無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

小室等、音楽活動 50周年ライブ盤を発売

音楽

本年7月11日に新宿・全労災ホール/スペースZEROで催された小室等の音楽活動50周年ライブを完全収録した「小室等音楽活動 50周年ライブ.復興.実況録音盤」が、10月26日に2枚組 Blu-spec CDで発売される。

1960年代のP.P.Mフォロワーズから六文銭、そして「出発の歌」、「雨が空から降れば」他の大ヒットで、常に日本のフォーク・シーンを黎明期からリードしてきた小室等。1975年には日本で初となるアーティストによるレコード会社「フォーライフレコード」を、吉田拓郎、泉谷しげる、井上陽水らと立ち上げ、その初代社長に就任するなど、様々なエポックも残してきた。

その小室の50周年を祝う為に豪華ミュージシャンが集結した今回のライブ、弾き語りで始まった1曲目の「寒い冬」から、全ミュージシャンが参加、この日のアンコールのために作られた新曲「なんどでも」までの全ての楽曲が、当日の演奏曲順通りにパッケージされた。

中には、ジャズ・ピアノの巨匠佐藤允彦をバックにした谷川俊太郎の朗読や、坂田明、林英哲など様々なジャンルのミュージシャンとのコラボレーション、そしてシークレット・ゲストで登場した井上陽水との絶妙な掛け合いトークなども収録されており、小室等の50周年ライブ以外では滅多に実現しないスペシャルな顔合わせが記録された貴重なライブ盤となっている。

また、当日ライブに参加したミュージシャンから、 CD発売にあたってのコメントが寄せられている。

鬼怒無月(E,Guitar)
「7月11日、あの日集まった20人あまりのミュージシャンの一人として小室さんと一緒に演奏出来た事はこれからの自分にとって永遠の宝となる経験でした。小室さん有難うございました。」

佐久間順平(Guitar、F,Mandolin、Violin)
「小室さんが、ずーっと長い旅をして来て、旅先で出会った人たちとの出来事が、この歌やこの音たちに記されている。僕も旅先で出会ったひとり…こんなにふわっと軽く、楽しそうな小室さんを見たことがない!」

八木のぶお(BluesHarp)
「リハーサルから歌い続けの小室さんのパワー、スピリット、そしてそれに呼応するミュージシャンの音のエネルギー、スピリット〜とても大事なものをもらいました。特に全員参加の曲では、飛び交う音の快感、なんとも素敵な瞬間が何度も、何度も。震災後のこの時期、音楽にはとてつもない力があることを実感させられる素晴らしいコンサートに参加出来て本当に幸せでした。」

四角佳子(六文銭‘09)
「小室さん、50周年おめでとうございます。これからもがんがん行ってください。おっかけます!」

さがゆき (Vocal)
「本当に本当に、素晴らしい時間でした!あの感動は、全く色褪せる事なく、今でもキラキラ輝いています!ありがとうございました!」

梅津和時(ASax)
「どうしてもこのコンサートに出たくて、アメリカツアー終了の成田空港から直接駆けつけました。全てが夢の中で起こった事のような気がしています。その夢のコンサートがどれほど素晴らしかったのか、はやくCDで確かめたいです!」

田中邦和 (TSax)
「音楽をやっていて本当によかったと思えた日でした。50周年という節目のコンサートにご一緒できて光栄です!小室さん、偉大な先輩というのは貴方のような方を言うのでしょう。ステージの上がずっとキラキラしていました!またの共演を楽しみにしております。」

坂田明(ASax)
「2011年7月11日は小室等にとって50周年記念で、つまり半世紀の間音楽をやり続けてきたという日でありました。震災から4ヶ月目でした。人生五十年の時代から見れば大変な違いであります。そこへ祝福に駆けつけたミュージシャンは数知れず、そこへ聴きに来た人の方は数が分かっているだろうがね。うーん、それでその小室等が元気であったことは、何にもまして大変喜ばしいことです。この CDは聴こうと思うから買いにくいのです。聴かなくてもいいからただ黙って買えばそれでよいのです。裏返しにして恭しく神棚へ飾れば拝みやすいだろうし、それがいやなら、ただ黙って聴けばよいし、飽きれば人知れず畑にぶら下げれば鳥除けになる。とにかく、この CDは買って損になることが何一つありません。そうなんです。ただ、日本政府はそうはいってないかもしれませんが、あなたは政府を信用しますか?でしょう!だったら、もう買うしかないのです。」

佐藤允彦( Piano)
「小室さんは『人結び』の天才!彼に引き寄せられた人たちはその場で仲間になってしまうのだ。」

谷川賢作(音楽監督/ Piano)
「リハから本番、打ち上げまでなにかすべてが夢のようでした。しかしなんと言ってもとにかく小室さんです。50年の音楽歴の厚みをつぶさに見させていただきました。すばらしかったです。一人で場を動かしていくオーラ、マイルスデイビスかと思いました。マイルスにしては人がよすぎるのですが…それにこう言っては先輩に失礼ですが、とにかくあの長丁場、よくがんばりましたね!さすがです!」

 title=

小室等音楽活動 50周年ライブ〜復興〜 <実況録音盤>
2011年 10月 26日 / ¥ 3,600(税込 ) / FLCF5044 / アルバム

disc1
1寒い冬
2お早うの朝
3あの日輝いていたきみに
4今夜きみ〜私は月にはいかないだろう
5夏が終る
6老人と海
7ヴェトナミーズ・ゴスペル
8雨が空から降れば
9結詞

disc2
1ここ prologue〜ここから風が
2夕暮れに〜クリフトン N.J.
3雨のベラルーシ
4国境のアゼルバイジャン・コニャック
5翼
6百三歳になったアトム〜鉄腕アトム
7ぽつねん
8死んだ男の残したものは
9モナ・リザ〜いま生きているということ
10なんどでも

小室等 TVMUSIC SELECTION IN MEMORY OF 40 YEARS
2011年 10月 26日 / ¥ 2,400(税込 ) / FLCF5045 / アルバム

1テレポート 6♯1〜夕暮れに〜
2想い出づくり
3凍てつく季節の中で「暗渠の連鎖」
4早朝スケッチブック・メインテーマ
5未知なる反乱・メインテーマ
6吉井川・メインテーマ
7祇園精舎「平家伝説」平家物語より引用
8生きる
9テレポート 6♯2〜夕暮れに〜
10淋しいのはおまえだけじゃない
11哀しみのメモワール「想い出づくり」
120の焦点・メインテーマ
13白い影・メインテーマ
14霧の影・メインテーマ
15太陽の子・メインテーマ
16熱い嵐・メインテーマ
17お早うの朝
TBS木曜ドラマ「高原へいらっしゃい」主題歌
18銃口・教師竜太の青春メインテーマ
19浅草・花岡写真館メインテーマ
20おねえちゃん
21詩人とつばめ
22とべバッタ
23まゆげの唄
<関連リンク>
小室等 Official Web Site

-音楽

関連記事

倖田來未 アルバムプロモーションをUSTREAMで完全中継!

3月2日にリリースされる9thアルバム「Dejavu」(デジャヴ)のプロモーション 現場に完全密着するスペシャル企画! 倖田來未アルバムプロモーション「Dejave」への道〜名付けて倖田道見参!〜様々 …

キナ・グラニス 総再生回数は1億回越え!

アメリカを代表するYouTube発アーティスト、キナ・グラニスが“YouTube Space Tokyo”からスペシャル・ライブを生配信! YouTube総再生回数が1億回を超え、200以上の動画公開 …

レディー・ガガ、ニュー・アルバム『アートポップ』のジャケット写真がついに公開に!まさかのフルヌード!??

全世界で大注目のレディー・ガガ。ついに11月発売のニュー・アルバム『アートポップ』のジャケット写真が本日公開となった。 今回、ジャケット写真のデザインとガガの彫刻を手掛けたのはJeff Koons(ジ …

m.o.v.e 15年間の最後の作品、詳細発表!

3月16日(土)に東京・赤坂BLITZにて解散ライブを実施したm.o.v.eが、15年間の活動を締めくくる最後の作品となる、6月5日発売のラストライブDVD「m.o.v.e THE LAST SHOW …

マライア・キャリー 愛を歌うマライアの背中には金の羽!!

“ザ・ディーヴァ”世界の歌姫=マライア・キャリーが溢れる愛と共に帰ってきた。5月にニュー・アルバムのリリースが決定し、新曲「ユー・アー・マイン(エターナル)」のミュージック・ビ …

史上最強のジャズ・レーベル、ブルーノート創立80周年記念。J-Squadによる「処女航海」の未発表音源を特別限定公開

「1939年1月6日、アルフレッド・ライオンは初の録音をプロデュースする。(中略)それはよく晴れた冬の日だった。ライオンはニューヨークの小さなスタジオを一日だけ借りた。」──リチャード・クック著、前野 …