無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

日本アニメが生んだ奇跡のコラボ 中島愛も参加、ラスマス・フェイバーがセカンド・アルバムをリリース

音楽

ハウス・ミュージックでの活動を主軸としながら、日本が誇るアニメ音楽をジャズアレンジにカバーするプロジェクト『プラチナ・ジャズ』やTVアニメ『輪廻のラグランジェ』のオープニング曲の作曲&プロデュースも手がけ、ハウスシーンを超えて幅広いリスナーに親しまれているラスマス・フェイバー。自身のホームグラウンドであるハウス・ミュージック・アルバムに着手し、『Where We Belong』以来実に4年半ぶりとなるセカンド・アルバムを12月19日にリリースすることになった。

8月に日本先行配信され、現在全世界リリースに向けて北米/欧州のレーベルからオファー殺到中のシングル「We Go Oh」や、アルバムに先駆けて11月14日にリリースされる配信シングル「We Laugh We Dance We Cry」にみられるアッパーなハウス・チューンから、美しいストリングス・アレンジが栄えるバラードまでを網羅し、様々なジャンルで活躍する彼の音楽性の幅広さを表現する内容となっている。

参加ヴォーカリストには、彼の代表曲「Ever After」や「Never Felt So Fly」のヴォーカリスト、エミリー・マクイーワンやメロ、「Hidden Thoughts」にフィーチャーされ、共に坂本真綾に楽曲提供した作曲パートナーでもあるシンガーソングライターのフリーダ、最新ヒット曲「Good Times Come Back」を歌い、現在全米メジャーデビュー準備中のベルディーナなど、ラスマスの代表曲には欠かせないヴォーカリスト達が集結。

そしてなんと、『輪廻のラグランジェ』にてタッグを組んだ中島愛もゲスト・ヴォーカリストとしての参加が決定。彼女がフィーチャリングされる楽曲は、連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』や『ももへの手紙』の劇伴を担当した作曲家、窪田ミナとラスマスとの共作曲となっており、アルバムの中心的存在として全世界リリースされることが決定。

ラスマスの最新ハウス・グルーヴに窪田ミナの紡ぎだす美しい旋律が溶け込み、それを中島愛が歌い上げるという、日本のアニメ音楽シーンが生んだ奇跡と言っても過言ではないコラボレーションがここに実現した。

ラスマスそして中島愛からもコメントが届いている。

4年半ぶりの2枚目となるアーティスト・アルバムが完成したよ!前作では、自分の音楽性を全てハウスミュージックで表現しようとしていたんだけど、今はプラチナジャズだったりライヴバンドだったり、別々の形でも表現することができるようになったから、今作ではDJとしての僕を表現すべく、今まで以上にダンスフロア向けのサウンドがフィーチャーされている。新しいビートや音作りを色々と試しながら、10年後にも皆さんに聴いてもらえるようなタイムレスなものにできたらと思っているんだ。

中島愛さんに以前楽曲を提供させてもらえたことは、僕にキャリアとっても本当に誇れるべき出来事だったんだ。素晴らしい歌手は世界中に沢山いるけども、奥底まで僕の心が揺さぶられる歌唱力を持っている歌手は愛さんを含めて非常に少ない。そんな愛さんが僕のアルバムに参加してくれるというのは、本当に夢のような出来事だよ。

そしてこの曲は、共作してくれた窪田ミナさんのおかげで最高の形にもっていけたと思うんだ。ミナさんと一緒に作曲できたことは凄く楽しいプロセスだったし、音楽的なバックグラウンドも似ていたから、どういう音にするべきかイメージを共有できていたと思うし、だからこそ実験的に色々と試せたとも思っているよ。

ラスマス・フェイバー

大好きなラスマス・フェイバーさんと窪田ミナさんがコラボレーションした楽曲にボーカルとして参加できると聞いた時は、夢かと思いました。そして楽曲を聞いた瞬間、もっと深い夢の世界に引き込まれました。

切なくひりひりした思いと孤独感、それを解き放っていく眩しさや希望の両方を歌で表現することは、自分自身と真正面から向き合うことから始まりました。レコーディングではマイクの前でどんどん心の奥まで進んでいって、最終的にはいまの私のなかに生きるいちばん少女な心が溢れ出てきたと思います。この楽曲にいまこうして出逢えたことが、ほんとうに幸福で、宝物です。
中島愛

アルバム・リリースを記念してDJツアーも決定。追加公演も予定されているということなので、オフィシャルHPを随時チェックをしてみよう。

RASMUS FABER “WE LAUGH WE DANCE WE CRY” ALBUM RELEASE TOUR

12月22日(土)札幌 ACID ROOM
12月23日(日)名古屋 club JB’S
12月30日(日)新木場ageHa

 title=
 

【商品情報】

ニュー・アルバム 「ウィ・ラフ・ウィ・ダンス・ウィ・クライ」 
2012年12月19日発売(日本盤先行発売)

【初回限定盤】CD+DVD(Live映像収録)
VIZP-114 2,800円(tax in) 歌詞・対訳・解説付き

【通常盤】CDのみ
VICP-65101 2,310円(tax in) 歌詞・対訳・解説付き

【先行シングル『We Laugh We Dance We Cry 』配信発売】
iTunes他主要PCサイト、レコチョク他主要モバイル・サイトにて着うたR、着うたフルR11月14日より配信開始

【ラスマス・フェイバー関連商品情報】
Rasmus Faber feat. Syke’n’Sugarstarr / We Go Oh
ラスマス・フェイバー・フィーチャリング・サイケン・シュガスター /「ウィ・ゴー・オー」(配信シングル)
iTunesリンク: http://itunes.apple.com/jp/album/we-go-oh-main-mix-single/id548206299

「ソー・ファー 3」
2,800(tax in) VICP-64807〜8
iTunesリンク: http://itunes.apple.com/jp/album/so-far-3-hidden-thoughts-so/id358080971

「ホエア・ウィ・ビロング」 
2,500(tax in) VICP-64539
iTunesリンク: http://itunes.apple.com/jp/album/where-we-belong-hoea-u-i-birongu/id296507073

「トゥー・ファー」 
2,520(tax in)VICP-64730
iTunesリンク: http://itunes.apple.com/jp/album/2-far-to-u-fa-ep/id215201823

「ソー・ファー」
2,520(tax in) VICP-63409
iTunesリンク: http://itunes.apple.com/jp/album/so-far-ep/id183994271

「ラスマス・フェイバー ラヴ:ミックスド 2」
2,520(tax in) VICP-64946
iTunesリンク: http://itunes.apple.com/jp/album/rasmus-faber-love-mixed-2/id432264979
<関連リンク>
オフィシャルサイト(日本語)

-音楽

関連記事

“どうぶつビスケッツ” メジャーデビューAL「さふぁりどらいぶ♪」のダイジェスト映像9/21公開! ボーナストラックを含む名曲揃いな全12曲は必聴!!

『けものフレンズ』に登場するサーバル・フェネック・アライグマのユニット「どうぶつビスケッツ」が 世界動物の日(10月4日)にアルバム「さふぁりどらいぶ♪」でメジャーデビュー。  9月21日、デビューア …

声優 伊藤美来5thシングル「閃きハートビート」ジャケット写真が公開!

2016年10月、ハタチの誕生日にソロアーティストデビュー以降、コンスタントにシングルとアルバムをリリースしてきた声優アーティストの伊藤美来さんです。2018年、 Animelo Summer Liv …

Applicat Spectra、未発表曲3曲、2.5Dでコラボレーションした3人のクリエイター制作による映像作品を公開

渋谷パルコpart1に拠点を移したSOCIAL TV STATION『2.5D』と昨年11月から3ヶ月に渡って連携したイベント『LIVESTREAM「Netscapes」supported by2.5 …

アイドルが大集結! 喧嘩勃発!? 号泣!? SUPER☆GiRLSが真剣勝負の大運動会を開催!!

11人組アイドルユニット、SUPER☆GiRLSによる、「第3回 SUPER☆GiRLS 超絶バスツアー アイドルストリート大運動会 in 山梨」が、11月23日に山梨県の体育館で開催された。 過去に …

【FUNKY MONKEY BABYS】新曲「悲しみなんて笑い飛ばせ」が“日産セレナ”CMソングに決定!

株式会社ドリーミュージック・(東京都渋谷区、代表取締役社長 五十嵐弘之)所属で、12/21発売のニューアルバム「ファンキーモンキーベイビーズ4」のTV CMにレイザーーラモンHGの起用を発表したFUN …

BUMP OF CHICKEN 初スタジアムライブ堂々完遂! 3 万 5000 人の観客を名曲の数々で魅了

Photo by 古渓一道 BUMP OF CHICKENが昨日8月9日(金)に千葉・QVCマリンフィールドでバンド初のスタジアムワンマンライブを開催。集まった3万5000人の観客を前に、名曲の数々を …