無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

KREVA、本人からのメッセージ、ミニアルバムオフィシャル原稿、カルチャー文化誌「パピルス」表紙、意味深3公演情報到着!

音楽

8月後半に急病のため、イベント出演をキャンセルしたKREVA。その症状と回復具合が気になる方も多いと思います。そんなKREVAからメッセージが到着。

「腰痛から 「ロックのほそ道」「THE LIVE」2つのイベントライブとレギュラーのラジオ番組の出演をキャンセルしてしまい 楽しみにしてくれていた皆さん、ライブ出演者の皆さん、そして 関係者の皆さんご迷惑をおかけしたことをお詫びします。今は、8割5分の回復度ですが、今日から少しづつ仕事復帰していきますので これからもよろしくお願いします。」

早く元気な姿で会いたいですね。

KREVA、本人からのメッセージ、ミニアルバムオフィシャル原稿、カルチャー文化誌「パピルス」表紙、意

そんなKREVAの最新作は9月15日(水)リリースのミニアルバム「OASYS」。「日々の生活に閉塞感があるのなら 「OASYS」にはそれを突き破るヒントがある かも」 とKREVAが語る今作のオフィシャル原稿そして、KREVA初となるカルチャー文芸誌、「パピルス」の表紙+巻頭特集のご案内、さらに 復帰ライブとなる 10月開催の「意味深3 日本武道館公演の詳細をお届けします。

(オフィシャル原稿)
 自らの音楽性の核心として長らく標榜してきた“ビートの利いたセンチメンタル”をシンボリックなまでに極めた、自他ともに認める最高傑作『心臓』から1年。いよいよ、KREVAが新作をリリースする。それも、初のミニ・アルバムだ。全8曲、『OASYS』というタイトルが冠されたこの作品は、KREVAが“『心臓』以降”に提示する音楽的アプローチへの幕開きとして存在する。まずはKREVA自身が1年経った今『心臓』をどう捉え、そこからどのようにこの『OASYS』というネクスト・フェイズへ着手していったかを追っていこう。

「『心臓』のようなアルバムは、この先そうそう出てこないと思う。それぐらいやり切った実感があるし、基本的に過去を振り返らない性格だけど、『心臓』はある日、ふと思い立って聴いても“やっぱり間違ってなかった”って思える普遍的なアルバムができたと思いますね。ただ、時流的な側面から見ると、サウンドの質感、ラヴソングと大きな愛を描くようなあの世界観は、2009年だからこそリリースできたとものだとも思っていて。というのは、ちょっといまリスナーはラヴソングに対してお腹いっぱいになっているところがあると思うから。『心臓』の曲はそういうものとは明らかに違う性質のラヴソングだという自負があるけど、世間にあふれているのはどれも同じような切り口のラヴソングばかりで。そのことに誰もが気づいているし、“もういいよ”ってなっていると思うから、そことは明らかに一線を画したいという気持ちがありますね」

 この1年、『心臓』を携え4つのラウンドに分けた全国ツアーを展開し、その後は将絢(Romancrew)のソロ・アルバム『offutaride』、そして『OASYS』よりひと足先の9月8日にリリースされるSONOMIのニュー・アルバム『S.O.N.O.M』のプロデュースを手がけた。それと並行して、これまでどおりひとつのライフワークとしてトラック制作を続けるなかで、『OASYS』に収録されている楽曲は生まれていったという。それらのサウンド面で共鳴するひとつのキーワードが、シンセサイザーだった。『OASYS』というタイトルも、KREVAが現在使用しているKORG製の同名機種のシンセに由来している。

「『心臓』以降は、トラックの手法としてサンプリングじゃないなとは思っていて。『心臓』でそれまでずっと取っておいたサンプリングのネタを一気に放出したというのもあるんですけど、だんだんシンセの“鳴らし方”がわかってきて、これまでより踏み込んで向き合えるようになった。最近のシンセはかなり親切にできていて、俺みたいに楽器ができない人にも優しい機能性に富んでいるんですよ。ただ、その機能を有効活用するのが意外と難しくて。たとえばボタンを押すと自動で料理をつくれる機能があったとして、それがジャストフィットで“自分の味”になるかといったら微妙なところで。でも、ここをこうすれば醤油の量を変えられるみたいな、自分好みのコントロールができるようになってきたんです。あと、あらためて自分に備わっている能力で大きいと思ったのは、コードを追っていけば自然とメロディが聴こえてくることで。いままではサンプリングから導かれることが多かったんですけど、最近は自分でシンセを弾くことで浮かんだメロディに肉づけすることができる。サンプリングというコラージュで描いてきた絵を自分の手で描いてみるのもいいかな、という感じですね」

 『OASYS』という世界ヘの道先案内人となるオープニング・ナンバー「道なき道」。鋭く跳ねるビートとセンチメンタルな音色を帯びたピアノ&シンセが織りなす絶妙なコントラストに、メロディアスな調べをなぞっていくフロウとフックが映える「かも」。シリアスに浮遊するサウンドスケープが印象的なトラックにSONOMIを迎えた「たられば feat SONOMI」。人懐っこいエレクトロ感と叙情的なメロウネスが融合する「最終回」。2002年に解散するまでスカコアからテクノまで幅広い音楽性を行き来したパンク・バンド、YOUNG PUNCH。彼らの後期の名曲とヴォコーダーを通して交信するようにカヴァ?した「エレクトロ・アース・トラック」。スペイシーな音像に胸を締めつけるようなフレーズが紡がれていく、インストのミニマル・シンセ「Oasys」。森林に佇むような清涼感に満ちたトラックとタイトなライムが、心地好くも刺激的に交錯する「Changing Same」。そして、ふたたび入り口へと踵を返す「Reprise〜道なき道〜」。この8曲から体感できる、『心臓』で一度極まったKREVAの“ビートの利いたセンチメンタル”が、また新たな響き方を希求しはじめたということ。そして、さらに特筆したいのは、「フック部分はほとんどメロディと一緒に出てきた」というリリックの切り口だ。全体に貫かれているのは、自らの生き方や主義主張、さらなる高みへ駆け上がろうとする意志を提示することが、そのままリスナーへのメッセージとなるKREVAの“哲学”である。

「自然とそうなっていったんですけど、『心臓』でとことん自分=Iの愛を語ったので。今回はあなた=YOUに向けて“オアシスとは何か?”を問いかけているというか。“これが俺の哲学だけど、君はどう?”みたいな。タイトルの綴りが『OASIS』ではなくて『OASYS』なのは、シンセの機種名だけではなくそういう意味も込めていて。時代に対する閉塞感は誰もが感じているはずだけど、それを打開しようとしている人はあまりいないように思うから。たとえば、いまはネットを使えば何から何まですぐに調べられるような時代で。その代わり必要のない情報も取り込んでしまって、情報デブになって、自分のなかで消化できない人もいっぱいいる。そういうことも閉塞感につながっていると思っていて。やっぱり俺は、あらゆる閉塞感を自分のやり方で突破したいから。だから、曲のなかで自分の哲学を確認しながら、自分自身にも問いかけているような感覚もあるんです」

 ついに始動した、KREVAのネクスト・フェイズ。やはりこの男が創造する音楽を追いかけることに、間違いはない。(三宅正一)

そして、現在発売中のカルチャー文芸誌「パピルス」にて、表紙+巻頭21ページのKREVA特集をしています。2人のKREVAが対峙する驚きのグラビアは必見です。ロングインタビューでは、常に新しいことにチャレンジし続けるワーカホリックなKREVAのモチベーションがどこから湧いてくるのか、いかに立ち止まることなく挑戦をし続けてきたのか、その胸の内をたっぷりお話しています。そして豊かなメッセージにあふれているリリック特集、日常から大舞台まで「立ち止まらないための15の“正解”」など盛りだくさん。「OASYS」リリースまで待てない KREVA不足のみなさん、そして KREVAにまだ触れていない皆さんも是非 チェックしてください!あなたのKREVA観が変わるかも。

さらに日本武道館2 DAYS公演が緊急決定しました。
2007年6月に行われた「意味深」シリーズの第三弾!日本武道館に再びKREVAが「意味深3」で登場します。チャンレジ精神を忘れないKREVA。一体どんなことをやってくれるのか!?常に新しいことにも挑戦、昇華しながら、初心を忘れずに着実にステップアップしていくのがKREVAライブの魅力ですが、その「驚きのパフォーマンス」をいつも以上に楽しめるのがライブ「意味深」シリーズ。第一弾では「マジック&ダンス、生打ち込みなどの初披露」を、「意味深2」(2009.4.大阪城ホール&横浜アリーナ2DAYS)では、キーボード奏者で構成されたバンド=“CRAZY鍵盤BAND“を結成し、ドラム、ギター、ベース、キーボードをキーボードだけで表現する新たな試みを奏でました。次なる第三弾の「意味深3」では一体何を魅せてくれるのか?期待は膨らむばかりです。是非、伝説のライブを体感しましょう!

■ライブ情報■

■「KREVA CONCERT 2010『意味深3』」
■日時:10月13日(水), 14日(木) Open 18:00 / Start 19:00
■会場:日本武道館
■料金:S指定席/6,000  A指定席/5,000 全て税込み
■一般発売日:2010年9月18日(土)
お問合せ: ディスクガレージ 03-5436-9600

KREVA、本人からのメッセージ、ミニアルバムオフィシャル原稿、カルチャー文化誌「パピルス」表紙、意

■KREVA / OASYS
■発売日:2010年09月15日(水)/PONY CANYON
■品番:PCCA.03298
■価格:¥1,850[tax in]
■収録曲:
1:道なき道
2:かも
3:たられば feat SONOMI
4:最終回
5:エレクトロ・アース・トラックス
6:Oasys
7:Changing Same
8: Reprise 〜道なき道〜
<関連リンク>
KREVAオフィシャルHP

-音楽

関連記事

フェアリーズ New Single リリース & 東名阪ツアー 決定!

フェアリーズが11月18日に12th Single「Mr.Platnic」リリース、そして 東京 大阪 名古屋にて開催される、「フェアリーズ LIVE TOUR 2015」の発表を明らかにした。 Ne …

山下達郎、4月からのNHKドラマ10「第二楽章」の主題歌を担当。

山下達郎が4月16日(火)よりスタートするNHKドラマ10「第二楽章」の主題歌を担当いたします。このドラマのために書き下ろされた新曲のタイトルは『コンポジション』。山下がNHKドラマ主題歌を担当するの …

小野恵令奈、ソロデビュー1周年記念DVD作品!待望の映像作品第2弾 9月25日発売決定!

今年6月13日に、昨年のソロデビューから記念すべき1周年を迎え、6月19日には待望のファーストアルバム「ERENA」をリリースするなど、勢いに乗る小野恵令奈。 この度、デビュー1周年を記念しての映像作 …

話題沸騰中のLinked Horizon「自由への進撃」が3週連続TOP10入り!10月に新譜発売&さいたまスーパーアリーナ決定!

現在話題沸騰中の「進撃の巨人」オープニングテーマが収録されたLinked Horizon「自由への進撃」(7月10日発売)が、8月5日付オリコン週間チャートで10位にランクイン、3週連続TOP10入り …

ボーイズIIメンが快挙!“ウォーク・オブ・フェイム”の殿堂入り!!

今年でデビュー20周年を迎えるベテラン・コーラス・グループ、ボーイズIIメンが、2012年度のハリウッドの“ウォーク・オブ・フェイム”の殿堂入りを果たすことが決定した。歴代ハリウッド・スターたちと共に …

ストーン・テンプル・パイロッツが新ヴォーカリストを発表! 新たなヴォーカリストを迎えた新曲「メドウ(原題: Meadow)」が配信スタートに! アルバムは2018年春に発売予定!

92年にアルバム『コア』でデビューを飾り、一躍世界的なロック・バンドとしてシーンを席巻した、ロック・シーンにおいて多大なる影響力と特異なる独自性を伴う存在感を持つグラミー賞受賞アーティスト/バンド、ス …