無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

アークティック・モンキーズのニュー・アルバム『AM』、9月4日日本先行リリース決定!!

音楽

約2年振りとなるアークティック・モンキーズのニュー・アルバム『AM』が9月4日に日本先行(UKリリース日:9月9日)でリリースされることが決定しました!!

バンドの長年のプロデューサーであるシミアン・モバイル・ディスコのジェームス・フォードとのタッグで制作された今作。共同プロデュースとして M.I.A.の『アルラー』を手掛けたロス・オートンが名前を連ねています。さらにはクイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジのジョシュ・ホーミ、エルビス・コステロのドラマーを務めているピート・トーマス、元ザ・コーラルのビル・ライダー・ジョーンズがゲストとしてアルバムに参加しています!!

また、70年代から活躍するパンク詩人、ジョン・クーパー・クラークが「I Wanna Be Yours」に作詞で参加しています。

今までのイメージから一転、髪型をリーゼントにキメたアレックス・ターナーからバンドのさらなる進化を期待せずにはいられません!

まずは先週突如公開され、たった数日で既に250万回以上再生されている新曲「Do I Wanna Know?」を聴いて、来るべき新作に備えてください!

シングル「Do I Wanna Know?」のPVはこちら:
http://youtu.be/bpOSxM0rNPM

シングル「Do I Wanna Know?」iTunesリンクはこちら:
https://itunes.apple.com/jp/album/do-i-wanna-know-single/id661067826

■リリース情報
アーティスト: Arctic Monkeys (アークティック・モンキーズ)
タイトル: AM (エーエム)
レーベル: Domino / Hostess
発売日: 2013年9月4日(UKリリース日9月9日)
※日本盤は先行リリース、ボーナストラック、歌詞対訳、ライナーノーツ付予定
※日本盤詳細(価格、品番等)は後日発表させて頂きます。

<トラックリスト>
1. Do I Wanna Know?
2. R U Mine?
3. One For The Road
4. Arabella
5. I Want It All
6. No. 1 Party Anthem
7. Mad Sounds
8. Fireside
9. Why’d You Only Call Me When You’re High?
10. Snap Out Of It
11. Knee Socks
12. I Wanna Be Yours

-音楽

関連記事

降谷建志 1stソロライブ直前のバンドリハーサルを公開!

(メンバー左から右、桜井誠、渡辺シュンスケ、降谷建志、PABLO、武志) 降谷建志がソロでのライブ活動に向けて行っている、リハーサルの映像を公開する。 ライブは降谷建志(G/Vo)に加え、メンバーにP …

Saucy Dog、アルバム収録曲「月に住む君」のMUSIC VIDEO公開!CDTVでも披露。

Saucy Dogの10月2日に発売されたミニアルバム「ブルーピリオド」の収録曲「月に住む君」のMUSIC VIDEOが公開となった。 今回の作品は、Saucy Dogとしては、初のアニメーション作品 …

ONE OK ROCK、レッチリ参戦の独ロックフェスに出演決定!

現在ヨーロッパツアー中のONE OK ROCKが、2016年6月3日〜5日にドイツで開催されるロックフェス“Rock im Park 2016/Rock am Ring 2016”への出演することが明 …

自身の実体験をもとに、究極の悲愛ソングを歌うDear、デジタル配信デビュー決定!第一弾はfeat.GIORGIO13!

数々のアーティストへ楽曲提供、サウンド・プロデューサーとして活躍しているジョルジョ・カンチェーミ(So’Fly、NERDHEAD)に よる超強力プロデュースで、R&Bシンガー Dear(ディアー)のデ …

“口笛ソング”のピーター・ビヨーン・アンド・ジョン、新作MV公開

7月6日にニュー・アルバム『ブレイキン・ポイント』の日本盤をリリースするスウェーデン出身の3人組バンド、ピーター・ビヨーン・アンド・ジョン(PBJ)が、タイトル・トラックのミュージック・ビデオを公開し …

くるり アルバム『THE PIER』最終章ともいえる映像作品『THE RECORDING at NHK101st』&『THE PIER LIVE』詳細発表&ダイジェスト映像公開!!

昨年9月にリリースされたくるりの最新アルバム『THE PIER』。各所で高評価を受け、彼らの新たな代表作となった本作の最終章ともいうべき2タイトルの映像作品『THE RECORDING at NHK1 …