無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

DedachiKenta 待望の1stアルバム『Rocket Science』を10/30(水)にリリース決定&アートワークも公開!

イベント 動画 音楽

オフィスオーガスタが立ち上げた新レーベル“newborder recordings”第1弾アーティスト、DedachiKenta(読み:デダチケンタ)待望の1st Album『Rocket Science』が完成し、2019年10月30日(水)にCaroline Internationalよりリリースされることが決定した。山崎まさよし、スキマスイッチ、秦 基博、さかいゆうなどの声に特徴のある所属アーティストを先輩に持ちながら、2020年代を見据えたサウンドにチューニングされている事にも注目したい。

YouTubeへのカバー動画投稿が世界中の音楽ファンの間で話題を呼び、18歳の夏に渡米。日本とLAを制作拠点に約1年間を費やした本作は、サブスクとアナログのみでリリースし洋邦の枠を超え全国FM29局のパワープレイを獲得したデビュー曲「This is how I feel」「Memories」を始め、全世界のH&MでストアプレイされKan Sanoとの共演も好評を博した「Fly Away feat. Kan Sano」、アメリカ人プロデューサーAdam KapitとコライトしLAで録音及びミックスをした「20」やLAの老舗スタジオEastWest Studiosで現地のミュージシャンと録音し「ラ・ラ・ランド」や「アリー/スター誕生」などハリウッド映画の音楽を手がけるIgloo Musicにてグラミー・ウィナー・エンジニアJustin Moshkevichがミックスした「More than enough」他、ボーナストラック3曲を加えた全12曲を収録。

マスタリング・エンジニアにはCharlie Puth、The Drums、Portugal. The Man、Alicia Keysを世に送り出している女性エンジニアMichelle Manciniを起用している。

アルバムより一足先に届けられる先行シングル「Life Line」は10月2日(水)に配信スタート。7月配信曲「Fly Away feat. Kan Sano」、8月配信曲「Ambiguous」に続き、英語と日本語が混ざり合う三部作の最終章とも言える楽曲で、「Ambiguous」同様、DedachiKentaのサウンドプロデュースを手掛けるKOSEN(Colorful Mannings)とのコライト作品。優しくも切ないDedachiKentaのボーカルを堪能できる仕上がりだ。

また、3作連続リリース・デジタルシングすべてのMVが制作されることも決定。本日公開となった「Fly Away feat. Kan Sano」は監督に武藤義明、ゲストにKan Sanoを迎えYouTube Space Tokyo にて収録された。二人の息の合った演奏シーンやレコーディング以来の再会をドキュメンタリータッチで描くbehind the scene的な要素も織り込まれ見ごたえのある映像になっている。

「Ambiguous」のティザー映像も同時に公開されたが、作品ごとに様々な魅力をみせるDedachiKentaの今後の展開にさらなる期待が寄せられる。

 

【VIDEO】

DedachiKenta / Fly Away

 

DedachiKenta / Ambiguous [Teaser]

 

■リリース情報

DedachiKenta

1stアルバム『Rocket Science』

2019 .10.30 Release

POCS-23002

¥2,800(tax out)

 

「Ambiguous」

2019.8.28 Digital Release

https://caroline.lnk.to/AmbiguousWE

 

「Chromatic Melancholy(Ambiguous)」

2019.8.28 Digital Release(subscription only)

https://caroline.lnk.to/ChromaticWE

 

「Fly Away feat.Kan Sano」

2019.7.24 Digital Release

https://caroline.lnk.to/Fly_AwayWE

 

「Catch Me If You Can (Fly Away feat. Kan Sano)」

2019.7.24 Digital Release(subscription only)

https://caroline.lnk.to/Catch_MeWE

 

■プロフィール

1999年11月26日、長崎生まれ、千葉育ち。18歳の夏に渡米。現在ロサンゼルスの大学に通う19歳のシンガーソングライター。幼少期よりアコースティックギターをはじめ様々な楽器を嗜む。14歳からYouTubeを使って自身の動画を配信。撮影も自らが手掛ける一方、その清廉な歌声は瞬く間に世界中の多くの音楽ファンの心を癒し、虜にした。

2018年11月21日にオフィスオーガスタの新生レーベル“newborder recordings”より第一弾アーティストとして「This is how I feel / memories」の2曲でサブスク先行配信デビュー。翌月12月5日に両A面アナログ7inchEPとして同曲をリリース(デジタル配信も同時スタート)。洋邦の枠を超え、全国FM29局のパワープレイに選出される。

2019年、YouTubeが注目するアーティスト10組‟Artists to Watch”にも選ばれ、4月10日にはタワーレコード限定CD『breakfast for dinner』を発表。5月22日リリースのAmPmの最新作にVocalとLyricで参加した「more feat. DedachiKenta & FUNTYME」も話題に。

現在LAと日本を往復しながら1stアルバムの制作中。

 

オフィシャルサイト:http://www.office-augusta.com/dedachikenta/

オフィシャルTwitter:https://twitter.com/DedachiKenta

オフィシャルInstagram:https://www.instagram.com/dedachikenta.official/

 

■ライブ情報

公演名:Augusta Camp 2019

日時:2019年9月15日(日) Open 12:00 / Start 14:00

会場:富士急ハイランド コニファーフォレスト

出演:杏子、山崎まさよし、岡本定義(COIL)、 あらきゆうこ、元ちとせ、スキマスイッチ、

長澤知之、秦 基博、さかいゆう、浜端ヨウヘイ、竹原ピストル、松室政哉、 村上紗由里

Opening Act:DedachiKenta

 

イベントオフィシャルサイト:http://www.office-augusta.com/ac2019/

 

Caroline International:https://carolineinternational.jp/

-イベント, 動画, 音楽
-

関連記事

no image

SPEEDSTAR RECORDS 20周年記念イベント出演アーティスト最終発表!!

1992年にロックレーベルとして産声を上げた、SPEEDSTAR RECORDS。常にやんちゃでROCKな音楽を追及し、世の中に送り続けてきたSPEEDSTAR RECORDSは今年で満20歳、成人を …

SKULL CANDY NEW ALBUM「CANDY WONDER LAND」を発表!!GIRLS ROCKシーンを代表する名盤が誕生!!

今までに発表した全作品がオリコンインディーズチャート上位ランクインを続ける、GIRLS ROCKシーンを代表する大阪発6人組ロックバンド「SKULL CANDY」(スカルキャンディー)が2011年初作 …

20周年イヤーのグランドフィナーレ、10年振りの東京ドーム公演を大成功に収めたGLAYの激動の20周年イヤーを総括したスペシャル 番組が全国でオンエア決定!

5月30日、31日にGLAY 20周年イヤーのグランドフィナーレを飾る10年振りの東京ドーム公演を行い、両日5万5000人を動員し大成功を収めたGLAY。そんなGLAYの激動に満ちた20周年イヤーの活 …

ミドリ 赤坂BLITZに登場!ニューアルバム発売&全国ワンマンツアー決定!!

昨年秋ツアー『初体験VSツアー』ではカジヒデキ、メリー、タテテカコ、9mm Parabellum Bulletなどなどバラエティーに富んだゲストを迎え、ミドリならではの異種格闘技というべくVSツアーを …

毎回即日完売!ワイルド&キュートなカリスマシンガーJASMINEのマンスリーライブ“Jas Vegas”のチケットがプラチナ化次回は初の“出張Jas Vegas”大阪での開催が決定!

スマッシュヒット曲「sad to say」を収録した1stアルバム『GOLD』から約3年、待望の2ndアルバム『Complexxx』をリリースしたばかりのワイルド&キュートなカリスマシンガー …

TeddyLoid、ももクロRemix DJミックスのトレーラー映像公開!

9月16日に発売のTeddyLoid(読み:テディロイド)が手掛ける、ももいろクローバーZ初の公式Remixアルバム「Re: MOMOIRO CLOVER Z」。そのDJミックスの模様をエディットした …