無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

UNCHAIN、全公演完売アコースティックツアー完遂! “7月になんかやるよ!” 今後の飛躍を感じさせる注目発言も飛び出したツアーファイナルレポート!

イベント 音楽

UNCHAINが、46日に東名阪で開催してきたアコースティックツアー「Get Acoustic Soul 2019」のファイナル公演を東京・キネマ倶楽部にて行った。東名阪の全公演がSOLDOUTし、結成23年目となった今でも進化を続ける実力派バンドの勢いを証明するファイナル公演となった。

 会場が暗転し、メンバーがステージに現れると、客席からは大きな歓声が湧く。

ライブの幕開けは、谷川正憲(Vo/Gt)が独唱からスタートした「The Sound Of Slience」。 

アコースティックツアーらしく、谷川がアコースティックギター、谷浩彰(Ba)はアップライトベースを手に持ち、メンバー4人から生み出される快いメロディーに伸びやかな谷川の歌声が重なり、会場には極上のミュージック空間が序盤から広がっていく。 

「アコースティックというよりも、我々の錬金術を堪能していってください」とMCをすると、谷がエレキベースに持ち替え、アコースティックツアーながらUNCHAINの技が引き立つバンドセットでアルバム「Get Acoustic Soul」収録楽曲を中心にプレイする。 

ライブ中盤には、昨年リリースした最新アルバム「LIBYAN GLASS」収録の「FLASH」「アイスクリーム」に錬金(アコースティックアレンジ)を施し、今日だけのスペシャルパフォーマンスでライブに彩りを加え、代表曲「make it glow」では、先述のMCのように円熟したテクニックで魅せるステージに観客がどんどん惹き込まれていく。 

時に、吉田昇吾(Dr)がカホンに跨り、佐藤将文(Gt)もアコースティックギターを手にした、よりアコースティック感を増したプレイで、観客の心の奥底まで音楽を浸み渡らせていった。特に、谷川が鍵盤を弾きながら熱唱した「Quarter」では、圧倒的な歌唱力に涙を浮かべる観客も見られるほど感動的なステージングを見せた。 

その後、クールなミュージックをセッションで奏でつつ、佐藤がグッズ紹介とメンバー紹介が行うと、ステージと観客はよりシンクロしていき、会場の一体感が最高潮に達する。その流れの中で、UAの「情熱」をアレンジパフォーマンスすると会場からはシンガロングが起こり、本ライブを象徴する場面を見せた。 

2019年は結成から23年目に入り、ドラマの主題歌も担当させてもらいましたが、まだまだ新人のつもりで、“Back To Zero”“departure”していきます。」とセットリストに擬えたMCでライブの終盤に突入していく。 

本編ラストとなった「Saves The Day」では、体を揺らしながら手拍子でUNCHAINの演奏に華を添える観客とともにピースフルに本編を締めた。 

アンコールで再登場した際には、「今年はおかげさまでとても忙しくて。今までやってきたことが一本につながってきた感じがします。いろいろ楽しいこと、嬉しいことがいっぱい起こってます。ドラマの主題歌に決定したこともそのひとつですが、これも皆さんのおかげです。有難うございます!まだ言えないことばかりなので、今は、“7月に何かやるよしか言えないんですが、今後ともよろしくお願いします。」と今後の飛躍を匂わせる発言で会場を沸かせた。 

UNCHAIN初のドラマタイアップとなった新曲「Distant Neighbor」をアンコールで披露し、2019年がUNCHAINのブレイクの年になる予感が会場全体で共有し、圧巻のライブでツアーは終幕した。 

進化が止まらないUNCHAINの今後に期待して、何かが起こる7の続報を待っていてもらいたい。 

 カメラマンクレジット:Terumi Fukano

 

<セットリスト> 

Get Acoustic Soul 2019」@東京・東京キネマ倶楽部

1.The Sound Of Slience

2.Aurora

3.0.0025

4.Signs Of Spring

5.Fly In The Blue Moonlight

6.FLASH

7.アイスクリーム

8.make it glow

9.Rainy Dance Floor

10.Tonight’s The Night

11.2 late 2 luv

12.Quarter

13.情熱

14.The World Is Yours

15.Back To Zero

16.departure

17.Saves The Day

EN1.Distant Neighbor

EN2.Get Down 

 

<リリース情報> 

UNCHAIN

Distant Neighbor

※フジテレビ 特別深夜ドラマ企画「不甲斐ないこの感性を愛してる」主題歌

iTunes・レコチョクを始めとする音楽ダウンロードサービス

Apple musicSpotifyを始めとするストリーミングサービス

好評配信中

 

UNCHAIN

ALLIBYAN GLASS

2018926日(水)発売

CRCP-40561 2,963tax 

※初回生産分のみスリーブケース付き

【収録楽曲】

1.Libyan Glass

2.FLASH

3.Traveling Without Moving

4.butterfly effect

5.Miracle

6.-Beyond The World-

7.Behind The Moon

8.アイスクリーム

9.Just Marry Me

10.Da,Da,Da,Da,

11.33

12.I Am

-イベント, 音楽
-

関連記事

高橋優 初の全国ホールツアースタート!新曲「陽はまた昇る」初披露&8月8日発売決定!!

高橋優初の全国ホールツアー「高橋優全国ツアー〜この声って誰?高橋優じゃなぁい?2012」が、第二の故郷札幌でスタート。MCでは「昨夜、札幌の路上で弾き語り始めた時のことを思い出しました。ホールツアーの …

中島 愛、復帰後初のフルアルバム「Curiosity」発売決定!リード曲はポルノグラフィテイ 新藤晴一とラスマス・フェイバーによるタッグ曲!!

活動復帰後、シングル「ワタシノセカイ(TVアニメ『風夏』エンディングテーマ)」、ソールドアウトとなったワンマンライブ、「Animelo Summer Live」を含む国内外のアニソン・フェスへの参加、 …

クラムボン、全5都市のイオンモールをフェス会場に!2,000人に10時間を越えるサイン会実施!

明日3月25日に約5年振りのニューアルバム『triology』を発売するクラムボン。 3月1日より、全国を股にかけた「イオンモールツアー」を行ってきた彼らが、先週末の越谷「イオンレイクタウンmori …

Gummy、Billboard JAPAN K-POP New Artist of the Year 2011受賞!

世界で最も信頼される音楽ブランド“Billboard”が2009年からスタートさせた音楽の祭典「Billboard JAPAN Music Awards」の各賞の発表・表彰や豪華アーティストによるライ …

城 南海、NHK WORLD TV「J-MELO」エンディングテーマを担当。「平和」をテーマに作詞作曲にチャレンジ。初の全編奄美方言を使用した歌詞にも注目!

奄美大島生まれ、奄美民謡シマ唄をルーツに持つシンガー:城 南海(きずき みなみ)。シマ唄特有の“グイン”という歌唱法を取り入れた特徴的な歌い方と、圧倒的な歌唱力が話題を集めている。そんな城がNHKワー …

あっこゴリラ、GRRRLISM ONEMAN TOUR FINALにゲストアクトとしてNakamuraEmi出演が決定!

ソニーミュージックからメジャー1stフルアルバム「GRRRLISM」(ガーリズム)を昨年末リリースしたばかりのあっこゴリラ。 東名阪と各地をまわるGRRRLISM ONEMAN TOURとして、昨年末 …