無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

CHEMISTRY、期間限定 新ユニット初ミュージックビデオで6人でのダンスを披露!ヒロイン役に、女優・本仮屋ユイカが出演!

音楽

6月4日に行われた全国ツアー ファイナル公演(東京国際フォーラムホールA)で、デビュー10周年イヤー始動宣言の一環として、期間限定の新ユニット「CHEMISTRY+Synergy」(読み:ケミストリー・プラス・シナジー)の結成を発表したCHEMISTRY。

新ユニットでの第一弾シングルが8月18日に発売されることも同時に発表されていたが、この度そのシングル「Shawty」(読み:ショーティ)のミュージックビデオが完成!

CHEMISTRY+Synergyとして初めて撮影されたミュージックビデオは、先に行われた全国ツアーでも各地のファンを沸かせたダンスがふんだんにもりこまれた内容となっており、CHEMISTRYの二人も華麗なダンスを披露。本格的にダンスを習い始めてからわずか半年あまりながら、若き実力派ダンサーDee、Chihiro、Rui、keitoからなるダンスユニットSynergyの面々とともに6人で息のあったダンスを見せている。

そして、楽曲のテーマであり、タイトルにもなっている「Shawty」とは、アメリカ英語のスラングで、「小さな可愛い女の子」を意味する言葉。今回、ミュージックビデオの中で、その「Shawty」の役どころとなるヒロインとして、NHK朝の連続ドラマのヒロインをはじめ、数多くのドラマ・映画・CMで活躍する女優の本仮屋ユイカが出演した。

6月24日に都内のスタジオで行われた撮影では、夏らしいショートパンツ姿や、清楚な白がまぶしいワンピース姿を披露。可憐な中に秘めた小悪魔の魅力でCHEMISTRY+Synergyを惹きつける「Shawty」を演じてミュージックビデオを大いに華やがせた。

撮影終了後にはCHEMISTRYの二人から渡された花束に感激。CHEMISTRY+Synergyと一緒に記念写真を撮ると、「自分もアーティストになってみたいで嬉しかった」と喜びのコメント。

なお、今回のミュージックビデオは、シングルの初回盤特典DVDにも収録されている。見逃せない。

【「Shawty」ミュージックビデオ詳細】
撮影日:2010年6月24日
撮影地:都内スタジオ
監督:UGICHIN(監督作品:AI「FAKE feat.安室奈美恵」、RIZE with 隼人「LAUGHT IT OUT」、安室奈美恵「GIRL TALK」ほか多数)

【COMMENT;本仮屋ユイカ】
★ミュージックビデオに出演した感想
音楽に合わせて演技はしたことありますが、歌っている人と一緒に演技は初めてだったので、楽しかったです。

★CHEMISTRY+Synergyの印象
事前にスタッフのかたから、すごくかっこいいと聞いていました。実際に会ってみて、皆さんすごくピュアで優しくて、人見知りせずすぐに仲良くしてくださって嬉しかったです。

★踊るCHEMISTRYについて
素敵だと思います。自分たちの曲を身体で表現する、こういう表現があるのだなと、少しびっくりしました。CHEMISTRYさんが踊るというイメージが今までなかったので、ものすごくレアなものを見てしまったなと感じました。

★ミュージックビデオの見どころ
今回、衣装を2パターン着ていて、ショートパンツを履いているシーンでは、自分の中で小悪魔という女の子をイメージして演技しました。白いワンピースを着ているシーンでは、すごくピュアな、小悪魔な女の子が本来持っている、女の子っぽさや子供っぽさといった素直な感じを表現したので、その二面性があらわれていたらいいなと思います。それから、歌っているCHEMISTRYの、その後ろで私もその歌のシチュエーションに合わせて演技しているというのが一番の見どころです

★楽曲「Shawty」に対する感想
二人が歌っているのに合わせて演技しているときに、自分なりに歌を聴きながら毎回ドラマを考えていたのですが、同じ歌詞なのに毎回違った過程や結末が浮かんで、ひとつの曲の中で何回も恋愛を感じていました。男性が女性に対してこんなに愛しく想ってくれているのにちょっとドキッとしながら演技できました。

【COMMENT;CHEMISTRY+Synergy】
★撮影の感想
「初めて6人で臨んだミュージックビデオですが、この6人でしか見せられない曲と歌とダンスが詰まったビデオに仕上がったと思います」(堂珍)
「今回このチーム(CHEMISTRY+Synergy)での初めての撮影なので、今までやったことのないことばかりでしたが、やりがいを感じました。ダンスシーンに注目してほしいです」(川畑)
「もともと、今もそうですが、ずっとCHEMISTRYのファンだったので、こうしてCHEMISTRYと同じ場所にいて、一緒にPVを作れたということが、感無量です」(keito(Synergy))

★本仮屋ユイカさんにご出演いただいた感想
「本仮屋さんのワンショット撮影も拝見していましたが、すごく可愛らしくて感激しました。まさに「Shawty」という役柄にぴったりな本仮屋さんに出演していただけて、本当に嬉しいです」(川畑)

■リリース情報
CHEMISTRY+Synergy
第一弾シングル
「Shawty」
2010年8月18日リリース
初回生産限定盤[CD+DVD]DFCL1671-2/1500(税込)

CHEMISTRY、期間限定 新ユニット初ミュージックビデオで6人でのダンスを披露!ヒロイン役に、女

通常盤[CD]DFCL1673/1050(税込)
*着うたR配信中!

【Synergy:プロフィール】
■Dee(22)
若くして10年を越えるダンス歴であり、数々のダンスバトル、コンテストでの優勝歴をもつ。アンダーグラウンド界では今やその名を知らぬものはいないほどに有名な実力派ダンサー。また、ダンサーの間で彼のファッションを真似る者も増えており、ダンス界のファッションリーダー的な役割も担う。

■Chihiro(21歳)
21歳という若さながら、数々のダンスバトル、コンテストでの優勝歴をもち、アンダーグラウンドのストリートダンス界で全国区で活躍。その独特な完成のダンスは、見る者を弾き込む不思議なオーラを持つ。表現の幅が大きく物怖じしないのが最大の武器であり、魅力。

■Rui(23歳)
感情表現をダンスに取り入れることを自然とこなす「天才型ダンサー」と呼ばれる。JAZZをベースとしたスタイルで大学在学中はコンテストも総なめした。甘いマスクの裏に隠されたストイックさのギャップや、日本人離れした潜在能力の高さで、ダンサーの間で一目置かれる存在。

■keito(26歳)
Jazzベーシストである父親の影響を受け、幼少時よりJazzやMotownなどの洋楽POPSを聴いて育つ。9歳よりバイオリン、13歳よりクラシックピアノを始める。HIPHOP、JAZZ共に9年のキャリアがあり、2003年よりボイストレーニングも始める。
<関連リンク>
オフィシャルサイト
10周年イヤー特設サイト

-音楽

関連記事

日本映画界の巨匠 青山真治監督がプロデュースした蘭華メジャーデビュー曲「ねがいうた」MV遂にフルバージョン解禁!

究極の癒し系シンガーソングライター蘭華のメジャーデビュー曲「ねがいうた」が好調だ。7月度の有線お問い合わせランキング(J-POP)10位に続き、8月度のお問い合わせランキング(歌謡・演歌)でも10位に …

日本が大好き! HONNE、最新アルバムを引っ提げてのアジア各地で大盛況のツアーが遂に日本に!セットリストのプレイリストも公開中!

都会系ナイト・ミュージックの天才!ロンドン発の不思議エレクトロ・デュオ、ホンネ。 彼らの2枚目となるニュー・アルバム『ラヴ・ミー / ラヴ・ミー・ノット』を引っ提げたアジアツアーが2月のタイ公演を皮切 …

androp、最新アルバム『androp』で初の台湾リリースが決定!&「Yeah! Yeah! Yeah!」の中国語字幕MVが公開!

androp初の台湾リリースが決定した。日本では今月5日に発売され、オリコン・ウィークリーチャートで初登場8位となった最新アルバム『androp』が、現地からの熱望を受け、本日ワーナー台湾よりリリース …

ZARD・坂井泉水のオフィシャルドキュメントブック  『永遠 ~君と僕との間に~』発売決定!

「負けないで」「揺れる想い」などの大ヒット曲で知られ、2007年に人気絶頂で亡くなった、今なお圧等的な人気を誇るZARDのボーカリスト、坂井泉水のドキュメントブック。 残された膨大な写真の中から厳選さ …

2000年生まれのMega Shinnosuke×2003年生まれの映像作家マルルーン ハプニングから生まれた疾走感溢れる映像が完成!

2000年生まれのクリエイターMega Shinnosukeの最新楽曲「明日もこの世は回るから」のMusic Videoが公開となった。   「明日もこの世は回るから」 Music Vide …

”9個の世界記録を持つ男”ダディー・ヤンキー初のグレイテスト・ヒッツが8/2発売!

2004年リリースのシングル「ガソリーナ」で世界的に“レゲトン・ブーム”を巻き起こした“キング・オブ・レゲトン”ダディー・ヤンキー初のグレイテスト・ヒッツ・アルバム『コン・カルマ~グレイテスト・ヒッツ …