無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

RHYMESTER、ツアー・ファイナルでサマー・アルバム発表!!そして、意外なゲストも…

音楽

6月5日、RHYMESTERがZepp Tokyoで「KING OF STAGE VOL.9 〜POP LIFE RELEASE TOUR 2011〜」のほぼ最終公演を行った。
最新アルバム『POP LIFE』は、一般の生活で感じる喜怒哀楽を切り取って衆目を集めた作品だけに、場内は年季の入ったヒップホップファンからデニムショーパンの女子まで幅広い客層で超満員。胸高まる中、『POP LIFE』の1曲目「After The Last」のイントロが鳴り響くと、地響きのような歓声が場内にあがりステージは開幕。
その興奮を煽るように「そしてまた歌い出す」「Just Do It!」と、『POP LIFE』の収録順にエモなステージを展開し、ライブは序盤から一気に白熱した。続いて「ランナーズ・ハイ」「ザ・ネイバーズ」など、軽妙なリズムでフロアを揺らした後は、幼児虐待をテーマにした「Hands」を披露。
場がシリアスになったところで、「性行為の歌でーす!」(宇多丸)と「肉体関係 part.2」をかまし、いいところを台無しにしちゃうのもまたRHYMESTERの魅力だ。
その後、ライブは「ほとんどビョーキ」で前半を終了。
今回のセットは、立体の建造物に映像を投影して3Dビジュアルを作り出す「マッピング」という最新技術で制作されており、メンバーが降壇している間は、「マッピング」を使ったショータイムに。
「Hands」のプロモーションビデオに出てきたキャラクターなどが投影され、見応えたっぷりだった。

後半は「POP LIFE」からメロウな感じでスタート。
その後は最近のツアーで恒例となった「何を歌うかわからない」ミステリーコーナーへ。バージョンアップした「しゅうけいくんZ」に付いたルーレットにゲストがダーツの矢を放ち、演奏する過去アルバム曲を決めるのだが、そのゲストにはなんとスガシカオが登場!
この日は『リスペクト』の5曲がダイジェストメドレーで披露された。
終盤の「敗者復活戦」「Born To Lose」「Walk This Way」は、不屈の男たちの素晴らしき人生謳歌といった感じの見事な流れ。特に、震災後の想いを新たに書き下ろしたアカペラから始めた「Walk This Way」は、楽曲発表時とはひと味違う感動と勇気を呼び起こし、会場が真に一体に。
震災後のエンタテインメントとして、ひとつの形を見せてくれた。
「ONCE AGAIN」から始まったアンコールはとにかく濃厚。
さらに最後の最後には、待望の新曲「フラッシュバック、夏。」が披露され、この日のライブは拍手喝采で幕を閉じた。

新味満載のその新曲は、甘酢でほろ苦い青春ノスタルジー系清涼チューンで、6月6日から着うたの配信がスタート。
同日からは同曲の試聴ができる特別サイトもオープンする。また、同曲を収めたサマーアルバム『フラッシュバック、夏。』が7月27日に発売されることが決定!

『POP LIFE』からわずか4ヶ月で到着する同作には、RHYMESTER初のCFソング(ポッキーチョコレート スペースシャワーTVバージョンCFソング)となった「サマー・アンセム feat. 小野瀬雅生(CRAZY KEN BAND)」も入っており、この夏、話題必至の一枚となっている。
この日のライブの翌々日、6月7日には、クラブチッタ川崎で追加公演(ホントの最終公演)を行うRHYMESTER。本ツアーでいち早く新曲が聴けるラストチャンスだ。

 title=

2011年7月27日release

Summer Album

「フラッシュバック、夏。」

 title=

初回限定盤KSCL-1803〜1804  (CD+DVD) ¥2100 (tax in)

通常盤 KSCL-1805 (CDのみ) ¥1890 (tax in)

オレらから夏は奪えないぜ!ライムスター 胸さわぎのサマーソングコレクション!
今度はなんとスパン4ヶ月!今年3月にリリースした『POP LIFE』を含め、アルバムが3作連続でトップテン・ヒットとなるなど、メジャー・デビュー10周年を迎えてなお、絶好調のライムスターが畳み掛ける本作は、ずばり「夏」がテーマのサマー・アルバム。
既にツアーで好評を博したリード・トラック、爽やかなサマーブリーズを運ぶノスタルジックな“フラッシュバック、夏。”(仙台出身、GAGLEのDJ Mitsu the Beatsがトラックを制作。彼は東日本大震災で被災後すぐに立ち上がり、アレンジを完成させた)、Mummy-D/Mr. Drunkによる5年ぶりのセルフ・プロデュース曲、サーフロックをヒップホップに落とし込んだ“サマー・アンセム feat. 小野瀬雅生”をはじめ、メンバー3人それぞれが指揮をとったサマー・ソングを収録。
またDJ PMXと☆TAKU TAKAHASHI(m-flo)それぞれが手がけた“フラッシュバック、夏。”のリミックスを2ヴァージョン収録と、話題性も抜群。
2011年の夏を彩る、決定版サマー・ソング・コレクションの登場だ!

※初回生産限定盤のみ

新曲「フラッシュバック、夏。」のミュージック・ビデオ収録(メンバー副音声入り)三方背クリアボックス仕様予定

-音楽

関連記事

“渋谷系の女王”野宮真貴、豪華2枚組7インチ・アナログ発売決定

デビュー36年目を迎えた“渋谷系の女王”野宮真貴が5月3日にリリースした、“渋谷系とそのルーツの作家たち”による“夏のヴァカンスの名曲”を収録したカヴァー・アルバム『野宮真貴、ヴァカンス渋谷系を歌う。 …

チームしゃちほこ 初の連続ドラマ主題歌決定!! 9月30日発売 EP「いいじゃないか」収録の新曲「ちぐはぐ・ランナーズ・ハイ」が新土曜ドラマ「テディ・ゴー!」の主題歌に!

9月30日に5曲入りEP「いいじゃないか」、10月28日に同じく5曲入りEP「ええじゃないか」と二ヶ月連続でEPを発表する名古屋発スターダスト芸能3部所属の現役女子高校生アイドル6人組チームしゃちほこ …

SCANDAL2月3日リリース「瞬間センチメンタル」のヒット祈願で湯島天満宮にて神社ライブ&豆まき!自身の祈願と集まった1000人の祈願をエール!!

昨年、1stアルバムがオリコンウィークリーランキング初登場5位を記録、レコード大賞新人賞も受賞し今、一番勢いにのるガールズロックバンドSCANDALが、2月3日に2010年第1弾となる新曲「瞬間センチ …

PassCode 7月31日発売最新ライブDVD&Blu-rayのトレーラーと2曲のライブ映像を公開

7月31日に発売が決定しているLiveDVD&Blu-ray「PassCode Zepp Tour 2019 at Zepp Osaka Bayside」のトレーラー、そして「DIVE INT …

THE YELLOW MONKEYのベーシスト 廣瀬 “HEESEY” 洋一4年ぶりのフルアルバム「ODYSSEY」が5/16(水)発売!

2016年に突如としてTHE YELLOW MONKEYの再集結し、同年には「第67回 NHK紅白歌合戦」初出場を果たしたバンドのベーシスト・廣瀬 “HEESEY” 洋一が満を …

家入レオ、新成人をタイトルに冠した待望の3rdアルバム「20」発売とともに、デビュー3周年記念イベントが決定!!!

2月11日(水)に9thシングル「miss you」をリリースする家入レオの、早くも3枚目となる待望のニュー・アルバムが同25日(水)に発売されることが決定した。アルバム・タイトルは「20」(読み:ト …