無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

新進気鋭の20歳のバンドネオン奏者、三浦一馬の姿にせまる!トップランナーに出演!

音楽

2008年、バンドネオンのコンクールで最難関とされるイタリア「国際ピアソラコンクール」で弱冠18歳の若さで準優勝した三浦一馬が、この11日(土)NHK総合トップランナーに出演する。

日本ではまだあまり馴染みの少ないバンドネオンの世界で、若くしてトップ奏者にまで上り詰めることになった三浦一馬。そのあどけない表情の裏には驚くべき行動力が隠されていた。10歳で「テレビのN響アワーでバンドネオンを見て痺れてしまった。」と語る彼は、日本を代表するバンドネオン奏者、小松亮太氏に憧れ、小松氏のCD発売イベントのサイン会に並び弟子入りを志願。小松氏に師事しながら、数多くのコンサートにゲスト出演、小松亮太ユニットのメンバーとして、TV朝日系「題名のない音楽会21」に出演するなどその実力をめきめきと伸ばしてきた。

2006年、世界的ピアニストのマルタ・アルゲリッチが主催、別府で開催されたアルゲリッチ音楽祭にて、世界最高峰と名高いアルゼンチン出身のバンドネオン奏者、ネストル・マルコーニ氏との出会いは彼に大きな転機をもたらす。マルコーニ氏に何とか直接会いたいと思った彼は、打ち上げ会場の寿司屋に潜入し自らアピール。その後、夏休みには自作CDの売り上げで渡航費を捻出し、単身アルゼンチンに渡り、マルコーニ氏に直接指導を受けたという。マルコーニ氏から「驚くべき才能、演奏技術、感受性、情熱・・・彼には音楽家としての輝かしい未来が約束されている。」と絶賛されるまでに至った彼は、本場アルゼンチンでのコンサートデビューも果たし、またそのコンサートは、ブエノスアイレスRC・OLIVOSより表彰された。

「思い立ったらすぐ行動」という信念をもとに、自らの夢を形にしてきた三浦一馬だが、作曲・編曲も行い、最近は、Gotan Projectのフィリップ・コーエン・ソラル氏、松下奈緒氏との共演など、タンゴだけにとどまらないバンドネオンの可能性を追求している。現在、世界中から注目される20歳の若きアーティストの今後の活躍からも目が離せない。

新進気鋭の20歳のバンドネオン奏者、三浦一馬の姿にせまる!トップランナーに出演!

【商品情報】
三浦一馬 デビューアルバム
TANGO SUITE 「タンゴ・スイート」 発売中 
VICL-60689 3,000(tax in)

1. 想いの届く日
2. さよならのワイン
3. タンゴ組曲第一楽章 デチーゾ
4. タンゴ組曲第二楽章 アンダンテ
5. タンゴ組曲第三楽章 アレグロ
6. コラレーラ
7. 夏が来るとき
8. 忘却
9. ピアソラ・セレクション
10. カルメン幻想曲
11. タンティ・アンニ・プリマ
<関連リンク>
オフィシャル・サイト

-音楽

関連記事

マルチな才能を見せるSuGのフロントマン・武瑠。2.5DとのコラボレーションでMIKIO SAKABE、感傷ベクトルらと異業種トークバトルを開催!

ミュージシャンとしての活動に留まらず、ファッション、小説家、映像作家、など他ジャンルで活躍するSuGのフロントマン・武瑠。一体武瑠とは何者?それを暴くべく、一夜にして武瑠を丸裸にするイベントの開催が決 …

小室哲哉、ラジオレギュラー2番組同時スタート!

小室哲哉が10月からラジオレギュラー2番組を同時スタートさせる。ひとつは今年3月まで月1回でオンエアされていたJFN「RADIO SESSIONS 小室哲哉 Digitalian」が10月1日からは毎 …

さよならポニーテール、新曲MVはなんと実写 写真集「スクールガール・コンプレックス」の青山裕企が監督

MySpace、そしてTwitterといったソーシャル・メディア上のみの活動ながら、魅力的な絵柄のキャラクターと、この時代に新鮮に響く普遍的なサウンドで、感度の高いユーザーたちの間で既に話題となってい …

KEN THE 390主催の日本語ラップイベント「超ライブへの道」初の三都市ツアーフィナーレが超満員で終了!!

KEN THE 390が主催する日本語ラップイベント「超ライブへの道」初の東名阪の三都市ツアーのフィナーレである東京公演が、10月9日(日)に渋谷club asiaで行われ、三都市全会場チケットSOL …

大沢伸一ニューアルバム「SO2」収録全曲の着うた(R)イントロVer.を無料ダウンロードプレゼント!

日本が世界に誇るトップDJ/サウンドクリエイター大沢伸一の、約3年振りとなる、SHINICHI OSAWA名義のニューアルバム「SO2」が完成した。6/16のデジタルリリース、6/30のパッケージ(C …

谷村新司ソロ・リサイタルの2016年と2017年がBlu-ray/DVDで登場。Kalafinaと三浦祐太朗がゲスト参加した楽曲も収録

日本の伝統芸能の殿堂である国立劇場のステージに、ポップスのアーティストとして唯一立つことが認められている谷村新司が、2013年より毎年開催しているソロ・リサイタル、「THE SINGER」。その第4回 …