無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

カサリンチュ、ついにファーストアルバム発売決定!!

音楽

キマグレン、Rake、押尾コータローと共に「PuiPui HOME TOWNS(プイプイ ホームタウンズ)」というコラボユニットを結成し、両A面シングル「この街に生まれて/いつまでも変わらない」を7月4日に発売したばかりのカサリンチュ。

そのカサリンチュの1stアルバムが9月5日に発売が決定した。

カサリンチュは、タツヒロとコウスケの奄美大島在住の二人組。ヴォーカルとアコースティックギターと、ヒューマンビートボックスの組み合わせでパフォーマンスする、ありそうでなかったユニットだ。二人とも声質の違うヴォーカリストで、その個性が話題を呼び、じわじわと人気を上げている。

1stアルバムには、デビューシングル「感謝」から、JA共済のCMソングとしておなじみの「あなたの笑顔」、ブリヂストンサイクル「アルベルト」CMソング「やめられない とまれない」ノイタミナアニメ「うさぎドロップ」エンディングテーマの「High High High」の他、押尾コータローと共作した「瞳をとじれば feat.押尾コータロー」「この街に生まれて」「未来の花束」のセルフカバーなど、全20曲収録を予定。

なお、7月25日には、先行楽曲として「瞳をとじれば feat.押尾コータロー」を配信限定でリリースする。

アルバム発売後には、6か所でのツアーも決定。

【リリース情報】
アルバム「カサリズム」
2012年9月5日 発売
■BVCL413-4 初回限定盤(CD+DVD) ¥3,600(tax.in)
 BVCL415 通常盤

【ツアー情報】
カサリンチュ ライブツアー2012“カサリズム”
9月16日(日) 奄美大島 ROAD HOUSE ASIVI
9月20日(木) 大阪 梅田シャングリラ
9月21日(金) 東京  shibuya duo MUSIC EXCHANGE
10月4日(木) 名古屋 TOKUZO
10月6日(土) 鹿児島 SRホール
10月7日(日) 福岡 ROOMS

【チケット料金】
●奄美大島公演 3,000円(税込・別途1ドリンク500円・小学生以下無料)
●奄美大島公演以外 3,500円(税込・別途1ドリンク500円・4歳以上有料)
7月11日よりオフィシャルHPにて先行予約付中!詳しくはkasarinchu.comまで。
<関連リンク>
カサリンチュ オフィシャルHP
オフィシャルtwitter

-音楽

関連記事

話題沸騰中のLinked Horizon最新シングル「自由への進撃」、配信チャート席巻の好発進とともに東名阪トーク&ライブイベントスタート!

現在話題沸騰中の「進撃の巨人」オープニングテーマを手掛けるLinked Horizonの最新シングル「自由への進撃」が、7月10日0時から配信開始となるとiTunes Storeでは配信開始直後に前期 …

竜馬四重奏、地上波に登場!9/28にNTV系「スッキリ!!」出演

7月のメジャーデビューアルバム『NEO ZIPANG』リリース以降、iTunes Storeにてワールドチャートの1位を獲得するなど、着実に知名度をあげている竜馬四重奏が地上波ワイドに出演する。 NT …

HMV&BOOKS SHIBUYA 2周年記念 フジファブリック ポップアップショップ『ファブサロンextra』開催決定!

11月に2周年を迎える HMV&BOOKS SHIBUYA のアニバーサリーを記念し、フジファブリックがポップアップショップ『ファブサロンextra』をオープンする事が決定した。 11月25日 …

シドのソロプロジェクト“マオ from SID”、“AKi”がそれぞれ12月にプレミアムライブ開催決定!!

シドのヴォーカリスト・マオのソロプロジェクト“マオ from SID”が、12月13日(水)に東京・日本橋三井ホールにて「X’mas Acoustic Live」を開催。 そして、シドのベ …

GLAY、函館野外ライブソールドアウト!テーマソングの「Eternally」が函館の応援ソングにも決定!グレニチの発行と、ロー リングストーン日本版初表紙も決定!

GLAYが7月27日28日に故郷・函館、緑の島野外特設ステージにて行うGLAY Special Live 2013 in HAKODATE「GLORIOUS MILLION DOLLER NIGHT …

Galileo Galilei スタジオコロリド劇場最新作『台風のノルダ』主題歌を6月10日にCDリリース決定!

アークティック・モンキーズ、The 1975のプロデュースで世界的に知られるマイク・クロッシーが絶賛した珠玉の名曲が誕生! 平均年齢22歳にして、すでに同世代のカリスマ的存在として確固たる存在感を放つ …