無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

SUPER JUNIOR-K.R.Y. 全国ツアーファイナルで感動の涙!!

音楽

横浜&神戸公演のチケットが、わずか3秒でソールドアウトとなった“SUPER JUNIOR−K.R.Y.SUPECIALWINTER CONCERT”。ファンの熱い要望で実現した追加公演が1月22日〜24日の3日間、日本武道館で行われた。

パールサファイアブルーの光と12000人の歓声に包まれたライブは、『SORRY,SORRY−ANSWER−』でスタート。これはシンプルなサウンドだけをバックにした楽曲で、1曲目から3人の歌唱力がタップリ味わえる構成に。ひとりひとりに実力があるのはもちろんだが、3人の声が溶けあったときのハーモニーも、またKRYは格別だ。 オ―ディエンスのテンションが一気に上昇した『H.I.T』、ファンからも大合唱が沸き上がった『FROM U』を歌い終えたところで3人が「新年あけましておめでとうございます!」(キュヒョン)「今日は最終日ということで気合い入れてやっていきましょう!」(イェソン)「楽しい時間を一緒に作っていきましょう!」(リョウク)「バラードコンサートではありますが、今日は最高に盛り上がって、楽しくやっていきたいと思います!」(キュヒョン)と挨拶。すると、さらに客席が熱狂。これにはキュヒョンも圧倒されたようで、思わず「みなさん、本当にヤバイです!」と何度も言っていた。

ここからは「座ってください」(キュヒョン)と客席をうながし、しっとりと聴かせるナンバーを。『Believe』『ハナミズキ』といった日本の楽曲のカバーや『凝結』『それだけです』などの味わい深い作品を次々と披露。3人の素晴らしい歌声と表現力に12000人が酔いしれたのだ。

そして、2012年の年末のコンサートでは、この後がクリスマスコーナーとなったのだが、今回はその部分をブロードウェイのミュージカル風にチェンジ。『The Night ChicagoDied』では3人もカラフルな衣装でダンサーたちと一緒に踊り、『Mirror』はスタンドマイクでスタイリッシュに歌唱。そのうえ「みなさんと一緒に歌いたくて、この曲を選んでみました」(イェソン)と『LA LA LA LOVE SONG』もセレクト。「武道館の追加公演ということで、何か新しいものをお見せしたいと思いました」(イェソン)「ミュージカルみたいでしたよね?」(キュヒョン)という3人の心遣いとエンターテイナーぶりにオ―ディエンスもペンライトを振りながら楽しそうに歌っていた。

さらに3人のエンターテイナーぶりが発揮されたのが、それぞれのソロコーナー。キュヒョンは15年前に夢中になっていたアニメで使われていた楽曲『Somewhere』を歌ったのだが、MCでは、なんとアニメの中で唱えている呪文も披露し、12000人に大受け! もう1曲のflumpoolのカバー『残像』では歌詞が難しかったから選曲ミスだなんてったこともあるけど、大好きな日本の曲だと紹介。盛り上がった会場をもう一度美声で観客の心をつたんだ。

そのキュートな魅力を生かしたのがリョウク。制服風の衣装でダンサーと共にジャスティン・ビ―バ―の『Baby』を踊りながら歌い、全てのオ―ディエンスを笑顔に。そして2曲目には「2010年のKRYコンサートで歌った曲で、ぜひ武道館で歌ってみたかった」と最終日だけのスペシャルとして絢香の『三日月』を選曲。想いを込めてじっくりと歌い上げ、客席から喝さいを浴びていた。 ソロコーナーの最後を飾ったイェソンは、ドラマ『シンデレラのお姉さん』の主題歌にもなったソロ曲『君じゃなければダメだ』とThe Oneのカバー『I Do』を熱唱。「みなさんに僕の存在を知ってもらった曲だと思います」と自らも言っていた『君じゃなければダメだ』は、韓国語にもかかわらず会場中がイェソンと一緒に歌うほどファンの間に浸透しているナンバー。KRYに対するファンの愛情の深さが感じられる場面となった。

ここからは再び3人で。イェソンとキュヒョンのデュエット曲にリョウクがピアノで参加した『Your Eyes』、リズミカルなサウンドに客席が盛り上がった『Midnight Fantasy』、優しく温かい雰囲気の『Loving You』とタイプの違う曲を聴かせ、12000人を楽しませる。本編はどこまでも広がっていくようなイメージの『The One I Love』で幕を閉じたのだが、当然客席からはアンコールの声が。3人もすぐにステージに姿を現し、ポップなナンバー『Bittersweet』でアンコールに応えてくれた。

ここでキュヒョンから前日にリリースされたKRYの1stシングル『PromiseYou』がオリコンデイリーチャート1位を獲得したという報告が! 大はしゃぎするキュヒョン&リョウクに対し、「これでやっと自分の役目が果たせた気がします。実は日本での活動には、本当にプレッシャーを感じていたので…」と感慨深げに語るイェソン。その目からこぼれ落ちる大粒の涙が、今の彼の喜びと安ど感を物語っていた。

 title=

そんな記念すべき楽曲『Promise You』をオ―ディエンスと一緒に歌っただけでも3人には十分嬉しかったはずだが、このあとさらなるサプライズがKRYを待っていた。最後のナンバー『SKY』を歌い終わり、客席に挨拶をしようとした瞬間、会場が暗くなり、突然スペシャルムービーが流れ始めたのだ。これは特設サイトに投稿されたファンの写真を約60枚使い、『PromiseYou』に合わせて編集したもの。そのうえ、同時に12000人からの大合唱も沸き上がるという予想外の出来事に3人は絶句。リョウクの頬は感動の涙で濡れていた。

ファンからの愛に溢れた贈りものを受け取った3人は「みなさんから信頼をもらった気がします」(リョウク)「これからもみなさんにいい歌をプレゼントしていきたと思います」(イェソン)「また会いましょう!」(キュヒョン)と今後も日本での活動を続けて行くことを約束。KRYにしか表現できない圧巻の歌声を体感できる日が、今から待ち遠しくて仕方がない。

また、サプライズ映像は、Youtubeでも見ることができる。メンバーも感動して涙したサプライズ映像をぜひチェック!!

SUPER JUNIOR-K.R.Y. / 「Promise You」リリース記念〜サプライズ映像〜
http://www.youtube.com/watch?v=pkb4-nVkU6o

■モバイルオフィシャル
http://melo.mu-mo.net/s/DR/apf-artist/34626/top.html

■その他関連サイト
http://superjunior.syncl.jp/

■着うた(R) その他
http://asia.mu-mo.net/s/apf-artist/34626/top.html

■着うた(R) mu-mo
http://melo.mu-mo.net/s/DR/apf-artist/34626/top.html

■着うた(R) レコチョク
http://recochoku.jp/superjunior/
<関連リンク>
オフィシャルサイト
事務所オフィシャルサイト

-音楽

関連記事

人間椅子・和嶋慎治が「読書の喜び」を伝える書評連載をスタート!

無類の読書好きとしても知られる人間椅子・和嶋慎治が、書評コラムの連載を新しくスタートさせた。本のコンシェルジュ(キュレーター)によるオススメの本が楽しめるWEBサービス「ホンシェルジュ」内の「本と音楽 …

黒猫チェルシー、2011年春、1stフルアルバムリリースに先駆け、全国プレリリースツアー決定!!

昨年末、幕張メッセで行われた「COUNTDOWN JAPAN10/11」初日のMOON STAGEに登場した黒猫チェルシー。新曲を交えたパフォーマンスは、4人個々の鋭い個性が更なる一体感を生み出し、会 …

FTISLAND、LIVE DVD/BD『JAPAN LIVE TOUR 2019 -FIVE TREASURES- at WORLD HALL』の発売が決定!

FTISLAND LIVE DVD/BD『JAPAN LIVE TOUR 2019 -FIVE TREASURES- at WORLD HALL』の発売が2019年12月11日に決定! 今年4月4日に …

2011森友嵐士LIVE TOUR『オレのバラッド』〜二人でしか奏でられないものがある〜

写真:カヤキヨシアキ 9月24日(土) 東京/日本橋三井ホール OPEN 16:15/START 17:00森友嵐士というアーティストは、どんなアーティストなのか。このライブ・レポートの打ち合わせ後、 …

FUN.第55回グラミー賞にて年間最優秀楽曲賞と新人賞を獲得!!

米国最大の音楽授賞式「第55回グラミー賞」の授賞式が11日(現地時間10日)、米ロサンゼルスで開催され、FUN.が世界中から最も注目される主要部門のうち、新人賞と、“We Are Young”で最優秀 …

土屋アンナ、15周年記念のプレミアムライブで満員の観客を魅了! あの名曲カバーに大喝采も

昨日22日(水)、土屋アンナが、歌手デビュー15周年記念公演「COLORS」をブルーノート東京にて開催した。 「COLORS」は、歌手・土屋アンナとしてのデビュー15周年を記念したワールドツアー。 9 …