無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

“黒と黄色のニクいヤツ”ウィズ・カリファ、アルバム『ローリング・ペイパーズ』で衝撃の日米“黒&黄”コラボが実現!

音楽

今、アメリカのヒップホップ・シーンで一番注目されていると言えば、“黒と黄色のニクいヤツ”という異名を取るウィズ・カリファ。
昨年春に発表したミックステープ(※一般発売されないプロモーション目的で発表されるストリート向けのアルバム)「KUSH AND ORANGE JUICE」が、googleで検索ワード1位、そしてtwitterでもトレンドワード1位となり、更にはアメリカのMTVが選出する「THE HOTTEST BREAKTHROUGH MCs OF 2010」(2010年最もブレイクしたホットなラッパー) で堂々の1位に輝いた注目の存在。
昨年末に発表したシングル「BLACK AND YELLOW」がジワジワと全米チャートを上昇し2月には見事全米1位を獲得(2/19付 The Billboard Hot 100)し、3/29に全米発売されたメジャー・デビュー・アルバム『ローリング・ペイパーズ』も初登場2位(4/16付 The Billboard 200)と快進撃を続けている。

こうした全米での盛り上がりを受け、日本でもアルバム『ローリング・ペイパーズ』がいよいよ4/27に日本発売されるが、この度、アルバムの中でアッと驚く“奇跡の日米コラボ”が実現した。

元々「BLACK AND YELLOW」はウィズ・カリファの本拠地=ピッツバーグのプロスポーツ・チーム(NFLのスティーラーズ、MLBのパイレーツなど)のカラーをテーマにした“地元レペゼン・ソング”なのだが、日本で“黒&黄”と言えば、やはり大阪を拠点とするプロ野球チーム=阪神タイガースを思い浮かべる方も多いと思う。
実は偶然にも、この「BLACK AND YELLOW」は、2011年シーズンに甲子園球場で行われる阪神タイガースの公式戦では、阪神タイガース投手打席用テーマ曲として使用される予定であり、早くも日本の“黒&黄”ムーヴメントが本格化しているが、今回実現した“日米コラボ”とは、大阪を拠点にするアーティストで熱烈な阪神タイガース・ファンでもある2人、大阪は西成出身のオリジナル・スタイル・ラッパー=SHINGO★西成と、大阪を代表するレゲエ・サウンド=MIGHTY JAM ROCKのメンバーであるBOXER KIDが参加した「BLACK AND YELLOW」の日本独占リミックスである。

その名も「BLACK AND YELLOW[T-MIX]」と名付けられたこのリミックスは、ウィズの発売元レコード会社の発案に、大阪そして阪神タイガースをこよなく愛する2人のアーティストが快諾して実現した企画。特筆すべきは世界各国で数多く制作されている“非公式”なリミックスに対して、この「BLACK AND YELLOW [T-MIX]」は、本国アメリカ以外で発表されたリミックス(「BLACK AND YELLOW [G-MIX FEAT. SNOOP DOGG, JUICY J & T-PAIN]」)以外では、世界初の公式リミックスであると言うこと。
歌詞には“毎度おおきに、おおきに”など阪神タイガース・ファンなら思わずニヤリとする一節も散りばめられ、リミックス・タイトルの[T-MIX]が暗示する通り(Tは虎(タイガー)の頭文字)、オリジナルの「BLACK AND YELLOW」に勝るとも劣らない地元愛に満ち、“大阪らしさ”満載のこのリミックスにより、日本の“黒&黄”ムーヴメントに拍車がかかる事はマチガイない。

■ウィズ・カリファ 「BLACK AND YELLOW」ヒットの背景■
2011年ヒップホップ界最大の衝撃新人として注目されているウィズ・カリファは、インディーでの活躍が認められ昨年秋に米アトランティック・レコーズと契約を交わし、昨年末に移籍第1弾シングル「BLACK AND YELLOW」をリリース。その後ジワジワとチャートを上昇し2月には見事全米1位(2/19付 The Billboard Hot 100)を獲得する大ヒットに。
この「BLACK AND YELLOW」は、ウィズの地元ピッツバーグを本拠地にするNFL(アメフト)のスティーラーズやNBL(大リーグ)のパイレーツ、NHL(アイスホッケー)のペンギンズ等がチームカラーとしても使用しているピッツバーグ市の色である“黒と黄色”をテーマにした地元レペゼン・ソング。
これが話題となり大ヒットした訳だが、この郷土愛を歌った内容が他のラッパー達を刺激し、ファボラス、T-PAIN、リック・ロス、ヤング・ジージーという数多くの大物ラッパーがこぞって非公式なリミックス(例:NY出身のアーティストであればヤンキースのカラーである「White And Navy」など)を発表するというムーヴメントが起こる。1月末に行われたアメフト全米チャンピオン決定戦=スーパーポウルではウィズの地元ピッツバーグ・スティーラーズが出場するとあって全米中が注目したが、遂には対戦相手のグリーン・ベイ・パッカーズを応援するリル・ウェインが、「GREEN AND YELLOW」という対抗曲を非公式に発表し話題沸騰となった。
そして、この現象は世界に飛び火し、日本でも国旗の色である“赤と白”を歌ったリミックスなど、様々なリミックスが登場するほどの社会現象となり、結果YouTubeでの「BLACK AND YELLOW」のビデオ再生回数は6千万回を超えた。
こうして今やセンセーションとも言える大ブレイクの中、3/29には遂にメジャー・デビュー・アルバム『ローリング・ペイパーズ』が全米で発売され、初週の売上げは約20万枚で惜しくもブリトニー・スピアーズの新作に届かなかったものの、全米アルバムチャートでは2位(4/16付 The Billboard 200)に初登場。
そしてシングルチャートでもウィズの作品が大暴れしており、アルバム発売に先駆け全米で配信開始された先行曲「NO SLEEP」が何と全米シングルチャート(4/9 The Billboard Hot 100)では6位に初登場し、この週の“HOT SHOT DEBUT”(この週の初登場最高位)を獲得した他、「BLACK AND YELLOW」に続くシングル「ROLL UP」も前週45位から29位に急上昇し、“SALES GAINER”(この週に一番売れ行きが伸びた曲)に認定されるなど、まさに快進撃と言える活躍を見せている。

【アルバム情報】
NEW ALBUM
ウィズ・カリファ
『ローリング・ペイパーズ』 
Wiz Khalifa / Rolling Papers
2011.04.27 on Sale
WPCR-14109 ¥1,780(税込)
初回限定ファイネスト・プライス
●「ブラック・アンド・イエロー[T-ミックス]」他、日本盤ボーナス・トラック3曲収録
<関連リンク>
ウィズ・カリファ最新情報(ワーナーミュージック・ジャパン・ホームページ)

-音楽

関連記事

Aimer 最新シングルに中島美嘉「ORION」のカバーを収録全曲“冬”をテーマにしたウィンターソング集に!

1度聞いたら忘れられない、深みのあるハスキーボイスが話題のアーティストAimer(エメ)。昨年9月のデビュー曲「六等星の夜」はフジテレビ「NO.6」エンディング・テーマに抜擢され、同時にFM802の9 …

DJやついいちろう(エレキコミック)主催の大型エンタメフェス“やついフェス”2019年も開催! 大好評企画のキャンペーンガール募集開始!

お笑いコンビ「エレキコミック」のやついいちろうが主催する渋谷エリア13会場を連動した音楽とお笑いのエンタテインメントフェス「YATSUI FESTIVAL! 2019」が来年2019年6月15日(土) …

CNBLUEギター&ボーカル、イ・ジョンヒョンの入隊前ラストライブのダイジェスト映像が公開!

韓国バンド最高峰のロックバンドCNBLUE。 そのギター&ボーカル、イ・ジョンヒョンのLIVE DVD/Blu-ray『LEE JONG HYUN Solo Concert in Japan -MET …

シンガーソングライター”ReN”による、ニューシングル「We’ll be fine」!同曲の3バージョン目となる、アコースティックバージョン「We’ll be fine (Acoustic Version)」が、本日7/22(水)リリース!

ギター1本でステージに立ち、ループステーションやエフェクターを駆使し、ギターやビート、コーラスなどを積み重ねてバンドサウンドを奏でるスタイルが特徴的なシンガーソングライター ”ReN”!TBS「王様の …

話題のエレクトロ・ポップス系シンガー“KAY”、EDM系ダンス・ミュージック・フェスティヴァル「electrox」出演決定!!

11/20にデビュー・アルバム『My Name Is Kay』をリリースしたエレクトロ・ポップス系女性シンガーKAY(ケイ)が、1/4(土)に幕張メッセで行われる日本初にして最大のEDM系ダンス・ミュ …

evian CMに起用されたアジア最注目の美女、アンジェラベイビーが、恋のセリフを言ってくれる?

香港ではすでに活躍中のトップモデルであり、今年の2月にはウォン・カーウァイ監督『ブエノスアイレス』の独創的なスチール写真を手がけて一躍有名になり、『VOGUE TAIWAN』『i-D』『New Yor …