無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

不況なんて言ってられない!儲けたい!有言実行の男 KREVAの2011年決意表明となるシングルリリース!

音楽

2010年9月15日、キャリア初のミニ・アルバムにして、新たな音楽世界を創出した『OASYS』をリリース。10月13&14日、その『OASYS』を軸にさらなるライヴ・パフォーマンスの進化を具現化し、小室哲哉をキーボーディストとして招いたことでも大きな話題を呼んだ武道館公演『意味深3』。あれからKREVAは、相も変わらず止まることなく制作を続けていた。

「もう、毎日曲を作ってやろうと思って。ひたすらスタジオで制作していました。だから、武道館とかも遠い話っていう感覚があって。そんな日もあったよね、みたいな(笑)」

そして、KREVAの2011年が幕を開ける。「挑め」というニュー・シングルとともに。これがもう、リスナーの胸をすくような楽曲なのである。タイトル、トラック、リリック、フロウ??そのすべてにラッパー・KREVAの遊び心と凄みが全開になっている。ダイナミックかつキャッチーに浮遊するシンセ=OASYSから生み出したループ。このループを軸に、自由度が高いからこそスキルが際立つフロウをもってライムが刻まれていく、格別の昂揚感。まさに“ディス・イズ・KREVAのラップ”である。ただ、『OASYS』を経て、こういうタイプの曲をシングルにもってきたのは、予想外でもあった。シンセのループには『OASYS』以降の感触を覚えるが、こんなにもラップを強くフィーチャーした曲をシングルとしてリリースする意外性は、多くのリスナーも感じるところだろう。

「俺自身もスタッフサイドも“いい歌”を作りたい、作ってほしいという思いがあったんです。まずはそこに向けて曲を作っていたんですけど、あるときスタッフサイドから“今度はラップの曲を聴きたい”という要望があって。最初はそれまでの流れがあったから“え?”ってなったんですけど、でも期待に応えたいから、そこからラップを意識したトラックを作りはじめて。それでできたのがこの曲なんです。歌にフォーカスを当てた曲も今後発表していきたいと思っているんですけど、この曲を作ったことであらためてラップっていいなと思ったんですよね。そう思えたことは、結果的にすごくよかったです」

そう、KREVAだからこそ大きく、広く、強く、表明できるラップのダイナミズムがある。

「ラジオを聴いていたら、ちょっとイラッとするくらいダサいラップが流れていて。“これはちょっとマズいな”と思ったんですよね。スキルを見せつけるようなラップをシングルで出すことで、リスナーにはラップのカッコよさを感じてほしいし、ダサいラップをしているやつらにはボディブローを打っておこうかなと。あと、こういう曲をシングルでリリースする姿勢をもっているのも俺のチームのいいところだと思うから」

刺激的な言葉遊びを展開していった先に、自らの生き様や信条が表れ、それがまたメッセージとしても機能するリリックには、こんなテーマがある。

「とにかく“3”って言わないっていう(笑)。前から“なんで三度目の正直? 一度目から最高であれよ”って思っていて。あと、“仏の顔も三度まで”とか、日本のことわざとかには3がつくものが多いなと思って。それをあえてひたすら言わないという言葉遊びですよね。たとえば〈俺は東京事変より能動的〉というフレーズも、東京事変の『能動的三分間』がすごく好きだから、そこから“三”を取って、っていう。だから、俺自身は、リリックで自分のことを書いたという感覚があまりないんですよね。この曲はとにかくラップってカッコいいなって思ってもらいたいです」

カップリングには、高野寛が1990年にリリースした名曲「ベステンダンク」のカヴァ?を収録。OASYSとヴォコーダーを駆使し、原曲よりセンチメンタルな色合いが増したアレンジを施している。

「リリースされた当時から好きな曲だったんですけど、あらためて歌詞を読むと今の自分にフィットしていたんですよね。この曲はコードがすごく難しくて。アレンジの作業はかなり時間がかかったんですけど、それもまた勉強になったし、楽しかったです」

また、初回盤のDVDには『意味深3』より小室哲哉が参加した『OASYS』パートのライヴ映像を収録。こちらも、ぜひ見逃さないでほしい。最後に2011年、KREVAが何を見据えているかを語ってもらった。こんな言葉もまた、KREVAにしか吐けない。

「このシングルがいい感じのパッケージになったと思うので、ここから連発で作品を投げていきたいですね。そして、売れたい。みんな不況だって言いたがっている気がするから、俺は大きな声で“儲けたい”って言いたいですね。リスナーに届かないのは不況のせいじゃない、そいつのスキルがないだけだと思うから」

ライター 三宅正一(fixed)

■■KREVA / 挑め
■■発売日:2011年02月16日(水)/PONY CANYON
■初回盤【CD(紙ジャケット)+DVD(トールケース)】
¥2,900(tax in) / PCCA-04210
■通常盤【CDのみ】
¥1,050(tax in) / PCCA-04211

■■収録曲:
■CD(初回盤&通常盤共通)
M1:挑め
M2:ベステンダンク
(収録曲数は現状決定分です)

■初回盤特典DVD
OASYS in 意味深3@日本武道館
<関連リンク>
オフィシャルHP

-音楽

関連記事

ダイスケ 全国ツアーファイナル ZEPP TOKYOで熱狂!! 来年3月に渋谷公会堂ワンマンライブ開催も発表!!!

シンガーソングライター ダイスケの全国ツアー「ダイスケ LIVEツアー2014 “バンドでtsumugu旅”」最終公演が10月30日 ZEPP TOKYOで行われた。 このツアーは、4月から三カ月半か …

LOVE PSYCHEDELICO “変わらない 色褪せない”デリコワールドが、15周年ダイジェストムービーとして公開!本日より、ベストアルバムのiTunesプレオーダーもスタート!

15周年を迎えた男女ロックユニットLOVE PSYCHEDELICOのベストアルバムの発売が2月18日に決定しているが、過去15年間に発表したミュージックビデオのダイジェスト映像を本日(1/21)公開 …

次元を越えるエイベックスの大型新人「響木アオ」が渋谷のど真ん中でWデビュー記念ライブ開催!

先月23日(木)渋谷大型ビジョンでアイドルと作詞作曲家としてのエイベックスからWデビューを発表した響木アオ。発表からちょうど1ヶ月経った9月24日(月/祝)に渋谷ど真ん中での野外ライブ「響木アオWデビ …

桐嶋ノドカ、大反響のSia「Chandelier」カバー、スタジオライブ映像を公開!!

7月29日にミニアルバム「round voice」でデビューしたばかりの桐嶋ノドカが、Siaの「Chandelier」をカバーしたスタジオライブ映像をGYAO!に公開した。  もともと、桐嶋ノドカが昨 …

ビジュアルアーツ「Key」ブランド20周年記念  史上初の公式オーケストラ・コンサートを開催  2018年7月7日東京・9月24日大阪にて ~ファン待望、『Kanon』や『AIR』など7タイトルの楽曲を豪華アレンジで演奏~

株式会社ビジュアルアーツと株式会社アイムビレッジは、「Key」ブランドの設立20周年を祝うオーケストラ・コンサート「Key オーケストラ・コンサート2018 ~祝!20周年。最大の感謝と感動をあなたへ …

喜怒哀楽の感情を唄にのせて表現したRYO the SKYWALKERのMUSIC VIDEO公開!!

今年でメジャーデビュー15周年を迎える日本を代表するレゲエDJ RYO the SKYWALKERの新曲”喜怒哀楽 MEDLEY(Special Edit)”のMUSIC VI …