無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

コブクロ、ストリートからの夢、初のドーム公演で「ただいま!

音楽

真夏の大阪で、KOBUKURO LIVE TOUR 2013『One Song From Two Hearts』ファイナルを迎えたコブクロ。意外だが、初のドームとなる今回、超満員の37,000人のファンで埋め尽くされた。

大阪でストリートをやっていた時から、「いつかあのドームでライブをやる事を夢見ていた」という小渕は、興奮するよりも気持ちが穏やかになっている、と1週間前には話していた。

ツアータイトルにもなっている楽曲「One Song From Two Hearts」(7月24日[水]リリースのシングル曲)でツアーは幕を開けた。バスドラをリズムよく踏んでいく小渕。“コブクロの今”を象徴するものとなっている、“2人の心から1つの曲”という意味を込めた楽曲で、いきなりオーディエンスのテンションは上がる。オープニングからアップテンポの曲が続いたあと、「ただいま!帰ってきましたコブクロです!!!ファイナル京セラドームへようこそ!3万7千人のお客さん、こんばんは!」と、大阪に帰ってきた事の喜びを爆発させた。そして、いきなりアリーナ席におりていき、ドームを1周!3万7千人に挨拶をして回った。

今回は、新曲が非常に多く、なんと19曲中7曲が新曲。2012年末から18曲もの名曲を生み出したコブクロだが、それを素早くプリプロやレコーディングで音源とし、そしていち早くまずファンに披露してきた。これが、まさにコブクロ流である。

15年前の結成当時から、まず曲が出来たらストリートで目の前のファンに聞いてもらう。そのシンプルな表現方法は、全く変わっていない。そして、目の前のファンに語りかけるようなMCも、会場がストリートでもドームでもかわらない。

セットリストの中盤、昨年シングルでリリースした楽曲「紙飛行機」の時には、1万枚もの紙飛行機が飛んできて、ドームは騒然となった。必至で飛行機を追う、その様子が非常に幸せそうであり、それがドームをさらに温かい雰囲気にした。

小渕は積極的に新しい楽器にもチャレンジ。シェーカー、カホンなどにもトライ。

黒田も4年ぶりとなる久々の新曲「LIFE GOES ON」を披露。

MCでは、大阪という事もあり、いつも以上に大盛り上がりであった。

本編ラスト曲の「ダイヤモンド」では、コブクロが初めてストレートに“がんばれ”と歌詞に入れ込んだ曲であり、今年の夏を盛り上げる甲子園のテーマソングでもある。

アンコール1曲目の新曲「モノクローム」は、コブクロ最強の恋愛ソングの1曲に成長していくであろう名曲。そして、「桜」では、ストリングス80人を従えて披露し、後半はなんと3万7千人の前で、
ストリートさながらマイクを通さずに、生の声を2人で披露。全19曲をパフォーマンスし、KOBUKURO TOUR 2013は幕を閉じた。

2013年はすべてが「One Song From Two Hearts」。今回のツアータイトルはもちろん、7月24日(水)のシングルも「One Song From Two Hearts」、そして今冬には、同タイトルのアルバム「One Song From Two Hearts」をリリースする。

☆シングル情報☆
7月24日(木)
ダブルAサイド・シングル「One Song From Two Hearts/ダイヤモンド」
1,200-(Tax. incl)
WPCL-11531

【市販商品】CD
M1. One Song From Two Hearts  
M2. ダイヤモンド  
M3. ラブレター
M4. One Song From Two Hearts (Instrumental)
M5. ダイヤモンド(Instrumental)  
M6. ラブレター(Instrumental)

-音楽

関連記事

1年半ぶり。チャランポの真骨頂である”サーカス”と”崩壊”を前面に押し出したツアー、『チャラン・ポ・ランタンと崩壊バンド ツアー2015“Shiwasu de Gowasu”』が12月に開催決定!

今夏、フジロックでの5ステージ出演を始め、全国夏フェスでベストアクトの評を獲得してきたチャラン・ポ・ランタン。 9月の東名阪ツアー『チャラン・ポ・ランタンとカンカンバルカンツアー2015”チャランポ穂 …

小室哲哉が”キーボード視点”のパフォーマンス映像を公開し「今までにない映像」と話題に

小室哲哉が2月に行われたライヴ「TM NETWORK 30th 1984〜 QUIT30 HUGE DATA」から最新のソロパフォーマンス映像を特別公開した。キーボードに設置した小型カメラ「GoPro …

フレデリックワールド満載の「SPAM生活」MV解禁、アルバムリリース記念企画ライブラインナップ発表、チケット発売開始!

地元関西心斎橋JANUSのライブチケットがソールドアウトし、3月12日発売の初流通アルバム「うちゅうにむちゅう」がタワーレコードのバイヤーが耳と直感を信じて選ぶ「3月度タワレコメン」にも選出され一部店 …

ゆず、台湾で路上ライブ!海外アーティストとして過去最高動員を記録

ゆずが15 日、台湾・台北市の西門紅樓廣場で路上ライブを行なった。 今回の路上ライブは、今月9 日よりスタートした自身初のアジアツアー<YUZU ASIA TOUR 2016 SummerNATSUI …

Plastic Tree ニューシングル「潜像」写真をテーマに暗室を舞台にしたミュージックビデオが公開!

ロックを基軸に、幅広い音楽性で進化を続けるバンド“Plastic Tree”。  結成25周年を記念して7月20日に東京芸術劇場にてバンド史上初の管弦楽団との共演を果たし、大盛況だった彼ら。9月4日に …

林部智史、新曲は「あいたい」を彷彿させる大人のバラード

“泣き歌の貴公子”の異名をもつシンガー林部智史が、3枚目となるシングルを6月28日(水)にリリースすることが明らかとなった。 林部は2016年2月にシングル「あいたい」でデビュー。新人のデビュー曲とし …