無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

ラムジ、ワンマンライブにて東方神起提供楽曲をセルフカバー!

音楽

2010年3月26日、クラブチッタ川崎にてラムジワンマンライブ「カワサキノサキ」が行われた。2009年より、デビュー4年目にして新たな自分達の表現を求め川崎にてストリートライブを開始したラムジ。そのストリート活動の集大成ともいえるライブがこの日のワンマンライブであった。そんなこともあり、開演前からロビーにはストリートライブで常に掲げてきたロゴフラッグや、ライブ中に折れてしまったギターなど、これまでの活動にまつわるものが展示され、まるで「記念館」のような趣。メンバーのこれまでの足跡を遡る思いで、写真を撮るファンも多数見受けられた。

そんなある種「お祭りムード」の中、オープニングはストリートライブが始まるまでのドキュメンタリーのような映像からスタート。「そろそろ始めますよ」というメンバー山下の台詞から1曲目の「ラムレンジャー」で幕を開いた。前半はストリートライブと同じ、ヴォーカル:山下、ギター:井上の2人だけでのアコースティックスタイルで進行。しっとり聴かせるバラードから会場中が手拍子で包まれるようなアッパーな曲まで、とても2人とは思えない表現力でぐいぐいとオーディエンスを引き付けていく。5曲演奏した所で、一昨年から数曲の詞曲を提供してる東方神起との縁の話を披露。続けて作詞をし、セルフカバーもしている名曲「どうして君を好きになってしまったんだろう?」がアコースティックスタイルで演奏されると、客席の集中力がグッと高まったようだった。この日はここ最近の東方神起への楽曲提供で、ラムジを知った来場者も多数いたようで、ラムジ色に染められた「どうして〜」はそんなオーディエンスに染みこむ様に鳴り響いていた。ここでサポートのドラム、ベースを迎え、同じく東方神起のセルフカバー「Stand by U」、「With All My Heart」の2曲を演奏。実はここ最近の東方神起への楽曲提供により、そこでラムジを知った新規のファンが急増しているようで、そんな新たなファンへのお礼も込めてこの日はラムジが提供した楽曲のセルフカバーコーナーが企画されていた。特に3曲目井上作詞作曲の「With All My Heart」が演奏されると、涙を堪え切れない人も多かったようで、この楽曲の持つ強さを物語っているようだった。そしてここからはラムジオリジナルの定番曲が立て続けに披露。「かけがえの無いゴミ箱の詩」「キミ待つ」「Rock From 80’s」とさっきまでの涙を乾かしてしまうような熱い演奏で会場は一気にヒートアップしていく。高揚感のあるロックバラード「Dear Regret」、ストリートライブでもオーディエンスとの一体感が最も高まる「キミと月までも」とライブ感のあるナンバーが続き、ラスト前の「シャチ」ではサビのフレーズが大合唱となる盛り上がりとなった。そしていよいよラストナンバーへ。MCではこれまでのストリートライブを振り返る山下の目に、思わず熱いものが込みあがる一幕もあり、1000人を収容するクラブチッタがまるでストリートライブ会場であるかのような一体感で包まれた。ラストナンバーは5月12日に発売されるシングル曲「ユメオイビト」。同曲は2010年のJRAブランドCMソングとして1月からOAされており、ラムジにとっては最も新しい代表曲でもある。バックにこれまでのストリートライブをダイジェストにしたような映像を流しながら演奏されたこの曲は、ラムジの更なる飛躍を確かなものにする光を放っているかのようだった。アンコールはJA共済のCMソングとしてOAされている未発表曲「Hello」、そしてラムジの最も代表曲とされる「ラブレター」を最後に再びアコースティックスタイルで演奏して、2時間20分のライブは幕を閉じた。

 title=

ストリートライブという裸一貫のパフォーマンスで着実にその表現力を強力にしたラムジ。タイアップの追い風や、東方神起など著名アーティストへの楽曲提供など、2010年は数々の話題で音楽シーンをリードして行くに違いない。

リリース情報
2010年5月12日ニューシングル「ユメオイビト」発売
CTCR-40305 1,000(税込)
カップリングには東方神起へ詞提供した「Stand by U」セルフカバーを収録

「ユメオイビト」「Stand by U」
着うた(R)好評配信中
<関連リンク>
ラムジオフィシャルサイト

-音楽

関連記事

人気アパレルブランド「イーハイフン」上野樹里出演 新CMソングにHALCALIが歌う「今日の私はキゲンがいい」が再び!

人気アパレルブランド「E hyphen world gallery(イーハイフンワールドギャラリー)」テレビCMシリーズの2012年春バージョンとなる「疾走」篇が上野樹里出演で3月7日(水)より全国に …

KANA-BOON、5/30発売のミニアルバム『アスター』より、リード曲「彷徨う日々とファンファーレ」を先行配信スタート!

来週5月30日にミニアルバム『アスター』をリリースするKANA-BOONが、5月23日より、リード曲「彷徨う日々とファンファーレ」の先行配信をスタート。iTunesでもプリオーダーが開始された。 &n …

aiko、一夜限りのスペシャルライブ番組「aiko Live at NHK vol.2」放送が決定!

7月17日にリリースされた、15周年記念シングル「Loveletter/4月の雨」が絶好調のaikoから、嬉しいお知らせが到着!2011年3月にNHKで放送され大好評だった話題の特別番組「aiko L …

WEAVER 地元・神戸にて卒業生へ贈るサプライズライブ!!

2/28(月)WEAVERが地元神戸にある滝川第二高校の三送会にてサプライズライブを行った。これは、WEAVERが第89回全国高校サッカー選手権大会の応援歌を担当していたこと、またその大会で優勝したの …

難波章浩、初のフルアルバム「WAKE UP!!!」のリリースが決定

今作もFOUR YEAR STRONG、White Zombie等を手掛けるラウドロックシーンの最重要プロデューサーMACHINEの元、ニューヨークにてレコーディングを敢行。世界標準の仕上がりとなって …

新世代をリードするボーイズ・グループ、ホワイ・ドント・ウィーが日本の夏祭りを体験!

ビデオ総再生回数4億7千万回越え!新世代をリードするボーイズ・グループ、ホワイ・ドント・ウィー!  今年7作目のシングルとなる「アイ・スティル・ドゥ」を先日リリースし、ファンを魅了続けている彼らが、ワ …