無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

今最強に熱い二組が手を組んだ!エイバ・マックスxNCT127、コラボ・バージョンの「ソー・アム・アイ」を公開!!

動画 音楽

心に響く歌声、ストーリーがあり女性のエンパワーメントを支持したポップス、そしてエッジーなファッションセンスを兼ね備えた新たな才能の持ち主として、今、ポップス界に新たなセンセーションを巻き起こしている、エイバ・マックス。

そして現在、米ビルボード・チャートを筆頭に世界的に活躍をしている韓国ボーイズグループNCT 127。世間の注目の的になっている2組のアーティストたちが手を組み、新たなコラボ・バージョンの「ソー・アム・アイ」を発表した。

 

iTunesはこちら: https://itunes.apple.com/jp/album/so-am-i-feat-nct-127-single/1470500934

ダウンロード / ストリーミングはこちら:https://Japan.lnk.to/ava127Pu

 

リリック・ビデオ(YouTube

 

 

人と違ってもいい、という多様性についてのメッセージが詰まった同曲のオリジナル・バージョンは、既にヨーロッパではトップ5にランクイン、アメリカのみでのストリーム数は3,100万回を突破。

人と違うと悩む若者へのエンパワーメント・アンセムとして、リスナーの心を掴んだ同曲のミュージック・ビデオはYouTube5,800万回以上の動画再生回数を誇る。 

「美しいメロディーラインで個々の個性を賛美し、短所や弱点を抱きしめる懐の深い曲」とMTVニュースが賞賛を惜しまない同曲は、今まで、DependMajesticJengiToby GreenSteve VoidMartin Jensenなど、様々なアーティストたちによりリミックスされた。

エイバは先日LGBT問題をパレードやお祭りなどの文化活動を通して国際的に推進する名誉あるイベント、ワールド・プライドに初参加し「ソー・アム・アイ」のメッセージを届けた。

ビルボードは同曲を、「世の中のあらゆる理不尽に立ち向かわせてくれる大胆な曲」と評し、彼女のパフォーマンスを褒め称えた。 

つい最近、人気雑誌ローリング・ストーンより「知っておくべきアーティスト」として選ばれた彼女の最大ヒット曲は何と言っても、米ビルボード・ホット100のトップ10以内に3週連続ランクインし、米ポップ・ラジオでは3位にまで登ったRIAAプラチナ認定の曲「スウィート・バット・サイコ」だ。

世界中のストリーミング数は65,000万回を上回り、今や不動の人気を誇るヒット・ソングとなった。ミュージック・ビデオは既に36,000万回以上の再生回数を記録しSpotifyUSバイラル50チャート及びビルボードのダンス・クラブ・ソング部門で1位を獲得。

UKシングルズ・チャートで4週連続1位獲得、さらに約20か国のチャート首位に輝くなど世界中でその人気と勢いを拡大させていった。 

また、彼女は米ビルボードの「Emerging Artists(急浮上中のアーティスト)」チャートで10週連続ランクイン。その影響により、ヴァニティ・フェア、ビルボード、V マガジン、フォーブス、ペーパーなどに特集されるなど、メディアからの注目も日に日に増している。 

この「ソー・アム・アイ feat. NCT127」配信スタートに合わせて、エイバ・マックスが9つの質問に答えた「エイバ・マックスへ9つの質問」動画をYouTubeのワーナーミュージック・ジャパンの洋楽専用チャンネルにて公開中!

日本のファンへのメッセージも収められた、ファン必見の動画はこちら!

 

「エイバ・マックスへ9つの質問」

  

「ワーナーミュージック・ジャパン洋楽」チャンネルでは、洋楽アーティストの独占インタビュー映像や、オリジナルのコンテンツを続々投稿中!

ぜひチャンネル登録をしておこう!

 

「ワーナーミュージック・ジャパン 洋楽」YouTubeチャンネル 

https://www.youtube.com/c/wmjyogaku

 

 NCT 127とは

520万人のInstagramフォロワーと170万人のツイッターフォロワーを擁しながら、K-Popシーンの大きい一部を牽引する、ソウル出身グローバル・ボーイズ・グループ、NCT 127。彼らは、2016年に大ヒットした曲「ファイアー・トラック」を通し、その独特で進歩的な芸術性を表現しK-Popシーンを揺さぶった。

10月には、「Up Next:今月の急浮上アーティスト」として、Apple Musicにより抜擢され、アーティストの誰しもが求める名誉を手に入れた。これはK-Popアーティストとして初めての業績である。

更に、彼らは、米ビルボードの「Emerging Artists(急浮上中のアーティスト)」チャートとローリング・ストーンの2018年「注目すべきK-Popアーティスト」部門で各1位を果たし、ロサンゼルス・タイムズにより「次世代K-Pop界をリードするアーティスト」として賞賛を受けたK-Popシーン史上初のアーティストとなった。

 

■楽曲情報■

エイバ・マックス / Ava Max

ニュー・シングル「ソー・アム・アイ feat. NCT127 / So Am I feat. NCT127

2019 7 4日配信

-動画, 音楽
-,

関連記事

[無料]モバイルサイト「セガにゅ〜NaVi」にて、韓国発の大人気ライブパフォーマンス『NANTA』公演記念キャンペーン

株式会社セガが提供する“セガプライズ”“セガ ラッキーくじ”や人気キャラクターアイテム情報をお届けする[無料]モバイルサイト「セガにゅ〜NaVi」にて、新しいライブ・エンタテインメントを創造するセガサ …

aiko、2年ぶりライブハウスツアー「Love Like Rock vol.5」スケジュールを一挙発表!

約3ヶ月に亘って開催された全国ツアー「Love Like Pop vol.14」が、仙台の振替公演を残して先日最終日を迎えたaiko。7月24日(日)NHKホール公演のライブ終了後に、ステキな“ネクス …

ライブレポート・FAKYが新曲『ANTIDOTE』をクールセクシーに披露<w-inds. Fes ADSR 2019>

10月20日、ダンス&ボーカルユニット・w-inds.が主催する音楽フェス「w-inds. Fes ADSR 2019-Attitude Dance Sing Rhythm-」が東京・豊洲PITにて開 …

本日アルバムから「ホワイ・ザ・バタフライズ」配信スタート。「ピアノ&ア・マイクロフォン 1983」をプリンス財団音源管理担当が語るインタビュー第2弾。

いよいよ発売まで7日を切った、プリンスのニュー・アルバム『ピアノ&ア・マイクロフォン 1983』。本日アルバムから「ホワイ・ザ・バタフライズ」が配信となった。今回はプリンスの音源のアーカイヴィスト、マ …

SHU-I初ワンマンライブ アンコールで珍演出?

“日本発!! 会えるチワワ系韓国アイドル!!”のキャッチフレーズで話題の、韓国アイドルグループSHU-I(シューアイ)が2/19(土)渋谷BOXXで第1回目となる定期ライブ「SHU-IとSHIBUYA …

シーナ&ロケッツ、デビュー40周年に突入!「ゴールデン☆ベスト シーナ&ロケッツ EARLY ROKKETS 40+1」 2018年2月28日に発売!

ギタリスト鮎川誠と妻でボーカルのシーナにより結成され、1978年にシングル「涙のハイウェイ」でデビューしたシーナ&ロケッツ。 アルファレコードに移籍後、1979年に発売され航空会社のキャンペーンソング …