無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

ダニエル・パウター最新作『ジャイアンツ』12/14発売、本日よりニュー・シングル「ドゥ・ユー・ウォナ・ゲット・ラッキー」配信スタートし、アルバムのプレオーダーがスタート!!

イベント 動画 音楽

「バッド・デイ~ついてない日の応援歌」が大ヒットを記録した、癒しのピアノマンが返ってきた。新曲4曲を収録した最新作『ジャイアンツ』が12/14に発売となる。リード・シングル「パーフェクト・フォー・ミー」は美しいメロディーの新たなる応援歌、本日11/23より配信となるニュー・シングル「ドゥ・ユー・ウォナ・ゲット・ラッキー」は新たな出会いを予感させるラヴ・ソング、「サヴァイヴァー」では中国の歌手で女優のケリー・ユーとデュエット、「デリシャス」はダンサブルなポップ・ソングとなっている。

その他にも、今年のクリスマスにぴったりの「ドゥ・ユー・ウォナ・ゲット・ラッキー(ホリデイ・ヴァージョン)」も収録。

さらに「バッド・デイ~ついてない日の応援歌」の新たなヴァージョンが収録されているのがうれしいところだ。

また、アルバム・タイトルの『ジャイアンツ』のブックレットで、ダニエルは「誰の行く手にも巨人が立ち塞がっている。奴らに君の物語を語らせてはいけない。自分の手で書くことだ」というコメントを寄せており、アルバムのジャケット写真には、巨人の手のひらの中で、立ちあがるダニエルの姿が描かれている。目の前の障害に負けず、未来を切り開いて行こうという、ダニエルの熱いメッセージが込められているようだ。本日11/23より、アルバムのプレオーダーもスタート。アルバムを予約すると「パーフェクト・フォー・ミー」、「ドゥ・ユー・ウォナ・ゲット・ラッキー」、「ドゥ・ユー・ウォナ・ゲット・ラッキー(ホリデイ・ヴァージョン)」の3曲が自動的にダウンロードされる。

 

ニュー・シングル「ドゥ・ユー・ウォナ・ゲット・ラッキー」のミュージック・ビデオはこちら

 

ダニエル・パウターの楽曲コメントはこちら

 

 iTunesのプレオーダーはこちら

https://itunes.apple.com/jp/album/giants/1442137761?app=itunes&at=10l6Y8 

 

アーティスト:ダニエル・パウター

タイトル:ジャイアンツ

発売日:12月14日

WPCR-18114CD)

定価:\1,800+

デジタル同時配信

<< 収録曲 >>

パーフェクト・フォー・ミー          

2  ドゥ・ユー・ウォナ・ゲット・ラッキー      

3  サヴァイヴァー(feat.ケリー・ユー)          

4  デリシャス          

5  バッド・デイ~ついてない日の応援歌(リレコーデッド・ヴァージョン)          

6  フリー・ループ(リレコーデッド・ヴァージョン)   

7  君は君のまま(リレコーデッド・ヴァージョン)      

8  ゥ・ユー・ウォナ・ゲット・ラッキー(ホリデイ・ヴァージョン)   

 

<プロフィール>

ダニエル・パウターはカナダ、ブリティッシュ・コロンビア州、オカナーゲン・ヴァレー出身。デビュー・アルバム『ダニエル・パウター』からの1stシングル「バッド・デイ~ついてない日の応援歌」は2006年のFIFAワールドカップで、グループリーグ敗退を喫した日本チームを励ます、癒しの応援歌として、日本全国のラジオ局でエア・プレイされ、大ヒットを記録した。アメリカでも、FOX TVの番組『アメリカン・アイドル』で、コンテストの落選者を励ますテーマ曲として使用され、ビルボードのシングル・チャートで5週連続1位を記録し、2006年のビルボード・シングル・チャートの年間1位となった。日本でも大人気の彼は、2006年にプロモーションのために何度も来日し、サマーソニック06、単独ツアーでコンサート来日も実現した。デビュー・アルバムのセールスは日本で80万枚を突破。2008年には、セカンド・アルバム『アンダー・ザ・レーダー』、2010年にはベスト・アルバム『ベスト・オブ・ミー~ベスト・オブ・ダニエル・パウター』、2012年にはサード・アルバム『ターン・オン・ザ・ライツ』をリリース。今年の4月の中華圏各国のコンサート・ツアーから、本格的に活動を再開。

 

<これまでの記録>

●「バッド・デイ~ついてない日の応援歌」は日本でも洋楽のラジオ・エア・プレイで5週連続ナンバー1を記録!!(2006年)

●アルバム『ダニエル・パウター』はオリコン・アルバム洋楽チャートで4週連続ナンバー1を記録(20064/34/24付)。

●「バッド・デイ~ついてない日の応援歌」は全米でも人気TV番組だった「アメリカン・アイドル」で落選した歌手のフラッシュ・バック・シーンのBGMに使われるなどで、大きな反響を呼び、ビルボード全米シングル・チャートで5週連続ナンバー1を記録(20064/85/6付)、2006年の年間ナンバー1シングルに輝いた。

●デビュー・アルバムのアルバム・セールスは日本で80万枚を突破した。

●2006年カナダ版グラミー賞と言われるジュノー賞で、年間最優秀新人アーティスト賞を受賞した。

●2007年、第21回 日本ゴールド・ディスク大賞でアーティスト・オブ・ザ・イヤー、ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤーの両方を受賞した。

●2007年 第49回グラミー賞で、「バッド・デイ~ついてない日の応援歌」は受賞を逃したものの、最優秀男性ポップ・ヴォーカル・パフォーマンスにノミネートされた。

●2008年、「ベスト・オブ・ミー~素顔の僕をうけとめて」は映画『最後の初恋』の主題歌となった。

 

【関連リンク】

日本オフィシャルサイト:https://wmg.jp/daniel-powter/

-イベント, 動画, 音楽
-

関連記事

新生ZOLA、ヘアサロンOCEANTOKYOのヘアショーとライブを合体させた初の試みとなるイベントの開催が決定!!

今週5月13日に発売を迎える、ZOLAとDOKUMO BGのミニアルバム「LOOP」のリリースを記念して、CD購入者による応募抽選の当選者を対象にしたスペシャルイベント「OCEAN TOKYO Pre …

You Tube 160万PV突破!話題のSowelu赤裸々なワンマンライブ開催決定!!

昨年12月1日、VERBAL (m-flo) / Mummy-D (RHYMESTER) / RYO-Z (RIP SLYME) /三浦大知ら9 組の超豪華男性アーティストを迎え、オトナの女性&#82 …

家の裏でマンボウが死んでるP 大槻ケンヂ×裏マンPの異色タッグで、次元をも超えるアンセム、本日公開!セカンドアルバムのキービジュアル&詳細も同時発表!

先日9月発売の新作アルバムを発表したボカロP、家の裏でマンボウが死んでるPと何と大槻ケンヂがタックを組んで新曲を動画共有サイトにアップした。ふたりは大槻ケンヂがメインMCを務めていたボーカロイド特集番 …

音楽プロデューサー島田昌典初となる特別講演が大決定!!更に活動30周年記念ライブに向け出演する秦 基博からのコメントが到着!

9月27日(土)にaiko、いきものがかり、秦 基博、back number、YUKI、JUJU、FUNKY MONKEY BABYSなど、日本を代表するアーティストを手掛ける音楽プロデューサー島田昌 …

“吾妻光良 & The Swinging Boppers”アルバム発売記念ワンマンライブ決定!!

今年で結成40周年を迎える、永遠のギターヒーロー“吾妻光良”が率いる日本が世界に誇るエンターテナーJump & Jive BAND“吾妻光良 & The Swinging Bopper …

今、世界で最も旬なアーティスト=ザ・ウィークエンドの最新作が遂に全米1位獲得!

ソウル/ファンクが“旬な音”として世界中のミュージックシーンにカムバックしている中、今、世界で最も旬なアーティストがザ・ウィークエンド。 最新シングル「キャント・フィール・マイ・フェイス」が全米で通算 …