無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

2011年【Dragon Ash Tour Rampage】最終日4/22(金) ZEPP TOKYO公演ライブレポート

音楽

 この日のライヴは、Dragon Ash史上という観点においても、記念碑的な一夜として記憶されることだろう。最新作『MIXTURE』は、ミクスチャー・ロック=Dragon Ashとは何か?という問いに決定的な答えを打ち出すものだった。
様々な音と経験を飲み込んできたバンドが、ふたたびラウドなロック・サウンドに回帰しながら、バンドマンとリスナー、シーンに対して強烈なメッセージを打ち出す。
今回の全国ツアー『Dragon Ash Tour Rampage』は、まさにそれを体現する場だった。そして、このZEPP TOKYOでのツアー最終日は、集大成と呼ぶに相応しいライヴとなった。

 開演前からフロアに満ちていたオーディエンスの期待感が、勇壮なファンファーレをまとった「INTRO」が鳴らされた瞬間に大歓声となって解放される。ATSUSHIとDRI-Vが美しき肉体性を誇るダンスでフロアの昂揚感をさらに煽りながら、Kj、IKUZONE、桜井誠、BOTS、HIROKIが姿を現し、7人のメンバーがステージにそろう。
1曲目「RAMPAGE」からすべての瞬間がクライマックといえるようなライヴの幕が切って落とされた。緻密なアンサンブルによって構築される、闘志と包容力をたたえたラウド・サウンドの求心力にオーディエンスも全身で応えるように、絶え間ないモッシュ&ダイヴを繰り広げた。

 『MIXTURE』の収録曲を中心に置いたセットリストは、時に過去の楽曲を織り交ぜながら、Dragon Ashの現在地を鮮やかに浮き彫りにしていった。例えば「Life goes on」と「AMBITIOUS」の祝祭性が有機的に融合するということ。また、「静かな日々の階段を」、「百合の咲く場所で」、「Fantasista」というバンドの歴史を彩ってきた楽曲から、本編ラスト「SLASH」、「ROCK BAND」、「TIME OF YOUR LIFE」という最新曲が感動的につながれていったということ。
今のDragon Ashは、過去のどんな楽曲群も包括することができる。いくつもの栄光と葛藤の季節を経て、ここに揺るぎないアイデンティティを確立した、Dragon Ashというロック・バンドだけが響かせることができるスケール。そこには、父性をも感じさせる大きさがあった。

 title=

 会場にいる誰もがイントロの時点で歓喜の声を上げた「陽はまたのぼりくりかえす」からはじまったアンコール。かつてKjはこの曲を披露する度に涙を流していた。しかし、この日のKjは、優しく柔和な笑みを浮かべながら、ギターを鳴らし、唄い、オーディエンスを見つめていた。そこから最初期の楽曲「天使ノロック」、“こんな時代だからこそ夢を見よう”という言葉のあとに放たれたBOOWYのカヴァー「Dreamin’」、バンドとオーディエンスの関係性を称える「運命共同体」そして特別なライヴの大ラスを飾るのはいつもこの曲だ「Viva La Revolution」でツアーは幕を閉じた。

 ツアーの途中で起きた震災を受けて、彼らはひとつのロゴを作った。そこに記されていたのは「BUILD AGAIN SINCE 3.11」という文字だった。Dragon Ashというロック・バンドが、体現するメッセージ。そう、僕らは必ずまた立ち上がり、築き上げることができる。
<関連リンク>
Dragon Ash HP

-音楽

関連記事

倉木麻衣初!!コンプリートシンフォニックライブ全楽曲完全収録でDVD化決定!!!!

2012年9月6日、7日と東京芸術劇場で開催された、倉木麻衣初のコンプリートシンフォニックライブ「Mai Kuraki Symphonic Live -Opus 1-」。映像化が待望されていたこのスペ …

Dragon Ash 激動の2011年、最後を飾るライブが決定!

Dragon Ashが国内最大規模の年末年越しロック・フェスティバル『rockin’on presents COUNTDOWN JAPAN 11/12』最終日である12月31日のステージに登場すること …

mol-74、メジャーデビュー後初となるファーストEPのリード曲「Teenager」のMVを公開!

透明感溢れるファルセットが特徴の京都発、4ピースバンド・mol-74(読み:モルカルマイナスナナジュウヨン)。今年の4月にソニーミュージックのレーベル・SME Recordsよりフルアルバム「mol- …

VALSHE “千年あれば、ケリはつく” 相反する愛を表現したダブルAサイドシングルが発売決定!

コンセプチュアルな作品を提示し続けるVALSHEの2018年最初の作品、11th Double A side Single「激情型カフネ/ラピスラズリ」のリリースが発表された。 「激情型カフネ」はVA …

桐嶋ノドカ、デビュー作2,000枚超のCDに直筆で“風”を描いたドキュメント映像公開!!更に貴重なコンベンションライブ映像を公開!!

7月29日にリリースされる桐嶋ノドカのデビューミニアルバム「round voice」の初回プレス限定盤ジャケットに、本人直筆による“風”が描かれていることが明らかになった。 「桐嶋ノドカ DEBUT …

edamame feat. Tariki Echo、こいつら誰!?必見、ベートーベンと浄土真宗のお経が合体!クセになるグルーヴが炸裂!

誰でも知っているベートーベンのあの超有名曲「運命」と浄土真宗のお経を合体! 6月30日配信がスタートしたこの曲で、グルーヴ感あふれるお経「讃仏偈(さんぶつげ)」をキメテくれているのは釈一平、釈明覚の浄 …