無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

スガ シカオ 世界配信デビュー!! 2度目のロンドン公演を大盛況にて終了!!

音楽

日本時間の11月14日(日)、London O2 Academy Islington(ロンドン・オーツーアカデミー・イズリントン)にて、スガ シカオがライブハウス・ツアー「Suga Shikao JAPAN-UK circuit 2010」の初日となるロンドン公演を実施した。

前ロンドン公演直後、スガのパフォーマンスに酔いしれたロンドンオーディエンスから掛けられた「ファンタスティック!!なライブだった・・・」という賛辞がタイトルにも由来するアルバム「FUNKASTiC」(2010年5月発売)では、同作を含め発売した全てのアルバム作品が13作連続でアルバムチャートTOP10入りを果たし、故・尾崎豊さん(享年26)が1996年10月14日付『愛すべきものすべてに−YUTAKA OZAKI BEST』(発売日:1996年9月発売)で打ち立てた「1stからのアルバム連続TOP10入り」の男性ソロ・アーティスト(グループからのソロを除く)記録である12作連続を13年7ヵ月ぶりに塗り替え、男性ソロ・アーティスト歴代1位に輝いた。

同アルバムを引っ提げて挑んだ全国ホールツアーを大成功に収め、今回はロンドン公演を含む東京、大阪での「Japan-UKサーキット」ツアーとなる。ロンドン公演は09年に続く自身2度目の公演となるが、ロンドンのオーディエンス達を魅了した前回の公演が好評を博しアンコールを受けての今公演となった。

会場は、映画館やCD SHOP、レストラン、ファッションが融合したショッピングモールの中にあるLondon O2 Academy Islingtonというライブハウス。開演前から入場を待つ長蛇の列が出来き、会場周辺は日本での公演と同等の賑わいとなり、キャパシティ800人のホールは在英のファンをはじめ、日本から駆け付けたファン達で満員状態となった。ホールの客電が落ち、オープニングのリズムトラックのループ音が響き出すと、歓声が沸き起こる中、白いTシャツに黒のベスト、そして黒いアコースティックギターを抱えスガ シカオが颯爽と登場。リズムトラックのループに合わせ会場にはオーディエンスの手拍子とスガ シカオの歌声が鳴り響き、いよいよロンドン公演がスタートした!前半戦ではお馴染のバンド・メンバーとともに、新・旧アルバムからグルーヴ感溢れるファンクナンバーをMC無しで立て続けに披露し、除々に会場をヒートアップさせていった。

そして、今回注目すべきは、前公演では、イギリスのファンに日本でのスガ シカオのライブをありのままに届けようというコンセプトのもと、英語でのMCや歌詞の英語訳など演出を一切せずトライしたが、今公演では、日本語が全く分からないオーディエンス達に、スガ シカオの楽曲の世界感を少しでも理解してもらおうと、本人のアイディアでステージ両サイドにLEDディスプレイを設置。『黄金の月』や『午後のパレード』といった主要楽曲のキーワードとなる歌詞を英訳しロールテロップで表示してみせた。(『午後のパレード』では、「世界中のクエスチョン・マーク 賑やかな夏の午後のパレード」を「Question marks around the world. A noisy postmeridian parade in summer」と表示)また今回はMCについても全て英語で披露し、音楽だけではなく言葉でのコミュニケーションも意識したライブとなった。

ライブ中盤では、ベース、ドラムとスガ シカオというよりグルーヴ感を強調した3ピース編成での演奏で演出面でも新しい試みを取り入れ、後半戦では、ライブツアーでお馴染の彼の真骨頂とも言えるファンキーチューンでたたみかけ、会場を一気にヒートアップさせた!ステージとオーディエンスがまさに一体となったライブ会場は、ラストの1曲を終えステージを去っても、拍手・足踏みという海外スタイルでのアンコールが会場中に鳴り響き、再び登場しアンコ−ルを披露したスガ シカオとバンド・メンバーには大歓声が送られた。前回から確実にパワーアップしたライブであったことは間違いない。

今回のロンドン公演に先駆け、オリジナル・アルバム「PARADE」「FUNKAHOLiC」「FUNKASTiC」3作品の楽曲配信もイギリス、アメリカでスタートした。(iTunes、amazonの2サイト)。遠く海を離れた異国の地でも、音楽という世界共通語で2度目のロンドン公演を大成功させたスガ シカオ。独自の歌世界と唯一無二の歌声を武器とする彼の楽曲と、グルーヴ感溢れるファンキーなライブ・パフォーマンスが全世界で支持される日は近いかもしれない!!「Suga Shikao JAPAN-UK circuit 2010」は11月25日(土)大阪でファイナルを迎える。

【ツアー詳細】
■Suga Shikao JAPAN-UK circuit 2010
◇日程:2010年11月14日(日)
会場:日本国外 O2 Academy Islington(LONDON)
時間:開場19:00 / 開演20:00  ※イギリス時間
◇日程:2010年11月22日(月)
時間:開場 18:00 / 開演 19:00
会場:Zepp Tokyo
◇日程:2010年11月25日(木)
時間:開場 18:00 / 開演 19:00
会場:Zepp Osaka

【他イベント出演情報】
■「BEAT CONNECTION 2010」
日程:2010年11月20日(土)、21日(日)
時間:開場 11:00 / 開演 12:30 / 終演予定 21:00
会場:横浜アリーナ
*スガ シカオの出演は20(土)となります。

■「rockin’on presents COUNTDOWN JAPAN 10/11」
日程:2010年12月28日(火)・29日(水)・30日(木)・31日(金)
※スガ シカオの出演は29日(水)となります。
会場:幕張メッセ国際展示場1〜8ホール、イベントホール
(問)COUNTDOWN JAPAN10/11事務局0180-993-634
公式サイト:http://countdownjapan.jp/

【レギュラー番組概要】
【タイトル:シカオノヨウガク】
【チャンネル:フジテレビONE・TWO・NEXT】
【放送日:フジテレビTWOほか随時放送】
※月1回のレギュラー放送です。リピート放送あり。
【番組内容】
洋楽フリークのスガ シカオがおくる洋楽エンタメ番組がスタート!来日アーティストのライブやインタビューを中心に、スガシカオの明るくディープなトークで洋楽好きをうならせ、洋楽初心者を虜にしていく番組がフジテレビONE/TWO/NEXTにお目見えする。番組では、毎回2〜3組の来日アーティストのライブやインタビューを紹介。大物アーティストの圧巻パフォーマンスから要チェックの新人アーティストまで幅広く網羅する。時にはスガ自らリポートすることも!? 「シカオノヨウガク」ならではのスペシャル企画コーナーもお楽しみに!
<11月ラインアップ>
MAROON 5、 Klaxons、 MELEE他、ゲスト:増子直純(怒髪天)
フジテレビワンツーネクスト「シカオノヨウガク」 http://www.fujitv.co.jp/otn/b_hp/910200037.html
<関連リンク>
Ariola Japan Official Web Site
OFFICE AUGUSTA  Official Web Site

-音楽

関連記事

若干19歳新人アーティストRIRI熱唱! 映画『ライオン・キング』日本語版オフィシャルソング「サークル・オブ・ライフ」先行配信スタート

ついに8月9日(金)日本公開となるディズニー最新作の超実写版『ライオン・キング』。19歳の新人女性アーティスト<RIRI>による日本語版オフィシャルソングの「サークル・オブ・ライフ」が、サ …

倖田來未、出産後初の待望のシングル「Go to the top」発売決定!

倖田來未が出産後初となる待望のニューシングル「Go to the top」を10月24日にリリースすることがわかった。表題曲でもある「Go to the top」は攻めのサウンドが満載の痛快作。倖田來 …

Suck a Stew Dryラジコンヘリ使用の空撮PV公開。ANNRも

Suck a Stew Dryが3月11日にリリースする新作「モラトリアムスパイラル」より、タイトル曲のビデオクリップがYouTubeで公開された。http://youtu.be/Jorq82btn4 …

奥華子、ツアーファイナルでリアルな失恋話をまさかの大告白?!10月に初のベスト盤発売へ

“失恋ソングの女王”と名高いキーボード弾き語りシンガーソングライター奥華子が、今年2月に発売した最新アルバム『good-bye』を引 提げ、2012年3月からスタートした5度目の全国ツアー“奥華子 C …

あゆみくりかまき、年内ラストワンマンで「完全“人間”宣言」!そして3月にアルバム発売決定!

関西出身のアイドルパンクDJユニット・あゆみくりかまきが、<熊仙人>から約束の日本武道館でのワンマン公演を2017年中に発表できるかどうかを占う発表の場として用意された年内最後のワンマンラ …

THE BAWDIES スペシャレギュラー番組「THE BAWDIES A GO-GO!!」終了と同時にDVDリリース&2014年特番が決定!!!

今月5日にメンバー渾身のカバーアルバム『GOING BACK HOME』をリリースした、THE BAWDIES。業界内外でもその選曲&カバーアレンジのセンスが高い評価を受けている当作品。リード曲「SH …