無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

Dragon Ash『Dragon Ash Live 〜REST IN PEACE IKUZONE〜』ZEPP福岡で行われたツアーファイナルオフィシャルレポート!合わせて、セットリストも公開!!

音楽

Dragon Ashのライブ『Dragon Ash Live 〜REST IN PEACE IKUZONE〜』のツアーファイナルが2012年8月17日(金)にZEPP福岡で行われた。バンドメンバーであるIKUZONE(B)の急逝に際して行われたこのツアーは7月4日の渋谷AXを皮切りに計5公演が行われた。メンバーの発案で行われた本ツアーは、メンバー7人の深い結びつきを表現するかのように6人のメンバーでの演奏とIKUZONEのいつものライブセットをそのままに、彼がレコーディングで残した音源を使用し、そこにあたかもIKUZONEがいるかのように演奏されると言う特別なスタイルのライブとなった。

開場の18時には、この日のために作られたIKUZONEのシンボルカラー“赤”と“青”のタオル、そして、彼が描いたイラストをモチーフにしたTシャツを着た多くのファンが集まった。会場内には追悼献花式で使用した大きな写真、BASS、そしてファンの書き込みで埋め尽くされたメッセージフラッグが飾られた。19時にLIVE開始。この日もこれまでと同じように、IKUZONEとの15年を振り返る約40分に及ぶフィルムが上映された。デビュー前のレコーディング風景から最後のライブとなった盟友ROTTENGRAFFTYとのライブ映像まで、IKUZONEと共に歩んだ多くの歴史をできるだけ凝縮したフィルムであった。この、フィルムのエンディングとオーヴァーラップするかのようにあの曲のオープニングが流れ始める、「陽はまたのぼりくりかえす」。Kjの声が聞こえないほどの大合唱に会場が包まれる。バンドにとっても、オーディンエンスにとっても本当に大事な曲でライブは幕を開けた。1997年にリリースされた1stミニアルバムのタイトル曲「The day dragged on」そして、同年にリリースされた1stシングル「Rainy day and day」とこのツアーにふさわしい選曲が続く。

IKUZONEとのラストレコーディングとなった「Walk with Dreams」のイントロが流れる中、ツアーで恒例となった桜井(Dr.)がMCを努める。オーディエンスへの感謝と、熟考の末決定したツアーが最高のツアーになった喜びを素直に表現した。又、「Dragon Ashのライブなんで、湿っぽくならずに、あの人もここにいるんで、ガッツリ盛り上がってください」といつもと変わらないライブを行うことを誓った。「Walk with Dreams」は奇しくも現在のバンドの状況と重なる様なテーマの楽曲。ゆっくりでもいい、前に進むこと、まだ夢は続くことを歌う。「繋がりSUNSET」の大合唱はフェスでもおなじみ、Kjもマイクをはずして、直接オーディエンスに向かって叫ぶ。ここから一転LOUDなナンバー「Ivory」、「福岡の夜を、でたらめで良い、踊り騒げよ〜」、の歌詞にでたらめに盛り上がる。続く「Let yourself go, Let myself go」、この曲もイントロだけで大歓声が起こる。ダンサーのアツシ、ドライブが左右に振る手に合わせて会場が揺れる。

ライブ中盤では「Fire Song」「Sunset Beach」と新旧のミドルチューンでクールダウンしてからの「AMBITIOUS」、「屋根ぶち壊すくらい飛び跳ねろ〜」のMCで静から動へ、いきなりマックスのテンションで「アンビシャス、アンビシャス」の大合唱が起こる。スクリーンに映し出された、プロモーションビデオから抜き出したIKUZONEの演奏と6人のメンバーとが完全にシンクロして、本当に彼がこの場で演奏しているような錯覚すら起こす。

そして、ここから後半戦。Kjがハンドマイクに持ち替えてこれぞDragon AshのHip Hop ミクスチャー「Amploud」、楽器から開放されて自由になったKjがステージを走り回りダイブするオーディエンスとこぶしを合わせる。ここでもIKUZONEの映像に合わせてオーディエンスが手を振る。「Canvas」のメンバーのエモーションがあふれる感動の演奏から、この日もファンとバンドにとっての特別な場所〜LIVE〜を歌った「百合の咲く場所で」「〜終わりある人生〜」のフレーズにはいつもより力を込めるKj。このツアーではMCを全く行わなかったが、歌詞に込める感情表現はいつもよりずっとストレートな気がする。この曲でIKUZONEはギターのHIROKIに寄り添うように演奏していたが、彼がいない今日、HIROKIはまっすぐファンを見て演奏している。

「Fantasista」の盛り上がりはもはや異常としか言い様の無いテンション、「ウォー、ウォー、ウォー」の大合唱と、今や定番の「飛び跳ねろ〜」でマックスに。「静かな日々の階段を」ではドレッドヘア、ポニーテール〜常に見るものを驚かせ、ライブハウス、フェス〜いつも100%のショーマンシップで現場に臨む、彼の様々な映像がスクリーンに映し出される。

ラストはやはりこの曲「Viva la revolution」。バンドにとってあまりにも特別な曲、「Viva la revolution」の大合唱では桜井、BOTS、HIROKI、ATSUSHI、DRI-VそしてKj、6人全員で最後まで叫び続けた。この日は最終日と言うこともあって、アンコールでは、メンバー6人がIKUZONEに捧げる「Something in view」をアコースティックヴァージョンで演奏した。IKUZONEの生前最後にレコーディングしたのもこの曲。IKUZONEのいない6人での演奏は、ここから先に進むことを感じるさせる花向けの曲となり、ツアーは幕を閉じた。

「Dragon Ash Live 〜REST IN PEACE IKUZONE〜」セットリスト
(2012年8月17日 @ZEPP福岡)
1. 陽はまたのぼりくりかえす
2. The day dragged on
3. Rainy day and day
4. Drugs Can’t Kill Teens
5. Walk with dreams
6. 繋がりSUNSET
7. Ivory
8. Let yourself go,Let myself go
9. Fire Song
10. Sunset Beach
11. AMBITIOUS
12. Run to the sun
13. Amploud
14. Canvas
15. 百合の咲く場所で
16. Fantasista
17. 静かな日々の階段を
18. Viva la revolution

<アンコール>
Something in view

Dragon Ash Live 〜REST IN PEACE IKUZONE〜
■7月4日(水) SHIBUYA-AX  OPEN 18:00 / START 19:00
■7月19日(木) Zepp Nagoya   OPEN 18:00 / START 19:00
■7月20日(金) Zepp Namba(OSAKA)  OPEN 18:00 / START 19:00 
■8月14日(火) 仙台Rensa  OPEN 18:00 / START 19:00
■8月17日(金) Zepp Fukuoka  OPEN 18:00 / START 19:00

リリース情報
2012年8月22日発売
15th Anniversary W-concept BEST 『LOUD & PEACE』
■初回限定盤: CD3枚組 3,900=Thank You Price!/VIZL-478
■通常盤: CD2枚組 3,200/VICL-63891〜2

 title=

YouTube Dragon Ash Ch.
http://www.youtube.com/DragonAshCH

『Year of the Dragon Ash』メモリアル・フォトモザイクキャンペーン応募サイト
http://lap.mobsquad.jp/

Dragon Ash特設サイト(Gyao!) ※「Walk with Dreams」フルPV公開中
http://gyao.yahoo.co.jp/special/victor-dragonash/

夏フェススケジュール
■8月19日(日) SETSTOCK’12 -10th Anniversary in Bihoku-
■8月26日(日) Sky Jamboree 2012 〜one pray in nagasaki〜
■9月01日(土) SPACE SHOWER SWEET LOVE SYOWER 2012
■9月02日(日) RUSH BALL 2012
■9月15日(土) AIR JAM 2012
<関連リンク>
Dragon Ashオフィシャルページ
Dragon Ashオフィシャルページ(Label)
Dragon Ashオフィシャルページ(Facebook)

-音楽

関連記事

リアーナが快挙!ビートルズの記録を抜く

リアーナの3年ぶりとなるスタジオ・アルバム『アンチ』からのシングル「ワーク」が、全米ビルボードHOT100にて9週1位を獲得した。今回の1位獲得により全米チャート1位の獲得週数の合計が60週となり、5 …

WIRE12のタイムテーブル、フロア割を発表!

8/25(土)に横浜アリーナにて行われる、夏を締めくくる国内最大の屋内テクノフェスティバル WIRE12(ワイアートゥエルブ)のタイムテーブルとフロア割が発表となりました。4年ぶりの出演となる電気グル …

クリスマスライブに満員の観客が酔いしれた!!シングル2枚同時リリースも決定!!

12月23日に大阪国際会議場(グランキューブ大阪)にて、Every Little Thingの全国クリスマスツアー「Premium Christmas Concert Tour 2010」が最終公演を …

大阪☆春夏秋冬 ”今年の夏は変化でなく進化!”

今、最も注目されている“カタヤブリな浪速のロックンガール“こと平均年齢19歳ダンス&ヴォーカルユニット、大阪☆春夏秋冬が7/14(土)しゅかしゅん定期公演☆其の六「大阪夏の陣☆ …

四星球 ニューアルバム「SWEAT 17 BLUES」 完成会見&新作MV初公開のLINE LIVE特番配信決定!!

“日本一泣けるコミックバンド”四星球、2月20日にリリースするメジャー1stオリジナルフルアルバム『SWEAT 17 BLUES』のLINE LIVE特番の配信が決定!2月5日20:00よりビクターエ …

ROTTENGRAFFTY、ロットン主催・京都の冬フェス”ポルノ超特急”、 第二弾出演アーティスト&日割り発表!!

 2019年1月1日から活動20周年がスタートしたROTTENGRAFFTY。今年も開催が発表されている、自身が主催する京都の冬フェス”ポルノ超特急”の第二弾出演アーティストが解禁!! 今回は、EGG …