無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

EDM界のモンスターSKRILLEX、待望のファースト・アルバムを3月19日に緊急リリース。

音楽

Photo by Teaghan McGinnis

ここ1年間、常に発売の噂がネット上を駆け巡っていた作品のタイトルは『RECESS (リセス)』。ラガ、ヒップホップ、ドラムンベースなど、人類が考えうる様々なダンス・ミュージックの要素を見事に緻密に料理している1枚。ジャケットは宇宙人?

エレクトロ・ハウスやダブステップ好きのクラバーからハードコアが好きなロック・キッズまでも虜にし、クラブにとどまらず大型フェスの観衆までも狂乱させ、世界で爆発的に拡大しているEDMシーンの中で、“最もブッキングしたいDJ”と言われ“年間16億円以上を稼ぐ”スクリレックス。2枚のEP(『スケアリー・モンスターズ・アンド・ナイス・スプライツ』&『バンガラング』)が両作品ともグラミー賞を獲得した彼が、遂に待望の1stアルバム『リセス』をリリースする。

グラミー賞受賞後、知名度も世界的に急上昇したにも関わらず、アルバム・リリースもなく、人気アーティストへのヒット・プロデュースに目もくれず、孤高のサウンド・クリエイターとして自らが信じる音楽を創造し続けてきた。それでも彼は“スクリレックス”という他の追随を許さないジャンルを確立することに成功した。

そんな彼がようやく世に放つ初フル・アルバムは、明らかなネクスト・ステップを見せつけてくれている。昨13年に発表されていた“トライ・イット・アウト(ネオン・ミックス)with アルヴィン・リスク”のような従来路線の楽曲も当然収録されているが、アルバムには多くのフィーチャリング・シンガー(MC/ラッパー)を迎えている。盛り上げ番長、ファットマン・スクープ、シカゴの新進ラッパー、チャンス・ザ・ラッパー、アジアからもG-DRAGON(BIGBANG)とCL(2NE1)などが参加している。

スクリレックスことソニー・ジョン・ムーアは1988年米ロスアンジェルス出身。フロム・ファースト・トゥ・ラストというハードコア・バンドのリード・シンガーだった。そんな彼がバンドを脱退後始めたのがこのプロジェクト。2010年6月にインディーズで大成功したアルバム1枚(『My Name Is Skrillex』)をリリースしただけで、スクリレックスはメジャー・レーベルであるビッグ・ビート・レコーズ(アトランティック傘下)と契約し、EP『スケアリー・モンスターズ・アンド・ナイス・スプライツ』をリリース。ビートポートでリリースされた9曲入りのこのEPは、このサイトのオンライン・チャートを独占。タイトル・トラックは、1位を獲得。(ダブステップの曲が1位を獲得したのは史上初)その他の8曲も全てトップ10入りし、数曲がダブステップ、エレクトロ・ハウス、プログレッシヴ・ハウスなどのジャンル別チャートで1位を記録した。結果、第54回グラミー賞で、DJ初となるBest New Artistにノミネートされただけでなく、Best Dance Recording、Best Dance/Electronica Albumを含め5部門にノミネートされ(5部門のノミネーションは、レディー・ガガとケイティ・ペリーのノミネーション数を足した数と同じ!!)、3部門を受賞!!その後リリースされたEP『バンガラング』では前年に引き続き、第55回グラミー賞のBest Dance Recording、Best Dance/Electronica Albumを含む3部門にノミネートされ、2部門を受賞。世界で爆発的に拡大しているEDMシーンの中で、“最もブッキングしたいDJ”と言われ“年間16億円以上を稼ぐ”、EDM界のスーパー・スターと言われている。ここ日本でも単独公演は即完し、FUJI ROCK FESTIVAL ’13でホワイトステージのヘッドライナーとして登場し、雷雨の中パンパンにつまったオーディエンスを熱狂させた。

そんなスクリレックスは風貌からはハードコアなイメージで一見怖そうだが、素顔はアニメやゲームが大好きな今時のオタク青年だと彼を良く知るファンからは認知されている。日本語詞やヴォーカロイドを用いた楽曲を制作するなど、日本の文化に造詣が深い。来日時には渋谷散策中に立ち寄ったカフェバー東京354CLUBで、はっぴ姿で神輿を担ぎ、その映像がネットで話題になったり、道端でファンに声をかけられ、気軽に写真撮影に応え、そのファンがツイッターで写真をあげたことにより、「スクリレックスが渋谷にいる!」とツイッターから情報が拡散し、多くのファンが渋谷に集まった。

iTunes Storeではアルバムの予約注文実施中!: https://itunes.apple.com/jp/album/id833843609

 title=

■作品情報
SKRILLEX | RECESS (スクリレックス |リセス)
2014年3月19日リリース
品番:WPCR-15681 定価:1,886+TAX
01. ALL IS FAIR IN LOVE AND BROSTEP with Ragga Twins – オール・イズ・フェア・イン・ラヴ・アンド・ブロステップ with ラガ・ツインズ
02. RECESS with Kill The Noise, Fatman Scoop and Michael Angelakos – リセス with キル・ザ・ノイズ、ファットマン・スクープ・アンド・マイケル・アンジェラコス
03. STRANGER with KillaGraham from Milo and Otis and Sam Dew – ストレンジャー with キラグレアム・フロム・マイロ・アンド・オーティス・アンド・サム・デュー
04. TRY IT OUT (NEON MIX) with Alvin Risk – トライ・イット・アウト(ネオン・ミックス)with アルヴィン・リスク
05. COAST IS CLEAR with Chance the Rapper and The Social Experiment – コースト・イズ・クリア with チャンス・ザ・ラッパー・アンド・ザ・ソーシャル・エクスペリメント
06. DIRTY VIBE with Diplo, G-DRAGON from BIGBANG and CL from 2NE1 – ダーティー・ヴァイブ with ディプロ、G-DRAGON・フロム・BIGBANG・アンド・CL・フロム・2NE1
07. RAGGA BOMB with Ragga Twins – ラガ・ボム with ラガ・ツインズ
08. DOOMPY POOMP – ドゥンピー・プーンプ
09. FUCK THAT – ファック・ザット
10. EASE MY MIND with Niki and The Dove – イーズ・マイ・マインド with ニキ・アンド・ザ・ドーヴ
11. FIRE AWAY with Kid Harpoon – ファイア・アウェイ with キッド・ハープーン

■リンク
ワーナーミュージック・ジャパン・ホームページ http://wmg.jp
<関連リンク>
SKRILLEX OFFICIAL SITE

-音楽

関連記事

STARBOARD、TRIBAL CHAIRらのメンバーによる「The Florist」が4/23にファーストアルバムリリース!!ミュージックビデオ公開、初のライブツアーも開催!!

STARBOARD、TRIBAL CHAIR、PICK2HAND、NATURE LIVINGらのメンバーで結成されたシューゲイザー・ニューウェーブバンド「The Florist」が、2014年4月23 …

石崎ひゅーい、カバーライブ「ナイトミルクVol.2」開催決定!

先日劇団鹿殺し「彼女の起源」にて主演を務め、東京公演は全公演ソールドアウトとなり役者としてのデビューを華々しく飾ったシンガーソングライター石崎ひゅーいが、自身のインターネットラジオ「ナイトミルク」の特 …

ミュージック・フォー・リリーフは被災者支援のため、セーブ・ザ・チルドレンと共に活動を開始

――カリフォルニア州、ロサンゼルス発 (2011年3月22日付) エンジェルズ・アンド・エアウェーヴズ、サラ・バレリス、B’z、カウンティング・クロウズ、フライリーフ、フーバスタンク、エン …

日本在住のR&B貴公子マット・キャブ、9月3日(火)ニコニコ生放送に初登場!ゲストMCに人気上昇中のハーフ芸人「マテンロウ」のアントニー出演が緊急決定!

英語が喋れないハーフ芸人と日本語ペラペラなアメリカ人シンガーの異色トークは必見! 2010年のデビュー以来、アルバム2作連続iTunes R&Bアルバム・チャート1位を記録、昨年の2nd『L …

ハロウィン新作のタイトル発表!『ラウドパーク』来日直前には先行EPをリリース!

パワー・メタルの礎を築いたドイツ出身のヘヴィ・メタル・バンド、ハロウィンが、来年1月16日に通算14作目となるスタジオ・アルバム「ストレイト・アウト・オブ・ヘル」を発表する。 本作は、スペイン領カナリ …

倉木麻衣クラシックの聖地ロシア・モスクワで収録!!!初のシンフォニックコレクション「Mai Kuraki Symphonic Collection in Moscow」発売決定!!!

9月に指揮者・藤原いくろう氏と東京フィルハーモニー交響楽団とのコラボレーションによる初のコンプリートシンフォニックライブ“Mai Kuraki Symphonic Live -Opus 1-”を成功さ …