無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

commmons: schola vol.11「アフリカの伝統音楽」発売記念・試聴会を開催!

音楽

2012年12月5日にリリースされるcommmons: scholaシリーズ最新巻、schola vol.11「アフリカの伝統音楽」。本作は広大なアフリカのサハラ以南地域に広がる伝統的な音文化について、坂本龍一と民族音楽学者の塚田健一氏が独自の観点から解説する内容になっている。そのリリースを記念して、発売日に高級オーディオ機器や音楽ディスクのセレクト・ショップ「Le Tabou」(東京・秋葉原)にて発売記念・試聴会を開催することが決定。

musikelectronic geithainをはじめとした高音質サウンドシステムを使って「commmons: schola vol.11」の収録楽曲や関連楽曲の試聴を行う。当日はプロジェクションも設置して、同巻の制作に参加した映像人類学者、川瀬慈氏による貴重な現地映像も公開予定。その他のゲストには、scholaシリーズでもおなじみの小沼純一氏とシリーズ全体の編集を手がける門松宏明氏が登場。従来の「アフリカ音楽」から想起されるステレオタイプのイメージを「音」で解体し、新たに構築するスコラ最新作の魅力に迫る。

定員20名の完全予約制となっているので、予約を急ごう!

 title=

詳細はこちらから:
http://www.letabou.jp/workshop/

商品の予約・購入ページはこちらから:
http://shop.mu-mo.net/avx/sv/item1?jsiteid=CMM&seq_exhibit_id=73954&categ_id=572501&x=29&y=8

■commmons: schola vol.11「アフリカの伝統音楽」発売記念・試聴会
ゲスト:小沼純一(音楽文化論、早稲田大学文学学術院教授)、川瀬慈(映像人類学者・国立民族学博物館助教)、門松宏明(schola編集)
日時:2012年12月5日(水)18:30開場 19:00開演
場所:LeTabou ≫ アクセス http://www.letabou.jp/access/index.html
費用:無料
定員:20名(要予約)
*ご予約について
本試聴会は予約制となります。参加人数、参加者のお名前を全て記載の上info@letabou.jpまでメールにてご予約いただくか、電話で参加希望の旨をお伝え下さい。 定員に達し次第、募集は終了させていただきます。
<関連リンク>
commmonsオフィシャルサイト

-音楽

関連記事

活動休止中のロックバンドSuG、ベストアルバム発売を記念してニコニコ生放送で3夜連続のスペシャル番組の放送が決定!

2012年末、突如として活動休止をした人気ロックバンドSuG。かつて彼らがレギューラー番組を行っていたニコニコ生放送で、3夜連続のスペシャル番組を放送することが決定した。「SuGの映像もろ出し祭」と題 …

7!! 5月にアメリカで行なわれる大型アニメフェスに出演決定!

先月、ファーストアルバム『ドキドキ』を発売したばかりの新人バンド、7!!(セブンウップス)が、今年5月に北米にて行なわれるアニメフェス「FanimeCon(ファニメコン)2013」に出演することが明ら …

山下達郎、10/21にはTOKYO FM「山下達郎のサンデー・ソングブック」にて、『「OPUS〜ALL TIME BEST 1975-2012〜」発売記念、“LiveでOPUS!” 』企画実施決定!

山下達郎、初のオールタイムベストアルバム「OPUS 〜ALL TIME BEST 1975-2012〜」が好調の中、10月21日にはTOKYO FM「山下達郎のサンデー・ソングブック」にて、『「OPU …

ロンドン発!逆輸入サイケデリックバンドBO NINGEN TOWER RECORDOMMUNE SHIBUYAにてライブ生配信決定!最新アルバム『Line The Wall』をPlay All!

ロンドンを拠点に活動する日本人男性4 人組サイケデリックロックバンド“BO NINGEN”。海外メディアやアーティストからの支持も厚い彼らの2ndアルバム『Line The Wall』が2月27日に発 …

LOW IQ 01、新作アルバムのメドレー映像で5つのキーワードをYouTubeで解禁!

本日公演されたライブ「Niw! Records 10th Anniversary -Niw! Standard-」(@新代田FEVER)でLOW IQ 01 & THE RHYTHM MAK …

AmPmが自身初となるEPをリリース。初のライブイベントも開催。

2017年のデビュー以降、グローバルマーケットを意識した楽曲のリリースを重ね、海外リスナーを多数抱える今もっとも注目すべき日本人アーティストの1組であるAmPm(アムパム)。先日、デジタルコンテンツな …