無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

Sakiko Osawa 「衰退する渋谷カルチャーに一石を投じる映像作品」公開!!

音楽

Sakiko Osawa 気鋭のテクノ系DJ&クリエイター 2013年2月に、音楽ブランド「OIRAN MUSIC」のプロデュースで、アムステルダム ” 7 Stars Music ” より「Tokyo Disco Beat EP」でデビュー。 数多くのクラブやバー、映画館、シアターなどが集結する「愛と文化の街」こと渋谷・道玄坂でカルチャーの交差点として機能し続けているウォームアップバー&レストラン「しぶや花魁」を根城に創作活動を展開している。

幼少時にヴァイオリンとピアノを習得。中高生の頃にミクスチャーロックやパンクに傾倒しバンドを結成、エレキベースを担当する。日本大学芸術学部 音楽学部 情報音楽コースに進学後は音響学、レコーディング、メディア・アートを学び、8つのスピーカーを使用した独自のサラウンドシステムを研究。20歳の頃にレイヴカルチャーや電子音楽に出会い音楽制作を始める。大学院卒業後はプロジェクション・マッピングや映像ディレクション、Ustream配信の技術を身につけ、常に三角形モチーフの洋服やアクセサリーを身につけるなど、音楽だけにとどまらない様々なアプローチを表現の中に取りいれた。その後、友人の誘いで新たな渋谷系カルチャーの発信地として世界各国から多くのゲストが訪れるウォームアップ・バー&レストラン「しぶや花魁」にてライブセットを披露。「しぶや花魁」プロデューサーでありDJ&作詞家のヴィーナス・カワムラユキに見いだされ、ダンスミュージック専門インターネットラジオ block.fmにて毎週金曜20時からO.A中の人気番組「しぶや花魁ウォームアップレディオ」にゲスト出演を果たし、スリリングでソリッドでありながら新たなジャパニーズ・ビューティを感じさせる独自の世界観に多くのリスナーが魅了され「Sakiko Osawa」の名が知られる切っ掛けとなる。現在、ファッション x 映像 x 音楽がミックスされた新しい活動形態を創造するべく 東京- アムステルダムと世界の壁を越えて、精力的に作品をリリース予定。

 title=

気鋭のテクノ系DJ&クリエイター 2013年2月に、音楽ブランド「OIRAN MUSIC」のプロデュースで、アムステルダム ” 7 Stars Music ” より「Tokyo Disco Beat EP」でデビュー。リリースと同時に、iTunes エレクトロニック アルバムチャートにて2位を記録。

SoundCloud http://soundcloud.com/sakikoosawa
Facebook https://www.facebook.com/sakiko.osawa.tokyo
<関連リンク>
Sakiko Osawa Website

-音楽

関連記事

tacica、1年半ぶりとなる復帰ツアー完走!!

北海道出身の3ピースバンド『tacica』が7月8日(金)、赤坂BLITZにて「ワンマンTOUR 2011 “アリゲーターは眠らない!!!!!”」のツアーファイナルを迎えた。 昨年、Drums坂井の急 …

EPIK HIGH、サマソニ初出演!!おなじみの”放水ステージ”も全開!!

BIGBANG・2NE1・PSY等全世界をまたにかけ絶大な人気を誇るアーティストを多数擁するYG ENTERTAINMENTが誇る韓国のヒップ・ホップ・レジェンド『EPIK HIGH (読み : エピ …

Flower記念すべき通算10枚目となる来月4月29日リリースのシングルタイトルは「Blue Sky Blue」!

表題曲は、KOSE新CM「ファシオE-girls実証ライブ」篇のCMソングとして3月27日(金)からOAスタート! また、カップリングに収録されている「Clover」も、リクルート「リクナビ進学」新C …

ViViD、シンガポールで7000人をROCK!

2011年1月にメジャーデビューし、2011年11月9日に3rdシングル「FAKE」をリリース。1stシングル・2ndシングル・3rdシングルともにオリコンウィークリーランキング10位内にランクイン。 …

CHEMISTRY、お台場でフリーライブを敢行! 誕生日を迎えた堂珍が、客席からの逆サプライズに感激

今春、グループとしての活動を再開したCHEMISTRY。再始動後初のシングル「Windy/ユメノツヅキ」が11月15日に発売され、CD、配信ともに好調なセールスを記録する中、11月19日にお台場ヴィー …

ふかわりょう×初音ミクのデュエット曲が11/9より配信決定!

ROCKETMANこと、ふかわりょうが、本日11/9に自身のブログで、ネット界のディーヴァとして不動の地位を確立しているVOCALOID:初音ミクのオリジナル曲「とんだハッタリボーイ」(ROCKETM …