの楽曲を歌い、時にはお客さんからのリクエストに答えてアコースティックスタイルで披露してきた。 因みに平井堅、開店当時26歳。

観客50名(ONAIR Okubo PLUS(現在は閉店)にて開催)から始まり、その後、東京ドーム(’05年12月20日)や数万人収容のアリーナでの開催にまで拡大し、毎回チケット発売と同時にソールドしてしまうほどの人気イベントにまで成長した、自身のライフワークとも言うべきアコースティック・ライヴ・イベント「Ken’s Bar」が昨年の5月29日に開店15周年を迎えました。

不定期でありながらも毎年必ず開催され、平井堅といえば、“Ken’s Bar”というぐらい平井堅の代名詞となったこのライヴイベント。そのコンセプトは、現在のカヴァー・ブームのアイディアのモチーフとなっており、日本人男性ソロアーティストとしては初めてMTV UNPLUGEDに2002年に出演、NYCのスタジオ収録という意味では、日本人初のアーティストということで、日本におけるアコースティックでのカヴァー・ライヴのパイオニア的存在となっている。そのKen’s Barをコンセプトとしたフルアルバムも過去に2作発表。

Ken’s Bar開店5周年を記念した『Ken‘s Bar』、 Ken’s Bar開店10周年を記念した『Ken‘s Bar ?』。アルバムでは、 鉄壁のKen’s Barメンバー(鈴木大,石成正人,坂井秀彰,大神田智彦)を始め、Aqualung, Frank McComb,Jesse Harris , Juana Molina, Lalah Hathaway, Peter Cincotti, saigenji, Toninho Horta,小野リサ,草野マサムネ,クリヤ・マコト,塩谷哲,蔦谷好位置,中西康晴,矢野顕子ら国内外問わず数々の豪華ゲストが客演。また、故坂本九,故美空びばりとは時空を超えて、奇跡のデュエットをするなど話題となった。
<関連リンク>
平井堅 Official Website

-音楽

関連記事

超大型新人MCUとLITTLEの新プロジェクト“UL”デビュー!KREVAプロデュース!ごきげんなサマーソング「夏歌詩」iTunes先行配信スタート!

日本のHIP HOPシーンの根底を塗りかえてきた代表的なHIP HOPグループ“KICK THE CAN CREW”のMCUとLITTLEの新プロジェクト“UL”が本格的に活動をスタートさせた。 20 …

ナニワの光速ウクレレ少年 近藤利樹(小6)初のワンマンライブ決定!

大人顔負けの超絶テクニックを持ちながら、普段はランドセルを背負いながら小学校に通うという最高のギャップで話題の少年、近藤利樹のファーストワンマンライブが決定しました!「ウクレレは俺の心臓や!」と真剣に …

新生LADYBABY、新体制発表からわずか1週間で衝撃の初ワンマン! 早くも次回ツアーを発表!

金子理江、池田菜々、唐沢風花、有馬えみりの四人組アイドルユニットLADYBABYが新体制発表後初となる東名阪ワンマンツアー【TOUR 2018-SADAME-】の初日公演を大阪・Music Club …

17歳のアニソンシンガー和島あみ、アニメ「デジモン」新EDテーマを担当

弱冠17歳のアニソン・シンガー和島あみがTVアニメ「デジモンユニバース アプリモンスターズ」新EDテーマを担当することが明らかとなった。 デビューから3作続けてアニメタイアップ抜擢という展開に、和島は …

10/16に1stアルバムをリリースするKAMAMOTOMIKAが同作から「マジックミラー」のMVを公開

ピアノボーカルのトミカ、BAGDAD CAFE THE trench townにも所属するドラムの番長、そしてアップライトベースのやすからなるバンド・KAMAMOTOMIKAの全国流通1stアルバム『 …

RIP SLYMEのMC:ILMARI(イルマリ)率いるバンドThe Beatmoss、第2弾Mini Album『The Beatmoss Vol.2』ジャケット写真公開!

RIP SLYMEのMC:ILMARI(イルマリ)率いるバンドThe Beatmoss第2弾Mini Album『The Beatmoss Vol.2』のジャケット写真が公開!第1弾の流れを汲みながら …