無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

最新のステージを丸ごと収録したLIVE DVD & Blu-ray 2015.2.11 On Sale

インタビュー

安室奈美恵

★Music Video★

ステージこそすべて。
LIVE STYLE に貫かれた安室奈美恵のLIFE STYLE。

スクリーンに映るファンタジーの世界。そこから抜け出し安室奈美恵が降り立ったのは、ビープ音と不協和音が螺旋を描くエレクトロニックなバロック・ナンバー「Ballerina」が鳴り響くステージ。ダンサー陣を従え、凛と歌い踊るその姿をスポットライトが照らすと、会場から大歓声が上がる。目の前にいるのは確かに、この瞬間を待ち焦がれた安室奈美恵だ。ああ、やっぱりこの人は現実に存在するのだ。胸の奥から熱い思いがこみ上げて来る。
「ALARM」、そして「WANT ME, WANT ME」と、クイーン・オブ・ヒップポップなナンバーを立て続けに披露し攻めのスタイルで一気に盛り上げた後は、「Big Boys Cry」でコケティッシュな魅力を振りまく。まだライブが始まって間もないというのに、もはやすべての観客はすっかり、クールでキュートな安室奈美恵の虜だ。
『namie amuro LIVE STYLE 2014』はまさに、そんな安室奈美恵の魅力をさまざまな角度から体感できるツアーだった。ベストともいえる選曲、冒頭のクールでコケットな表情はもちろんタフネスで美しい姿、とびきりスウィートな一面、そして何よりも彼女が歩んできた軌跡の輝き。中でも印象的だったのが、「FUNKY TOWN」でダンサー陣とサブステージ上で繰り広げた椅子取りパフォーマンスや、「Contrail」や「Baby Don’t Cry」で観客と共に大合唱する場面。ライブ以外では公の場に滅多に姿を見せず、そのライブでも一切MC はなし。そんなストイックな彼女だけに、「FUNKY TOWN」の最後で椅子を勝ち取った時の限りなく素に近い笑顔や、アンコールで最後に披露した「Baby Don’t Cry」でのとびきり可憐な仕草は、彼女流のオーディエンスとのコミュニケーションなのだろう。
また、キャリア初のバラードベストアルバム『Ballada』からのナンバーを多々ちりばめた選曲も、今回のツアーの鍵を握る。巨大な蝶々を背景に黒いドレス姿で日替わりバラード(収録日は「The Meaning Of Us」)を歌った場面や、「SWEET 19 BLUES」や「CAN YOU CELEBRATE?」、「Whisper」といった名曲を大人になった今だからこその歌声と解釈とアレンジで聞かせるシーンは、安室奈美恵というシンガーの軌跡を振り返る意味でも、非常に貴重な一幕だったと思う。
もちろん今回のツアーも決してバラードツアーというわけではない。「Love Story」や「TSUKI」といったメランコリックな曲を聞かせた後には、「Supernatural Love」や「Hands On Me」といった、ダンスミュージックに回帰したアルバム『FEEL』からのアッパーチューンもがっつり披露。ハイセンスなダンスを繰り広げながらパワフルに歌い、エッジィな安室奈美恵スタイルをしっかり貫く。例えばその象徴的な一幕が、毒を含んだリリックを平井堅とのデュエットで聞かせた「グロテスク feat. 安室奈美恵」を、白馬にまたがりビートに合わせてムチを打ち鳴らしながら一人で歌いきったシーン。アルバム『PLAY』で確立したイメージも彷彿させるあの場面は、強くて美しい安室奈美恵を求めるすべてのオーディンスの心を直撃したに違いない。
最新シングル『BRIGHTER DAY』からの新曲「BRIGHTER DAY」と「SWEET KISSES」、そしてアンコール3曲を含む全29曲。それらを真摯に歌い、ダンサー陣と共に見事に踊り切る。改めて彼女は素晴らしいシンガーであり、タフネスなエンターテイナーだとつくづく思う。あれだけのステージを作り上げるためには、バックステージでは恐らく、多くの努力や苦悩があるはずだ。けれど彼女はそれを口にすることはない。もはやそれは単なるライヴパフォーマンスの域を超えて、彼女の生きざまそのものとも言える気がする。『namie amuro LIVE STYLE 2014』であなたが目撃し、感じたもの。それだけがシンガー、安室奈美恵の真実なのだから。

text:早川加奈子


★Music Video★

安室奈美恵

ジャケット写真は、豪華盤です。

『namie amuro LIVE STYLE 2014』

〈本編〉
01.Ballerina
02.Poison
03.ALARM
04.WANT ME, WANT ME
05.Big Boys Cry
06.FUNKY TOWN
07.Contrail
08.グロテスク
09.WHAT A FEELING
10.Stardust In My Eyes
11.SWEET 19 BLUES
12.TSUKI
13.La La La
14.Rainbow
15.Can You Feel This Love
16.SWEET KISSES
17.Whisper
18.Alive
19.Love Story
20.The Meaning Of Us
21.CAN YOU CELEBRATE?
22.Supernatural Love
23.Hands On Me
24.ROCK U
25.Heaven
26.Neonlight Lipstick
27.BRIGHTER DAY
28.CAN’T SLEEP, CAN’T EAT, I’M SICK
29.Baby Don’t Cry

〈特典映像〉
※各公演のスペシャル・バラード全曲収録
– Special Ballad –
01.Dreaming I was dreaming
02.NEVER END
03..HimAWArI
04.think of me
05.I WILL
06.Wishing On The Same Star
07.Four Seasons
08.ALL FOR YOU
09.White Light
10.Let Me Let You Go
– Bonus Track –
Still Lovin’ You


LIVE DVD & Blu-ray
Dimension Point
発売日:2015.02.11

【豪華盤(Blu-ray)】
AVXN-99018
¥6,980(税抜)
※本編 + 特典映像
※初回スリーブ仕様
【豪華盤(DVD2枚組)】
AVBN-99016〜7
¥5,980(税抜)
【通常盤(DVD)】
AVBN-99019
¥4,800(税抜)
【通常盤(Blu-ray)】
AVXN-99020
¥5,800(税抜)


豪華盤(Blu-ray)購入はコチラ! style=
オフィシャルサイトはコチラ!
facebookはコチラ!
YouTubeチャンネルはコチラ!


■安室奈美恵の歌詞をもっと見る

-インタビュー

関連記事

映画『CYBORG009 CALL OF JUSTICE』エンディングテーマソング「Is this love?」4月5日リリース!!LIVE DVD『YEAR OF THE MONKEY』も同時発売!

★Music Video★ 昨年メジャーリリース10周年を迎えた仙台在住の4ピースハイブリッドロック・バンド、MONKEY MAJIKがニューシングル「Is this love?」をリリースする。12 …

1月公開の話題作映画『さよならドビュッシー』主題歌に決定!!セカンド・シングル「境界線/アイリス」

2013年ブレイク必至の歌姫が、いよいよ本格的に動き出した。泉 沙世子はキングレコードが創業80周年記念企画として講談社とタッグを組んで行った〈Dream Vocal Audition〉で、1万人を超 …

アーティスト、評論家からも絶大な支持!斬新な世界観を放つアイドル・グループ注目のメジャーデビューシングル!「river」11月30日リリース!!

★Music Video★ 矢川葵、井上唯、和田輪、コショージメグミによる4人組アイドル・グループ、Maison book girl。音楽家・サクライケンタが楽曲制作、総合プロデュースを行い、音楽のみ …

May J.が今、本当に伝えたい詩(うた)―。2nd Cover Album『Heartful Song Covers』

3月26日、累計出荷30万枚を突破した『Summer Ballad Covers』に続くMay J. カバー作 第2弾『Heartful Song Covers』がリリースされた。前作ではリスナーから …

「今、最もクールでスタイリッシュなバンド」と話題沸騰!生ヒップホップバンドのオリジネーター“韻シスト”が放つ7thアルバム!『Another Day』7月19日リリース!

★Music Video★ BASI(MC)、サッコン(MC)、TAKU(Gt)、Shyoudog(Ba)、TAROW-ONE(Dr)の5人からなる、日本に於ける生ヒップホップバンドのオリジネーター“ …

<崎山蒼志~ビデオメッセージ&インタビュー~>YouTubeで合計再生回数1000万回超!話題の高校生シンガーソングライターが成長途上にある「今」を紡ぐ1stアルバム『いつかみた国』12月5日リリース!!

崎山蒼志 うたまっぷオリジナル ビデオ・メッセージ 崎山蒼志 – 国 / Music Bar Session(TOKYO SOUNDS) インタビュー 4歳でギターを始め、小6で作曲を始め …