無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

EGO-WRAPPIN’灼熱の大阪でも「Dance, Dance, Dance」

音楽

Photo:渡邊一生

昨日7月の東京に続いて大阪城野外音楽堂でEGO-WRAPPIN’ AND THE GOSSIP OF JAXXによる夏の野外ワンマン“Dance, Dance, Dance 〜あなたとマリアージュ〜”が開催された。通常のツアーともフェスともまたひと味違うメニューで全22曲に及んだライブは、定番曲からお楽しみのカバー、意表を突く新展開的なアプローチまで。彼らの尽きない魅力を多彩なフルコースで表現した、記録的な猛暑を忘れさせる最高のサマー・ダンス・パーティーとなった。

序盤はまさかのキラー・チューン3連発から。始まりを告げるホーン隊のイントロからアッパーな「BRAND NEW DAY」に流れ込むと、さらにテンションと加速度を高めて「PARANOIA」「サイコアナルシス」へ。ここで一旦「盛り上がる3曲やって、もうないやん」(森)「ノンノン、ちゃんと考えてきてますから。ペース配分考えて、最後まで一緒にダンスしような」(中納)とMCで和ませると、ボサノバの名曲「黒いオルフェ」をSKA化した「BLACK SUNDAY」とともにステージ前方からシャボン玉が吹き出して場内を優しく包み込んだ。前半はそのまま裏打ちのビート感を保ったまま、ジャイヴ王ことキャブ・キャロウェイの「ミニー・ザ・ムーチャー」のダンサブルなカバーでお馴染みのコール&レスポンスも連発しながら一体感を高め、心地よいラヴァー ズ・ロック調に仕立てたカルチャー・クラブのメロウな大ヒット曲へ。曲調に合わせるように穏やかな風も吹いてきて、夕暮れ時の野音は極上の“イヴニング・タイム”を迎えた。

中盤は森と中納の2人だけがステージに残り、野外では初の弾き語りスタイルで「finger」、そして今年4月に発表された最新作から「fine bitter」「blue bird」をしっとり聴かせ、「よし、陽も沈んできて」(中納)と再び徐々にビートを効かせながら後半戦へ。最初期の名曲である「Calling me」の終盤で中納とホーンの2人がステージ裏に下がり、森が「ココからが見せ場なんで。練習した姿を見てやって下さい」と思わせぶりなMCを挟んだ後に残ったメンバーだけで「スカル」を演奏し始めると、なんと蛍光塗料でペイントした骸骨のお面と黒タイツに身を包んだ中納が、同じく蛍光のスケルトン全身タイツの4人のダンサーを引き連れて現れ、歌いながらコンビネーション・ダンスも披露!意表を突く演出で盛り上げると、同じく10年発表の『ないものねだりのデッドヒート』収録の変則的な曲展開をみせる「Bell 5 Motel」、06年作の『On The Rocks!』に収録された「Sundance」とエゴ流のニューウェイヴ解釈が際立ったダンサブルな曲を連打し、その流れを保ったまま元バズコックスのピート・シェリーによる83年のソロ曲でTV番組『アメトーーーク!』のオープニング曲に起用されている「Telephone Operator」のカバーを。異色のロッキン・ニューウェイヴ打線で見事に野音を熱狂に持ち込むと、「大阪、調子はどうだい?応答せよ!」(中納)と煽って最新作に収録されたエゴ流のアフロ・ビート・チューン「10万年後の君へ」を投下し、これまでにない流れで盛り上がり必至の「くちばしにチェリー」「GO ACTION」へ。改めて彼らの音楽的な引き出しの多さを再認識させる“攻め”の終盤だった。

アンコールに登場すると、最新アルバムから「水中の光」を披露。そして最後の曲「a love song」のイントロでは、ピアノだけを伴奏に急きょ中納がマイクを通さずに歌い始め、場内をさらなる一体感で包んで終演を迎えた。
スペシャルな演出、選曲、そしてサプライズを呼び込む“EGO-WRAPPIN’の夏”がココに新たに始まった。

Text:吉本秀純

EGO-WRAPPIN’ AND THE GOSSIP OF JAXX
「Dance, Dance, Dance あなたとマリアージュ」セットリスト

1. BRAND NEW DAY
2. PARANOIA
3. サイコアナルシス
4. BLACK SUNDAY
5. love scene
6. Mother ship
7. MINNIE THE MOOCHER
8. Do you really want to hurt me
9. finger
10. fine bitter
11. blue bird
12. I’m Gonna Love You Just A Little Bit More
13. Calling me
14. スカル
15. Bell 5 motel
16. Sundance
17. Telephone Opelator
18. 10万年後の君へ
19. くちばしにチェリー
20. GO ACTION
En1. 水中の光
En2. a love song
<関連リンク>
EGO-WRAPPIN’ official site

-音楽

関連記事

Kaleido Knight東急ハンズ壁ドンツアー全日程終了!

馬と「壁ドン会」で話題の4人組ダンスボーカルグループのKaleido Knightが2月1日東急ハンズ新宿店、2月7日渋谷店、2月8日池袋店にて、バレンタイン特別企画イベント、「とうキュンハンズ」の壁 …

the pillows、涙のHORN AGAIN TOURファイナル!

2月18日よりTOURを行っていたthe pillowsが、東北地方太平洋沖地震を受けて、公演を延期していた東北3公演を開催し7月24日にZEPP仙台でTOURファイナル公演を行った。この日を待ちわび …

TK from 凛として時雨、初のホールツアー開催決定!

3月5日に1st EP『contrast』をリリースするTK from 凛として時雨、初のホールツアーが6月に開催されることが明らかになった。 これは本日、愛知県芸術劇場にて初日を飾った弾き語りワンマ …

Kahi(カヒ)、AFTERSCHOOLを卒業!“さらに進化するKahiをお見せします!”

韓国のガールズグループAFTERSCHOOL(アフタースクール)のリーダーKahi(カヒ)が、卒業を発表した。AFTERSCHOOLは、2009年に韓国デビュー、昨年8月に日本デビューし、メンバー全員 …

凛として時雨、遂に始動!今週9/7(金)22:00〜 USTREAM/ YouTube Liveにて新曲を緊急初公開!!

初のオリコン1位を記録した最新アルバム『still a Sigure virgin?』から約2年。遂に沈黙を破り、凛として時雨の新曲が到着! 今週9/7(金)22:00より、USTREAMおよびYou …

ボーイ シングル「リトル・ナンバーズ」が全国ラジオ・オンエア・チャート総合1位!週間USEN HITJ-POP/洋楽ランキング1位!

2013年洋楽の最注目新人ボーイ、デビュー・アルバム「ミューチュアル・フレンズ」本日発売! 話題のガール・ポップ・デュオ、ボーイのシングル「リトル・ナンバーズ」が6月19日発表の全国ラジオ・オンエア・ …