無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

話題の映画『黒執事』の主題歌「Through the ages」を歌うのは、虹色の歌声を持つ英国出身の21歳、ガブリエル・アプリン!!

音楽

映画のために主題歌を書き下ろしたのは絢香。海外アーティストに彼女が楽曲を提供するのは初!!

1位「水嶋ヒロ」、2位「黒執事」、3位「シエル」、4位「セバスチャン」――これは『黒執事』の実写映画化が発表された日のYahoo!リアルタイム検索(2013年1月9日)の「注目のキーワード」。ベスト10のうち7個を『黒執事』関連ワードが占拠。

そんな話題の映画『黒執事』の主題歌に、イギリス出身の21歳ガブリエル・アプリンの歌う「Through the ages」が決定した。本作の主演であり、また共同プロデューサーでもある水嶋ヒロが大抜擢。楽曲を書き下ろし、提供したのは絢香。
過去に工藤静香に楽曲を提供したことはあるが、彼女が海外のアーティストに楽曲を提供するのは今回が初である。

★主題歌決定までの道のり
映画の撮影が終盤に至り、スタッフの間では主題歌をどうするべきか、というある程度の方針が共有されていた。作品のエンドに相応しい壮大なバラードであること、できればそれを色のついていない新しいディーバに歌ってほしい、ということ。プロデューサー陣で国内外を問わず相応しいアーティストの候補出しをしていたところ、本名名義で本作の共同プロデューサーでもある水嶋ヒロから、「ガブリエル・アプリン」が一押しで推薦された。ガブリエルは、上記のオーダーを満たす美しい歌声を持つアーティストであり、日本での人気も上昇しはじめたところだった。

水嶋から「天使のような美しい歌声を持つアーティストが、悪魔が主役の映画の主題歌を歌うのは皮肉めいていて面白くありませんか?」との提案に、プロデューサー陣・監督も賛同し、正式にワーナーミュージックを通じて、イギリスに、映画のコンセプトから順に説明し、打診したところ、ガブリエルがちょうど来日するとの事。そこで松橋は、映画の世界観にふさわしい楽曲を用意し、それを歌ってもらえないかをガブリエル陣営に話してみた。ガブリエルはシンガー・ソングライターであることから、その可能性は限りなく低いと考えていたが、希望のある返事をもらうことに。楽曲を聴いてみてから判断したいとのこと。なんとか快諾してもらう為にも、極上の楽曲を提示しなくては… そんな思いから、映画の世界観を理解し、楽曲を書き下ろしてくれる人を急いで探すことに。

そこで、松橋プロデューサーには秘策があった。それは、「絢香」に作詞・作曲してもらうこと。絢香は、松橋がいつか映画の主題歌を書き下ろしてもらいたいと思っていたアーティストであった。実は、別の映画で主題歌をオファーした事もあったが、その時はスケジュールが合わず実現には至らなかった。更には、それを英詞にしてもらうことができるという確信である。ある動画投稿サイトで絢香が自身の楽曲を英語で歌っているのをよく聞いていたからだ。水嶋に相談すると、「この映画のことを企画の立ち上げ段階から知っているし、英詞にするラインもあるので、彼女なら期待に応えてくれると思います」とのこと。こうして、見事なまでに映画の世界観を表現した「Through the ages」という楽曲が誕生した。ガブリエル陣営からも「世界に通用する楽曲である」と判断され、作詞・作曲:絢香、歌:ガブリエル・アプリンという奇跡的なコラボレーションが実現することになった。

★ガブリエル・アプリンのコメント
『黒執事』の主題歌を歌うという依頼を受けて、とても興奮しました。
私は今まで映画関係の依頼を受けたことがなかったので、外国からその依頼がくる
なんて本当に驚きました。私が選ばれた、ということを光栄に思っています。
主題歌に私を選んでくれて、どうもありがとう。
そして、絢香!こんな素晴らしい曲が書けるなんて、すごいことだと思う。
あなたの曲の歌い手に私が選ばれて光栄です。素晴らしいわ。あんな曲が書けるなんて、すごいと思う。

★絢香のコメント
ガブリエル・アプリンの歌声を初めて聴いた時、あまりの美しさに心が動かされました。
そんな素晴らしい声を持つ彼女に自分の書いた曲を歌って頂けるなんて、
本当に嬉しいです。『絶対素晴らしい作品にする』という皆さんの熱い想いを知っていたので、
話を頂いた時にはいつも以上に気合が入りました。
試写を観ましたが、あまりに素晴らしくて感激しました。
この映画に携われたことを光栄に思います。

★大谷監督のコメント
絢香さんが作詞・作曲した主題歌は、本当に美しいバラードです。
『黒執事』という作品の中で描かれる“聖なるもの”と“悪なるもの”、その両方の
美しさを感じさせてくれるからだと思います。
透き通るような歌声を持つガブリエル・アプリンが、曲のタイトル通り、
そんな“時代を超えたもの”を、儚くも強く歌い上げています。映画を見終えた
観客の皆さんの心に、深く染み渡っていくと思います。ぜひ劇場でお聴き下さい。

●絢香プロフィール
2006年2月1日「I believe」でデビュー。ファーストアルバム「First Message」は140万枚、2009年のベストアルバム「ayaka’s History 2006-2009」でもミリオンのセールスを記録。2年間の活動休止を経て、2012年2月1日に復帰アルバム「The beginning」をセルフプロデュースし、オリコン初登場1位を獲得。2013年9月4日には初のカバーアルバム「遊音倶楽部〜1st grade〜」をリリース。現在は全国ツアー開催中で、11月18、19日には日本武道館公演を控えている。

Web : http://room-ayaka.jp/
Youtube : http://www.youtube.com/ayakamv/
Facebook : http://www.facebook.com/Ayaka-AstAtion

■作品情報
『イングリッシュ・レイン〜ニュー・エディション〜』
(初回限定スペシャル・プライス盤)
2013年12月4日リリース
WPCR-15437|定価1,980

『黒執事』の主題歌「Through the ages」を収録した『イングリッシュ・レイン』のニュー・エデションが12月4日にワーナーミュージック・ジャパンより発売される。

■リンク
★ガブリエル・アプリンの最新情報はコチラ
■ワーナーミュージック・ジャパン・ホームページ http://wmg.jp/artist/gabrielleaplin/

◆映画情報
『黒執事』
2014年1月18日(土)新宿ピカデリーほか全国公開

■出演者:水嶋ヒロ 剛力彩芽 優香 山本美月 大野拓朗 栗原類 海東健 ホラン千秋 丸山智己 
城田優 安田顕 橋本さとし 志垣太郎 伊武雅刀 岸谷五朗
■原作:枢やな『黒執事』(掲載 月刊「Gファンタジー」 スクウェア・エニックス刊)
■監督:大谷健太郎 さとうけいいち
■脚本:黒岩勉
■製作:映画「黒執事」製作委員会 
■公式サイト:kuroshitsuji-movie.jp 
■facebook : facebook.com/kuroshitsujimovie
■twitter : twitter.com/kuroshitsuji_m
<関連リンク>
ガブリエル・アプリン ワーナーミュージック・ジャパン・ホームページ

-音楽

関連記事

ブレイク中のMay J.が、生歌を体感出来る握手&サイン会を開催!!

今週、2月6日にリリースしたベスト・アルバム「May J. BEST − 7 Years Collection −」が好調なMay J.だが、その歌声を生で体感したいというリスナーは多い。そんなリスナ …

東方神起 全国5大ドームツアーが開幕!!再始動「Begin Again」がついに完成へ。

復帰記念アルバム「FINE COLLECTION~Begin Again~」が海外男性アーティストとしては初めて6作目のオリコン週間1位を獲得し、すでに大きな話題を呼んでいる、東方神起の再始動。 そん …

YU-A 3年ぶりとなる待望のMini ALBUM 5月30日(水)発売決定!!

来年デビュー10周年を迎えるYU-Aが3年ぶりとなるミニアルバム、「OFF」(オフ)を5月30日(水)に発売することが決定致しました。 YU-Aの産後復帰作となるアルバム。自身が30歳を迎えた心境を、 …

東方神起、10周年記念ツアーファイナル!!

今年4月27日に日本デビューから丸10年を迎える東方神起が、4月2日、東京ドームで「東方神起 LIVE TOUR 2015 〜WITH〜」のファイナル公演を行った。今年2月にスタートした今回のツアーは …

来年1月からのアニメNARUTO エンディングテーマは7!!(セブンウップス)に決定!

先週末に公開したばかりの、10代に人気の累計900万部突破の少女コミックスが原作、武井咲・松坂桃李主演の映画「今日、恋をはじめます」のテーマソングを担当し、渋谷の女子高生が選ぶ「次に流行るアーティスト …

ケツメイシ、10/24に通算11枚目のフルアルバム「ケツノポリス11」発売決定!来春全国ツアーも開催決定!!

 先月両A面シングル「夏のプリンス/風は吹いている」をリリースし、10月には初のメットライフドーム公演2daysを控えているケツメイシが、そのライブ直前の10月24日に、待望のフルアルバム「ケツノポリ …