無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

秦 基博が古巣のLIVEハウスで一夜限りの弾き語りイベントを開催!!

音楽

3月3日にリリースした弾き語りアルバム「BEST OF GREEN MIND’09」がオリコンウィークリーランキング初登場8位でTOP10入りを記録し、男性ソロアーティストによるギター弾き語りアルバムとしては2000年に山崎まさよしがリリースした「ONE NIGHT STANDS」以来10年ぶりの快挙を達成し、また2009年ドレミ楽譜出版社ギター弾き語りスコア・ランキング(2009年にドレミ楽譜出版社から販売したギター弾き語りスコアの年間売上を集計したランキング)でもダントツの1位に輝くなど、弾き語りで心を揺さぶる唯一無二のアーティストとして存在を確立した秦 基博が、3月22日(月・祝)に自身のスタート地点というべきライブハウス、F.A.D YOKOHAMAにて一夜限りのスペシャルイベント「AND秦 atF.A.D YOKOHAMA」を実施した!!

F.A.D YOKOHAMAは秦が18歳のときに初めてオリジナル曲を人前で歌い、その後デビューに至るまでの長い間、活動の拠点としたライブハウスだ。
その場所で「AND秦 at F.A.D YOKOHAMA」と題されたこのライブが行われるのは、初ステージからちょうど11年目を数える2010年3月22日(祝)。
当時と同じ弾き語りアーティストによるオムニバスライブとして企画されたこのイベントに、全国から出演者を募集した(応募資格は28歳以下の弾き語りによるLIVEパフォーマンスが可能なシンガーソングライターで、国籍・性別・ジャンル・楽器は問わないという条件)。

2009年末に募集告知を開始するや否やこの前代未聞の企画が話題となり、全国から1000件を超える応募が殺到し厳正なる選考の結果4名が選出され、イベントではその4名と秦 基博がそれぞれの弾き語りを披露した。

当日は4名のアーティストのパフォーマンス後、イベントのトリとして秦が登場すると会場は大歓声に包まれた。
「皆さん今日は「AND秦 at F.A.D YOKOHAMA」へ、ようこそ」と挨拶をすると、今の秦 基博を象徴する弾き語り曲「やわらかな午後に遅い朝食を」を披露。
秦の凛とした歌声と優しいギターの音色が会場に響き渡った。
「11年前のこの日に当時18歳の秦 基博が、ここF.A.Dで今日と同じ弾き語り形式のイベントに参加しました。こういうカタチでまた戻って来ることが出来て嬉しく思います。」と語ると会場は拍手に包まれた。
秦が同会場にて弾き語りライブするのは2005年以来となるのだが、デビュー前に頻繁に立っていたステージで今こうしていることを不思議に思うことや、その当時は気分を上げるために色えんぴつで歌詞を書いたが本番でもの凄く見づらくて苦労したという、アマチュア時代ならではのエピソードも飛び出した。

「弾き語りを続けてきたて、その流れの中で出来た」と語るバラード曲「僕らをつなぐもの」をはさみ、「シンクロ」、「キミ、メグル、ボク」といったアップチューンの楽曲で会場を盛り上げ、当時も同ライブハウスで歌っていたという「dot」や、オリコンウィークリーチャート5位にランクインし、現在もロングヒット中の最新シングル「アイ」(2010年1月リリース)、そしてアンコールに「朝が来る前に」など全8曲を披露しイベントは大盛況にて終了した。

秦 基博の次なるステージは、5月4日(火・祝)の札幌芸術の森野外ステージを皮切りにスタートする毎年恒例のアコースティックツアー“GREEN MIND 2010”になる。
チケットの一般発売は今週末の3月27日(土)。
全国4箇所、すべて野外会場での公演となるが、どんなステージパフォーマンスを見せてくれるか是非期待して待っていてほしい!!

 title=

【アコースティックツアー“GREEN MIND 2010”開催】
5月4日(火・祝)札幌芸術の森野外ステージ
5月9日(日)長崎稲佐山公園野外ステージ
5月15日(土)奈良県明日香村国営飛鳥歴史公園〜世界遺産劇場「美しき飛鳥」スペシャル〜
5月22日(土)河口湖ステラシアター
チケット一般発売:2010年3月27日(土)

<関連情報>
BEST OF GREEN MIND ’09<CD詳細情報&歌詞検索>
アイ(初回生産限定盤CD+DVD)<CD詳細情報&歌詞検索>
アイ<CD詳細情報&歌詞検索>

<関連リンク>
OFFICE AUGUSTA Official Web Site
Ariola Japan Official Web Site
秦 基博 Official Web Site

-音楽

関連記事

「バラードの皇帝」の異名を持つ韓国のトップアーティスト ソン・シギョン。 日本初シングルを引っ提げて、 ファンミーティング開催!

7月4日に日本では初となるシングル「幸せならそばにある」をリリースした、“バラードの皇帝”の異名を持つ韓国のトップアーティスト、ソン・シギョン。ここ日本でも、アーティスト活動のみならず、NHK Eテレ …

NMB48 山本彩卒業コンサート SAYAKA SONIC~さやか、ささやか、さよなら、さやか

数日前までの天気予報では、土曜日の大阪は雨。しかも、金曜日までが晴れで、日曜日からも晴れが続く予想なのにもかかわらず。しかし、まるでそんな予報が嘘だったかのように、土曜日の大阪は日差しが暖かく、「NM …

あっこゴリラ『GRRRLISM RELEASE ONEMAN PARTY』オフィシャルライブレポート

あっこゴリラがメジャー1stフルアルバム「GRRRLISM」(12月5日発売)のリリースを記念して、リリース週末である12月9日(日)に東京・SHIBUYA WWWXにて『GRRRLISM RELEA …

「バッド・デイ~ついてない日の応援歌」から12年、癒しのピアノマン、ダニエル・パウターが本格的に活動を再開。

癒しのピアノマンが返ってきた。12年前、「バッド・デイ~ついてない日の応援歌」は2006年のFIFAワールドカップで、グループリーグ敗退を喫した日本チームを励ます、癒しの応援歌として、日本全国のラジオ …

7月ナノムゲンに出演のアウル・シティー、日本独自ベストアルバム発売決定!アジカンからコメントも到着!

デビュー・アルバムからのシングルで、全米シングル・チャート1位を獲得した「ファイアーフライズ」で瞬く間に、世界的ブレイクを果たし、最新作では、カーリー・レイ・ジェプセンをフィーチャーした「グッド・タイ …

電気グルーヴ結成25周年記念ツアー“塗糞祭”に豪華ゲスト陣出演決定!

電気グルーヴの記念すべき結成25周年ツアー“塗糞祭”(ルビ:とふんさい)の豪華ゲスト陣が発表された。 電気グルーヴの初期メンバーCMJKと砂原良徳、そして盟友スチャダラパーが全公演に出演。また、ツアー …