無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

EMI MARIA、初の主催イベントを実施!!絶品のカバーを披露も、実は「カバーして歌うのが申し訳なくて・・・」

音楽

EMI MARIAが、発売したばかりのミニアルバム「cross over」の世界観をライブで表現した初の主催イベント「Cross Over Session Vol.1」を、11月29日渋谷のduo MUSIC EXCHANGEで行った。

冒頭のブロックはEMI MARIAと人気ダンスチームVENOMよりAyaとMayu、そして長年の音楽パートナーであるDJ Nao the LAIZAでの編成で、「cross over」から人気のエレクトロ・ダンスナンバー「Mr.ALIEN」をはじめとしたダンサブルな曲を披露。「お客さんともっと近くなれる空間をつくりたくてこのイベントをやりました!」と、会場は一気にヒートアップ。

また、このイベントでは毎回ゲストを迎えることをテーマにしており、記念すべき第1回のゲストはかつて一緒に仕事をして以来友情を育んできたというCHiE(Foxxi misQ)。CHiEのステージ3曲を挟んで再度登場したEMIは、トークでもCHiEに仕切られっぱなしで、「なんだかCHiEちゃんがどんどん仕切ってくれてました〜。(このライブイベントに)またCHiEちゃんを呼びたいと思います!でもふたりで並ぶと緊張します…」なんていう発言も。

そして後半のパートはうって変わって、ギター、ベース、ドラム、キーボードのバンド編成でのステージ。今回のミニアルバムには初のバンドアレンジの楽曲も収録しており、「いつもしないようなことをしたくて、お客さんからのリクエストもあったので、バンドでレコーディングしました。昔の曲でも今の自分の気持ちとぴったりな曲があり、今回セルフカバーすることに」とのこと。本編の最後に披露した「Have you ever」では、「私は人見知りですぐに人と仲良くなるのが苦手なんだけど、メジャーデビューしてから沢山の人との出会いを通して感じることがたくさんあって、自分の中にあった壁が崩れた、すごく成長できた一年でした!」と今の率直な気持ちが語られ、その歌声を更に感動的に響かせていた。

 title=

アンコールでは、「cross over」にも収録され、EMI MARIAの本領発揮!と評判の、ホイットニー・ヒューストンのカバーで世界的に大ヒットした「The Greatest Love Of All」を披露。
「これまであまりカバーをやってこなかったのは、自分のものとして消化するのが苦手でなんだか歌うのが申し訳なくて・・・。でもこの曲は、自分にとってすごく意味がある曲だったんです。」と、先日PNG(パプアニューギニア)でのデビューが決まった際に、5歳で日本に移り住んで以来18年ぶりに父親の国であるPNGに帰ったことに触れ、「日本に住んでからは周りと違うから色々言われたりもしたし、PNGの血が混ざっている事に対して悩んだ時期もありました。認められたくて音楽を始めたので、音楽を通してPNGに帰れたことに凄く感謝したし、もっと強い人になりたいと思った。自分の心にあった悩みがすっとなくなるような気持ちでした。」と素直な気持ちを披露。また、「The Greatest Love Of All」の歌詞にも触れ、「ある村の小さい子供達と遊んでいた時に、曲中の“子供は未来”という歌詞の意味がわかった気がした。“自分に必要なヒーローのような人がまわりにいなかった”という部分も、私もそういう人が欲しかったと思っていた時期があったから、今回カバーするのにぴったりだと思い選びました。」と語り、改めて彼女の圧倒的なパフォーマンス能力を感じさせる伸びやかで情感溢れる歌声を聴かせた。

そして最後には再度CHiEを呼び込み、マーヴィン・ゲイとタミー・テレルのデュエットで有名な「Ain’t No Mountain High」を2人でカバー。会場のテンションが一気に上がったままライヴの幕は閉じ、ボリューム満点な内容、そしてこれまで聞かれなかったEMI MARIAの本音もたどたどしくはあるが沢山語られ、ファンとの距離が更に縮まったような、とても貴重なライヴとなった。ライヴ終了後のサイン会には遅くまでたくさんのファンが並び、EMI MARIAもファン一人ひとりとの交流を楽しんでいた。

いよいよPNGでのリリースも迫り、ますます目が話せないワン・アンド・オンリーな女性アーティストEMI MARIA。今後はこの絶品且つ迫力のボーカルを聴く場がもっと欲しいとの要望に応えてクラブツアーも予定しているということなので、ぜひ期待したい。

【イベント情報】
●「タワーレコード梅田NU茶屋町店」にて、EMI MARIA ミニライブ&サイン会開催決定!
日 時:2010年12月3日(金) 18:30集合/19:00スタート
場 所:タワーレコード梅田NU茶屋町店6Fイベントスペース
内 容:ミニライブ&サイン会
・参加方法
ご予約者優先でタワーレコード梅田NU茶屋町店/梅田大阪マルビル店/難波店/神戸店/京都店/大津店/姫路店/明石店/橿原店/北花田店/泉南店/西武高槻店にて、11月17日(水)発売(11月16日(火)入荷商品)のミニアルバム「cross over」をお買い上げの方に先着でイベント参加券を配布いたします。
本イベントに関する問い合わせ先:タワーレコード梅田NU茶屋町店06-6373-2951

【リリース情報】

 title=

11月17日リリース コンセプトミニアルバム 『cross over』 VICL-63685 ¥1,500(tax in)  
<収録曲>
1. Nobody Like You (新曲)
2. Mr.ALIEN (新曲)
3. Mirror (新曲)
4. cross over -Interlude-
5. Keep Going (「Between the Music」収録曲のセルフカバー(バンド編成) Lyrics, Music by EMI MARIA)
6. Missin’ (「Between the Music」収録セルフカバー(バンド編成) Lyrics, Music by EMI MARIA)
7. The Greatest Love Of All (ホイットニー・ヒューストンもカバーしたジョージ・ベンソンの名曲(バンド編成) )

レコチョク:http://recochoku.jp/emimaria/
iTunes: http://itunes.apple.com/jp/album/cross-over/id400824748
<関連リンク>
オフィシャルサイト
レーベルサイト

-音楽

関連記事

CNBLUE、リリースイベントで500人のファンへ感謝!

4月24日シングル「Blind Love」をリリースしたCNBLUEが、「Blind Love」リリース記念プレミアムイベントを行った。 CNBLUE、Blind Loveのロゴが青く光るステージに、 …

メジャー・デビュー25周年を記念して開催された“BUCK-TICK FEST 2012 ON PARADE”が待望の映像作品化決定!

今年デビュー25周年を迎え、9月19日(金)にはニューアルバム『夢見る宇宙』をリリースしたBUCK-TICK。アルバムリリース直後の9月22日・23日の2日間に千葉ポートパーク内 特設野外ステージにて …

大原櫻子 ニューシングル「泣きたいくらい」発売記念フリーライブを開催 5周年の今年はストリートライブをやります宣言も!

今週4月25日に資生堂SEA BREEZE CMソングとして現在絶賛オンエアー中のニューシングル「泣きたいくらい」が発売。その発売を記念して今年初めての発売記念フリーライブが東京・DiverCity …

ゴールデンボンバー ニューシングル「ローラの傷だらけ」発売決定!

2年連続で紅白出場、51週連続カラオケランキング1位、「女々しくて」がJASRAC賞 金賞受賞など、常に話題が尽きないヴィジュアル系エアーバンドのゴールデンボンバーが、8月20日(金)に、ニューシング …

空音(そらね)、空音×池田ルイのコラボによる「水仙」VR&MV公開!!

注目のラッパー・空音と、人気の漫画家・池田ルイによる 360°VR『「水仙」in VROOM powered by au 5G』が本日より au スマートパスプレミアムで公開。これに合わせて「水仙」ミ …

47都道府県単独ツアー」ファイナル会場でRoyzが衝撃的な発表!!最新ビジュアルは、なんとミュータントタートルズをモチーフとした!?カメの姿。その名も、「ロートルズ」。

9月22日のZepp Tokyoで行われたRoyzのライブに足を運んだ人たちは、ひと足先に”この恰好での最新情報”の発表を観て腰を抜かしているに違いない。正直、ニュース記事を受 …