無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

BUDDiiS、グループ結成から現在までの集大成となった11人での最後のステージワンマンライブ『BUDDiiS vol.01 – SUNRiiSE -』を中野サンプラザにて開催!

イベント インタビュー 音楽

スターダストプロモーション所属の若手男性アーティスト集団EBiDAN(恵比寿学園男子部)の11人組ダンス&ボーカルグループ、BUDDiiS(バディーズ)が、4月10日(日)に東京・中野サンプラザにて、を開催した。本公演は当初、1月28日(金)~29日(土)に開催予定だったが、メンバーの新型コロナ感染により延期となったライブの振替公演で、メンバーのKANATAはこの日を持ってグループからの卒業と芸能界からの引退を発表。キャリア初のホールでのワンマンライブにして、11人での最後のステージともなっており、4月9日(土)~10日(日)の2日間で計3部に渡った公演のチケットは全てソールドアウト。会場にはこの日を心待ちしていた6000人を超えるバディ(ファンの呼称)が集まり、彼らに熱い応援を送った。

セットリストを変えて行った第1部、第2部に続き、4月10日(日)の夜公演である第3部は生配信も行われ、2020年9月のグループ結成から現在までの集大成ともいえる内容となっていた。冒頭には11個の燃え上がる太陽が1つとなり、地球に向かって勢いよく降りてくる映像が流され、2021年5月に配信リリースされたデビュー曲で、グループ初のオリジナル曲「CLICK ME」で華やかにライブをスタートさせた。レーザー光線が交差するフロアに向かって、FUMIYAが「中野、あがれ?!」と煽り、SEIYAとSHOWがアクロバティックな前方転回を繰り出し、メンバーが指ハートを送ると、満員の観客は総立ちとなってペンライトを振り、熱気は一気に上昇。さらに、MORRIEがひざまづいて、<君のために/星を超えて/地球に来た>と歌う2ndシングル「ALIEN BOY」から3rdシングル「Under The Sea」と爽やかなラブソングをリリース順に続けたあと、新曲のファンクポップ「HOT CHEESE」では躍動的なパーマンスに自然とクラップが沸き起こった。

FUMINORIのウィンクが飛び出したカラフルなラブソング「Dream Love」のあと、4人のメンバーがステージを後にすると、スモークが流れ始め、ピンスポットに照らされた7人編成でメロウなアーバンR&B「ON & ON」をしっとりとクールに歌唱。SHOOTが作詞したエモーショナルなバラード「カケラ」では、さらに人数が減り、KEVIN、MORRIE、SHOOTのヴォーカル3人だけで切ないハーモニーを響かせたが、歌唱中に感極まったMORRIEが涙を流し、その後のMCで実の弟であるSHOOTに「めちゃめちゃ泣いてますね」といじられるという微笑ましいシーンもあった。そして、3月9日に配信リリースしたばかりの5thシングル「R4U」では再び11人編成に戻り、FUMINORIが「真似しやすいキャッチーなフリなんで一緒に踊っていいきましょう」と呼び掛け、観客と一体感あふれる温かい空間を作り上げた。

ミラーボールが回った中盤には、KEVINが作詞作曲した3曲に加えて、曲間をつなぐダンスショーケースのトラックも制作したセルフプロデュースコーナーを展開。「ENCHANT」や「JEALOUS」ではダンスパートを挟み、サウンド、ビート、フォーメーションを目まぐるしく変化させ、まるでミュージカルやパレードを見ているかのような楽しさを与えた。そして、ここで、ファンへの愛を伝え、守りつづける覚悟を綴ったラブソング「OZ」を披露。「オズの魔法使い」をモチーフに、「いろんなところから仲間が集まって、1つの夢を叶えるというメッセージ性を込めた」という楽曲で、作詞作曲を手がけたKEVINが、振り付けはFUMINORIとFUMIYAが手がけ、歌詞にはKANATAやHARUKI、YUMAなど、「メンバーの名前が組み込まれた、初めて全員がマイクを持った楽曲」であることを明かすと、場内からは大きな拍手が沸き起こった。

ここからライブはラストスパートへと突入。現在は音楽クリエイターとして活躍中のJUNEが所属していたヒップホップグループ・WAZZ UPのカバー「ALRIGHT」では、サビで観客全員が一緒にジャンプして会場を揺らし、トップに登り詰めるという決意を込めた「To The Top」では、銀テープが発射される中、客電が灯り、楽しさと寂しさが入り混じった、なんとも言えない幸福感が会場の空気を包み込んだ。そして、SHOOTが「行けるところまで行くぞ、中野」と声を上げ、ラストナンバー「Beautiful」ではSEIYAがKANATAをリフトアップし、メンバーは客席に向かって手を振りながら歌い上げ、和やかなムードで本編を締めくくった。

アンコールでは、KANATAが最後にメンバーやスタッフ、バディたちに感謝の気持ちを伝え、「レッスンやリハーサルがもうないと思うと寂しい気持ちもあるけど、最後にみんなに会えて、本当に嬉しかったです。5年間培ってきたものを次に活かしたいと思います」と語ったところで涙が溢れて話せなくなると、SEIYAを始め、メンバーも泣き始める中、KANATAは涙ながらに「バディのおかげで胸を張って卒業できます!」とあいさつ。メンバーから「お疲れ様」という声が上がる中、FUMINORIは「KANATAの思いも背負って、ぼく達はこれからも駆け抜けていきます」と決意を表明。「Brighter」ではそれぞれが進む道行きを明るく照らすように観客が1つとなって手を大きく振り、最後にKANATAが「本当に今まで皆さんに支えられてきました。最後に少しでも恩返しができていたら僕は嬉しいです。この光景は僕の宝物です」と語り、この11人にとって最初にして最後のホールワンマンライブは幕を閉じた。終演後には、ステージ上のスクリーンに、太陽が昇る次の場所として、横浜の地が示された。BUDDiiSは、5月29日(日)に横浜武道館でワンマンライブを開催することが決定している。

<FUMINORI コメント>
BUDDiiSとして初のホールでのライブ!!延期という形でしたがこうして今回ステージの上に立てたこと、関係者のみなさま、そして応援してくださっているファンのみなさまがいて立てたステージだと思ってます。構成や演出、照明など細部にもこだわったライブ。メンバーで作り上げたコーナーもあったりと盛りだくさんで最高の盛り上がりを会場でも感じることができて幸せでした。今回のこのライブでメンバーのKANATAが卒業になりました。全力で背中を押せたと思っております。10人でこれからもBUDDiiSらしくみなさまにエンターテイメントを通してたくさん伝えていきますので応援のほうよろしくお願いします!

【ワンマンライブ『BUDDiiS vol.01 – SUNRiiSE -』】
■セットリスト
M01.CLICK ME
M02.ALIEN BOY
M03.Under The Sea
M04.HOT CHEESE
M05.Dream Love
M06.ON & ON
M07.カケラ
M08.R4U
M09.ENCHANT
M10.DANCE SHOWCASE
M11.JEALOUS
M12.DANCE SHOWCASE
M13.OZ
M14.ALRIGHT
M15.To The Top
M16.Beautiful
ENC1 Brighter

-イベント, インタビュー, 音楽
-, , , ,

関連記事

即日完売となった人気劇伴作家・澤野弘之のワンマンライブ“[nZk]003”劇伴作家デビュー10周年を記念して、ニコニコ生放送での生中継が決定!

「進撃の巨人」「アルドノア・ゼロ」「機動戦士ガンダムUC」「ギルティクラウン」「キルラキル」「青の祓魔師」「戦国BASARA 」など、誰もが知っている大ヒットアニメ作品のほか、映画・ドラマなどあらゆる …

JUJU New Single「東京」発売日前日、 7th Album「I」全曲最速先行試聴会を開催。

2月21日(水)に約2年振りとなる7枚目のオリジナルアルバム「I」を発売するJUJU。 New Single「東京」のリリース日前日に約200名のお客さんを集め、どこよりも早く、この7th AL「I」 …

横山ルリカ 10/9発売2ndシングル「Your Voice,My Life」168枚限定で直筆サイン&シリアルナンバーが入っているかも!?YouTubeで現場映像公開!

10月9日にソロ第2弾シングル「Your Voice,My Life」をリリースする、アイドルグループ“アイドリング!!!“1期生で人気メンバーの横山ルリカ。先月末、国立代々木競技場第一体育館で行われ …

miwa新曲、人気アニメ【BORUTO】のOPテーマに決定!

テレビ東京系にて放送中の人気アニメ「BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS」の新オープニングテーマにmiwaが起用されることが決定した。 楽曲を手掛けるmiwaは、「自 …

KREVA 、「見えるFM908」 ~クレバの日 スペシャル~ LINE LIVEで生配信決定!

今年ソロデビュー15周年イヤーを迎え、周年企画として1月から9ヶ月連続リリースを続けるなど精力的な活動を行っているKREVA。今年の「クレバの日」に関する情報が公開となった。 2004年のソロデビュー …

ワンオク、アリーナツアー前半戦のスペシャルゲストにFall Out Boyら

NEWALBUM 「Ambitions」が、かつてない数字で発進し、凄まじい勢いを見せるONE OK ROCK。 今年2017年の2月から5月にかけて過去最大規模の全国アリーナツアーを開催し、各公演ご …