無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

JACK IN THE BOX 2011 速報ライヴレポ!

音楽

カメラマン:今元秀明、田中和子、石井亜季

音楽プロダクションMAVERICK DC GROUPに所属するアーティストが集結する、年末恒例のイベント「JACK IN THE BOX 2011」が、今年も12月27日に日本武道館で開催された。

 title=

14時にスタートしたイベントのトップバッターを飾ったのは、MUCC。真っ白な衣装に身を包んだメンバーがステージに姿を現すと、「路地裏 僕と君へ」「蘭鋳」といったライヴにぴったりのナンバーからスタート。逹瑯の「まだ体あったまってねーだろ! 一気に行くぞ」というかけ声とともに「アゲハ」や「ファズ」などのハードロック色の強い激しい曲で会場を熱く盛り上げる。「このイベントでしかMUCCを観たことがないって人も多いかもしれないんで、多めに時間をもらいました。楽しんでってください」と話し、「最終列車」、「名も無き夢」といった懐かしい楽曲から、11月にリリースされた移籍後初シングルとなる「アルカディア」。そして、カラフルなレーザーが縦横無尽に舞う客席を見つめながら、2012年3月にリリースされるニュー・シングル「ニルヴァーナ」を披露し、貫禄たっぷりに次へとバトンをつなげた。

 title=

メンバーが登場する前にスクリーンに映し出されたのは、「ギルガメッシュからの挑戦状」という文字。「今日のイベントで演奏する曲目を発表します」と影アナが流れると、「1曲目新曲」「2曲目……新曲」と、この日の曲目すべて新曲であることが告げられる。「ついてこれるか? っていうか、ついてこいよ、コノヤロー」とサディスティック・ロックバンドらしい展開でスタート。ヘヴィなリズムの楽曲にポップなコーラスが絶妙に絡み合う彼ららしいナンバーで会場を盛り上げていく。ラストを前に、「JACK IN THE BOX SUMMERのニコファーレのときに、みんなで公開レコーディングした“たたたたつろう”というコーラスを、ここで使いたいのでみんなで練習させてください」と、MUCCの逹瑯をいじったコーラスを展開。笑いながらも、「みんないい感じです」と激しいナンバーの中にもユーモアを盛り込んだ楽しいステージを見せてくれた。

真っ赤なライトを受け、“We are BUG”というSEに登場したBUG。激しくあおることもなく、正統派のロックを聴かせてくれる。3曲目の「bugnoid」では、ヴォーカルのkyoが花道をゆっくりと歩いて、先のステージで客席にアピールしながら、ラストナンバー「PROMISE」の軽快なサウンドを披露し、「サンキュー! 最後まで楽しんでってね」と余裕のパフォーマンスでステージを後にした。

全員お揃いの黒いスーツに身を包んだバンドが登場し、ドラムソロ、ライトハンドで聴かせるギターの早弾き、ベースソロからオープニングナンバー「Placebo」を聴かせてくれたのは、話題の新人BeepSpree。テクニカルなプレイを見せながらも、思わず初々しいと言ってしまいたくなる表情で、MCでは言葉も少なめに3曲を披露。武道館というビッグなステージにビビる様子もなくしっかりとしたステージを見せてくれた。

 title=

そして、今回のイベントの目玉でもある、マーヴェリックに所属するバンドの歴史をセッションで迫う「MDC History Session」。Session Aとしてスクリーンに映し出されたのは、DIE IN CRIES。BUGのkyoとTAKASHI、そしてyukihiroが在籍していたロックバンドだ。それを、Яyo(Dr/ギルガメッシュ)、弐(G/ギルガメッシュ)、左迅(Vo/ギルガメッシュ)とDIE IN CRIESのオリジナルメンバーであるTAKASHI(B/BUG)の演奏で「WEEPING SONG」がスタート。左迅の歌声にぴったりの1曲で熱く会場を沸かせた。帰り際にTAKASHIと熱く握手を交わす姿が印象的だった。

Session Bは、80年代に一世を風靡したメタルバンドREACTION。「JOY RIDE」を演奏するのは、kyo(Vo/BUG)、弐(G/ギルガメッシュ)、Яyo(Dr/ギルガメッシュ)にオリジナルメンバーのYUKIがベースとして参加。kyoのシャウトにYUKIがコーラスを重ねるなど、1シーンごとが貴重でステージから目を離すことができなかった。

続くSession Cは、スクリーンにD’ERLANGERの名前が映し出されるとメンバー紹介はなく、そのまま逹瑯(Vo/MUCC)の「LA VIE EN ROSE」というコールで演奏がスタート。明るくなったステージの後方にyukihiro(L’Arc〜en〜Ciel)の姿が見えると客席からは絶叫に近い歓喜の声が響き渡る。ラストのブレイクの瞬間、まっすぐに客席を観て微笑んでいるyukihiroの姿がスクリーンに映し出されると再び客席は沸点へと達する。「LULLABY」のカウントが始まるとちょうどスクリーンに映し出されていたD’ERLANGERの映像のkyoが手を上げ、そこへ逹瑯の歌声が重なるという奇跡的な流れに感嘆の声が漏れる。ラストでは、逹瑯、ミヤ(G/MUCC)、TAKASHI(B/BUG)の3人がドラム台の前に集まりブレイク。「また会おうぜ!」という言葉とともに4人はステージを去って行った。

バンドアクトとして5番目に登場した44MAGNUMは、「SOULS」、「I JUST CAN’T TAKE ANYMORE」、「STREET ROCK’N ROLLER」というハードなナンバーを立て続けに披露。するとヴォーカルのPAULが、「個人的な報告です」とゆっくりと口を開く。「たくさんの人が集まり、たくさんのスタッフがかかわるライヴは、今日で最後にしたいと思います」と告げると客席からは驚きの声が上がる。「44MAGNUMは、my son(=STIVIE)が、ぶっちぎってくれると思うので、すべてを託そうと思います」と宣言。4曲目の「IN THE END」からは、その言葉通りSTIVIEの伸びやかな歌声が響き渡る。その声に客席も次第に反応していくのが伝わってくる。「このイベントがなかったら、みんなには出会えなかった。JACK IN THE BOXに感謝です」と言ってラストナンバー「SATISFACTION」を披露。ステージにはPAULの“ロックンロール”の言葉が響いていた。

 title=

後半戦のトップを飾ったのはTETSUYA。ドラムのカウントでマイクスタンドを掴み、体をねじらせながら「EDEN」がスタート。激しいロックナンバーにTETSUYAの甘い声が混じり合ってとても気持ちいい。スタンドをくるくると回す「TIGHTROPE」では、情感たっぷりに歌い上げる。昨年から精力的にツアーを行っていただけあり、これまでのステージよりもライヴパフォーマンスがアクティブになった印象を受ける。オルガンから始まる「魔法の言葉」では、ポップで可愛らしく、「lonely girl」ではバンドとの一体感を。そして、会場のみんなとともにタオルを回しながら歌った「Roulette」から、ラストの「Are you ready to ride?」へ。キラキラと光る台、思いきりはしゃぐメンバー、ブルースブラザースばりの黒スーツのダンサーに宙を舞う金のテープ。まさに、“びっくり箱”をひっくり返したかのような楽しい光景が目の前に広がっている。そのワクワクさが、TETSUYAの楽曲の世界としっかりとシンクロしていて思わず顔がほころんでいることに気づかされる時間だった。

炎が立ちのぼる中、アコギの音が響く「証言」というバラードでスタートしたシドのステージ。かと思えば、「Dear Tokyo」で一気に明るく抜けていく様を見せつける。「トリをやらせてもらうことになりました。ありがとうございます」と挨拶。「今年最後のお祭り、楽しんで帰ろうね!」と客席を盛り上げ、「踊ろう」と声をかけて「ワイフ」へ。すると、歌い終わった瞬間ヴォーカルのマオがステージ袖へ引っ込んでしまった。トラブルを察知したメンバーは、とても自然にセッションをスタート。3人の大人っぽい掛け合いを楽しんでいたのだが、長くなりそうだと予感したギターのShinjiが客席を楽しませようとブルースっぽくフェイクを入れた瞬間、マオが再登場。彼ららしく、あえてグダグダッとした感じで会場を一気に和やかな空気に持っていく。「トラブルでごめんね。でも、うちのメンバー、さすがですね」と言い、「日傘」「いつか」を立て続けに披露。そして翌日の12月28日に発売される「冬のベンチ」を披露し、「体の芯から温まるような曲です」と紹介した。後半は、ダンサブルなナンバー「歌姫」から、ライヴにぴったりな「one way」、「Sympathy」、さらに「もっといけるか!」とめいっぱいあおった「眩暈」では、スモーク、花火、火柱と特効3連発で、激しく会場を揺らした。スクリーンには、「びっくりしたぁ」という表情のゆうや。マオも「花火が上がるとは知らなかったので、ちょっとびっくりしちゃいました」と、それまでの迫力あるステージとは打って変わってのんびりとしたMCで和ませる。ラストは、「バラードを聴いてください」と言って、冬にぴったりの「2月」で幕を閉じた。

後半のセッションは、(L’Arc〜en〜Cielの結成20周年を記念して、「“(L’Arc〜en〜Ciel 20th Anniversary Session」へ。演奏は、すべてのセッションに参加したBeepSpreeに加え、SATOち (Dr/MUCC)、ゆうや (Dr/シド)のドラム3段構えに、明希 (B/シド)、逹瑯 (Vo/MUCC)による「REVELATION」。明希のアクションに合わせて客席から“ヘーイ!”という掛け声が沸き起こる。歌い終わった瞬間、両手を広げて「どうよ」といった表情の逹瑯の堂々としたステージに客席もおおいに沸いた。

続くは、マオ (Vo/シド)、ミヤ (G/MUCC)にken (L’Arc〜en〜Ciel)が加わった「flower」。しかし、曲が始まってもステージ上にkenの姿が見えない……と思ったら、イントロが終わる寸前に袖からマオのマイクに駆け寄りハープを披露するというキュートな演出で客席を楽しませる。その後も、マオが軽やかな歌声を響かせている間、kenは手を広げながら花道を昇り、先頭のステージに用意されていたスモーク銃を客席にかけて遊んでいる。後半でも、ハープを披露する場面で、慌ててマイクスタンドに駆け寄るなんて姿や、ミヤと一緒に花道を駆け上るというkenらしい、サービス精神たっぷりの時間を楽しませてくれた。

hyde (L’Arc〜en〜Ciel)の名前がスクリーンに映し出されると会場が揺れるほどの歓声が沸き起こった。つい先日、テレビで観た彼は、ドレッドだったのに、なんとショートヘアにカジュアルなスタイルで登場。ステージをくねくねと歩きながら激しく歌い上げたあと、「古い曲を歌いたくなっちゃったんで、お願いした」という「The Rain Leaves a Scar」を「完コピじゃん!」と大絶賛。「盛り上がってんのか、武道館!」とあおり、「もう1曲歌いたい歌があるんだよ。歌ってもいいかなぁ?」とおどけたように見せたあと、「歌わせろ?!」と「Inner Core」を披露。あやしげに体をくねらせるなまめかしい仕草と貫禄の歌声で会場を熱狂の渦に巻き込んでいった。
 
ラストは、昨年誕生したJACK IN THE BOXのテーマソングである「永遠の街-THE “NOISE” CITY-」をバックに2002年?2012年の総まとめ的な映像が流れたあと、BeepSpreeの演奏をバックに、MUCCとシドのメンバーが姿を現す。マオの「先輩呼んじゃおうかな」という声でhydeが呼び込まれ、「Are you ready 武道館!」という掛け声とともに曲がスタート。花火の音とともにステージ上に出演者が勢揃いする。それぞれが花道を駆け上ったり、肩を組みながら歌ったり、ボールを投げたりと華々しい光景が広がっていく。ヴォーカリスト達のマイクリレーを経て、hydeと客席との歌の掛け合いをラストに客席に色とりどりの紙吹雪が舞い、今年も7時間に及ぶイベントの幕は閉じられた。

ライター:大庭利恵
<関連リンク>
JACK IN THE BOX 2011 公式サイト

-音楽

関連記事

栗山千明 待望のニューシングルでlalalarks、南方研究所らとコラボレーション!ミュージックビデオで栗山千明がアニメに!?

栗山千明の通算7枚目となるシングルが10月23日にリリースされることが明らかになった。 栗山千明は2010年2月アーティストとしてメジャーデビューし、これまで布袋寅泰、浅井健一、椎名林檎など数々のビッ …

ONE OK ROCK最新楽曲「Wasted Nights」 本格エンターテインメント超大作 映画『キングダム』 主題歌に決定!!

今春、話題、スケール共にナンバーワン必至の、本格エンターテインメント超大作、映画「キングダム」の主題歌にONE OK ROCK の最新楽曲、 「Wasted Nights」 (2/1 より各社配信サイ …

B1A4、日本セカンドアルバム『 2 』発売決定!アルバムを引っ提げ日本アリーナ公演を開催!

1月13日(月)に韓国にてセカンドアルバム『WHO AM I』を発売、2014年の活動をスタートさせたB1A4!リーダーのジニョン作詞・作曲のタイトル曲「LONELY(オックナ)」はリリース開始直後か …

兵役中でも人気者!John-HoonのNewシングル「アルデンテ」本日発売

現在、韓国にて国防広報支援隊に所属し、国営放送パーソナリティやイベントに参加するなど様々な兵役活動に就いているJohn-Hoon。先日はデビュー10周年を迎え、公式ブログにファンからのアクセスが殺到、 …

三浦大知、CD未発売の新曲がレコチョクデイリーチャートで5位を記録!

現在、計17公演を行う最新ツアー「DAICHI MIURA “exTime Tour 2012″」中の三浦大知。 ツアー毎に、自己最高ステージを更新するとファンの間でも呼び声の …

チョン・ジュノ 3月17日に触れ合いたっぷりのホワイトデーディナーショー開催!

「アイリス」「逆転の女王」を始め、数多くの作品に出演し日本でも大人気の俳優チョン・ジュノ。2012年末には主演映画であり、大ヒットシリーズ「家門の栄光」の第5弾である「家門の帰還」が公開され、観客動員 …