無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

”クラシックやジャズをもっと気軽に楽しもう!” 特別ゲストに歌手の姿月あさとを迎えた、トーク&リスニング・イベントが開催

イベント 音楽

時代を超えて聴き継がれてきたクラシックとジャズの最上級の名曲名演を収録したコンピレーションCD『GREATEST CLASSICS』『GREATEST JAZZ』の発売を記念したトーク&リスニング・イベントが、7月14日(土)、日比谷シャンテ内にあるHMV&BOOKS HIBIYA COTTAGEにて開催された。

 

このイベントは、日常生活の中でTVやレストランのBGM等で耳にする機会は多いものの、知識がないと楽しめないと敬遠されがちなクラシックやジャズの魅力を、特に女性にわかりやすく伝えたいと企画されたもの。バレエやピアノを習っていた関係で幼い頃からクラシックに親しんで育ち、これまでも自身のコンサートでクラシックやジャズの名曲を歌ってきたという、元宝塚歌劇団宙組初代トップスターである歌手の姿月あさとが特別ゲストとして招かれた。

 

約80名の観客を前に、ステージでは、音楽ジャーナリストの田中泰のMCのもと、若手クラシカルDJ/指揮者のAoi Mizuno(水野蒼生)が2枚のコンピレーションから厳選したナンバーを紹介する流れで進行した。

 

まずは、『GREATEST CLASSICS』からドビュッシーの「月の光」とチャイコフスキーの「弦楽セレナーデ 第1楽章」の2曲を試聴。幻想的なピアノ曲「月の光」について、「クラシックの中で最も心にしみる曲」と水野が紹介し、それに対して姿月は「気持ちを落ち着けたり、リセットするのにピッタリの曲」とコメントした。

 

人材派遣会社のTVCMにも使用されている「弦楽セレナーデ 第1楽章」については、水野は「1曲の中でもさまざまに表情や風景が変わるので、映画を観るように楽しめる曲」と紹介。この曲に歌詞を付けてコンサートで歌ったことがあるという姿月は、「クラシックは同じ曲でも指揮者によって雰囲気が変わるので、そこも楽しめるポイントのひとつ」と語った。

 

『GREATEST JAZZ』からはスタン・ゲッツ&ジョアン・ジルベルトの「イパネマの娘」とハービー・ハンコックの「カンタロープ・アイランド」の2曲を試聴。

ボサ・ノヴァ曲「イパネマの娘」に関して、水野が「独特の浮遊感が素敵。自分にとっては、少し気だるい大人の夏のイメージ」と語ると、姿月も「まさにそうですね」と同調した。

ジャズ・ロック調の「カンタロープ・アイランド」については、「お酒に例えると、甘いカクテルというよりも渋めのウィスキーのような、クールな曲」と水野が紹介。それに対して姿月は、「この曲も含めて、メロディを知っているけれど、タイトルを知らない曲がジャズには多い。今回のコンピレーションも聴いてみたら全曲知っていた」とコメントした。

 

続いて姿月もコンピレーションCDからクラシック・ジャズそれぞれのおすすめ曲を紹介。

クラシックは、これまた歌詞を付けてコンサートで披露したことがあるというホルストの「木星」。「この曲が作曲された頃は、まだ宇宙がどういったものかそれ程わからなかったはずなのに、これだけ宇宙らしいイメージを描いた想像力がすごい。カラヤンの指揮したウィーン・フィルの木管と金管の響きも抜群」と紹介した。

ジャズは、デイヴ・ブルーベックの5拍子の曲「テイク・ファイヴ」を紹介し、「自身の父親が好きだった曲。渋くて大人のかっこよさを感じる」とコメントした。

 

イベント終盤には、世界初の野菜スイーツ専門店「パティスリー ポタジエ」のオーナーパティシエール柿沢安耶が、『GREATEST CLASSICS』収録の「月の光」と『GREATEST JAZZ』収録の「イパネマの娘」にインスパイアされ考案したオリジナル・コラボ・スイーツが登場し、姿月と水野が試食。「低カロリーで甘すぎず、お酒にも合いそう」と舌鼓を打った。尚、このスイーツは中目黒の「パティスリー ポタジエ」で2018年7月28日(土)まで期間限定で販売中。

 

最後に、「TVCMやフィギュアスケートなどで普段から耳にする機会も増えており、曲名を知らないだけで、身近な存在になってきているはずなので、そんな難しく考えずにまずは聴いてみてほしい。テンポのあるジャズを聴きながらお掃除をするとはかどるし、レストランのような雰囲気を出すために食事のバックでかけるとお喋りも楽しい」(姿月)、「クラシックやジャズは敷居が高いと言われているけれど、実はそんなことはなくて、ベートーヴェンやモーツァルトも現在で言うところのヒットチャートの上位に入るような流行の音楽家だった。そう考えると気軽に楽しめるのでは?」(水野)と、それぞれクラシックとジャズを楽しむためのポイントをコメントし、イベントは終了した。

 

 

==

 

 

■ユニバーサルミュージック:『GREATEST CLASSICS』『GREATEST JAZZ』サイト

https://sp.universal-music.co.jp/greatest/

 

 

■リリース情報

『GREATEST CLASSICS』

発売日:2018年7月11日

CD:UCCS-1234/5

https://store.universal-music.co.jp/product/uccs1234/

 

[収録曲]

CD 1 Relaxing Classics

  1. カノン(パッヘルベル) カール・ミュンヒンガー指揮 シュトゥットガルト室内管弦楽団
  2. ピアノ協奏曲 第2番から 第2楽章(ラフマニノフ) ユジャ・ワン(ピアノ)、クラウディオ・アバド指揮 マーラー室内管弦楽団
  3. アイネ・クライネ・ナハトムジークから 第1楽章(モーツァルト) カール・ベーム指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
  4. 練習曲 作品10の1(ショパン) ヴラディーミル・アシュケナージ(ピアノ)
  5. 木星(ホルスト) ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
  6. 月の光(ドビュッシー) チョ・ソンジン(ピアノ)
  7. 劇音楽《ペール・ギュント》から〈朝〉(グリーグ) ヘルベルト・ブロムシュテット指揮 サンフランシスコ交響楽団
  8. バラード 第1番(ショパン) チョ・ソンジン(ピアノ)
  9. 愛の喜び(クライスラー) アルテュール・グリュミオー(ヴァイオリン)、イシュトヴァーン・ハイデュ(ピアノ)
  10. 白鳥(サン=サーンス)  ミッシャ・マイスキー(チェロ)、パーヴェル・ギリロフ(ピアノ)
  11. 幻想即興曲(ショパン) スタニスラフ・ブーニン(ピアノ)
  12. G線上のアリア(J.S.バッハ) カール・ミュンヒンガー指揮 シュトゥットガルト室内管弦楽団

 

CD 2 Beautiful and Brilliant Classics

  1. 弦楽セレナードから 第1楽章(チャイコフスキー) 小澤征爾指揮 サイトウ・キネン・オーケストラ
  2. 誰も寝てはならぬ(プッチーニ) ルチアーノ・パヴァロッティ(テノール)、ズービン・メータ指揮 ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
  3. 協奏曲集《四季》~《春》から 第1楽章(ヴィヴァルディ) フェリックス・アーヨ(ヴァイオリン)/イ・ムジチ合奏団
  4. 交響曲 第7番から 第1楽章(ベートーヴェン) カルロス・クライバー指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
  5. トルコ行進曲(モーツァルト) 内田光子(ピアノ)
  6. ラプソディ・イン・ブルー(ガーシュウィン) イヴァン・デイヴィス(ピアノ)、ロリン・マゼール指揮 クリーヴランド管弦楽団
  7. バレエ《仮面舞踏会》から ワルツ(ハチャトゥリアン) スタンリー・ブラック指揮 ロンドン交響楽団
  8. 美しく青きドナウ(ヨハン・シュトラウスII世) ヴィリー・ボスコフスキー指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
  9. 歌劇《カヴァレリア・ルスティカーナ》間奏曲(マスカーニ) ネーメ・ヤルヴィ指揮 エーテボリ交響楽団
  10. 威風堂々 第1番(エルガー) サー・ゲオルグ・ショルティ指揮 ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団

 

 

『GREATEST JAZZ』

発売日:2018年7月11日

CD:UCCU-1576/7

https://store.universal-music.co.jp/product/uccu1576/

 

[収録曲]

  1. この素晴らしき世界 / ルイ・アームストロング
  2. イン・ザ・ムード / グレン・ミラー・オーケストラ
  3. ラヴァーズ・コンチェルト / サラ・ヴォーン
  4. 夜のストレンジャー / フランク・シナトラ
  5. イパネマの娘 / スタン・ゲッツ&ジョアン・ジルベルト
  6. 酒とバラの日々 / オスカー・ピーターソン
  7. アンフォゲッタブル / ナット・キング・コール
  8. フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン / ジュリー・ロンドン
  9. ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ / ヘレン・メリル・ウィズ・クリフォード・ブラウン
  10. 枯葉 / キャノンボール・アダレイ&マイルス・デイヴィス
  11. マイ・ファニー・ヴァレンタイン / チェット・ベイカー
  12. トゥー・ダーン・ホット / エラ・フィッツジェラルド
  13. デスペラード / ダイアナ・クラール
  14. セイ・イット / ジョン・コルトレーン

 

CD 2 – Timeless Hits

  1. モーニン / アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ
  2. テイク・ファイヴ / デイヴ・ブルーベック
  3. ワルツ・フォー・デビイ / ビル・エヴァンス
  4. セント・トーマス / ソニー・ロリンズ
  5. クレオパトラの夢 / バド・パウエル
  6. クール・ストラッティン / ソニー・クラーク
  7. ミスティ / エロール・ガーナ―
  8. カンタロープ・アイランド / ハービー・ハンコック
  9. ザ・サイドワインダー / リー・モーガン
  10. ソウル・ボサ・ノヴァ / クインシー・ジョーンズ
  11. スペイン / チック・コリア&リターン・トゥ・フォーエヴァー
  12. ディナー・ウィズ・フレンズ / カウント・ベイシー・オーケストラ

 

 

■パティスリー ポタジエ

住所〒153-0051 東京都目黒区上目黒2-44-9/TEL03-6279-7753

営業時間 11:00 – 20:00 (イートイン L.O. 19:30)/ 定休日 火曜 ※夏季・冬季休業あり

https://www.potager.co.jp/

オリジナル・コラボ・スイーツは2018年7月28日(土)までの期間限定販売中。

 

-イベント, 音楽
-, ,

関連記事

ツインドラムあいどる バンドじゃないもん!本日解禁の初ミュージック・ビデオ 「パヒパヒ」!ショートフィルムのストーリーが凝縮されつくされたエモーショナルでカオスな雰囲気たっぷりの衝撃映像!?

10月3日(水)Debut Mini Album 『バンドじゃないもん!』をリリースするバンドじゃないもん!初のミュージック・ビデオ 「パヒパヒ」が、本日15時より解禁となった。 本作品は、繊細な映像 …

MUCC、サイコ・ル・シェイム、Waiveによるイベント「MUD FRIENDS 2000~2018」歓喜の最終日をレポート!

MUCC、Psycho le Cému、Waiveによる3マンイベントライブ『MUD FRIENDS 2000~2018』が、10月18日(木)、Zepp Tokyoにてファイナルを迎えた。同イベント …

「水曜どうでしょう」テーマソング 樋口了一『1/6の夢旅人2002(オリジナル)/ 1/6の夢旅人』 ハイレゾ(24bit/96kHz)&アナログ盤化!!

「水曜どうでしょう」テーマソング 樋口了一『1/6の夢旅人2002(オリジナル)/ 1/6の夢旅人』が、かねてからのファンの要望に応えて、ハイレゾ(24bit/96kHz)&アナログ盤化が決定!! 樋 …

umbrella柊(G)生誕祭をTHE NOSTRADAMNZと合同開催

関西在住の4人組ヴィジュアル系ロックバンドumbrellaより、umbrella 柊×THE NOSTRADAMNZ燕瞳 合同爆誕祭〜危険因子vol.3〜(キケンな二人編)が、7月25日下北沢SHEL …

JASMINE、「ずっと」でおなじみのSPICY CHOCOLATEとコラボレーションが決定!リリース記念スペシャルイベントの実施も決定!先行チケットをファンクラブ限定で発売

配信チャート19冠を獲得した、スマホ時代No.1ラブソング「ずっと feat. HAN-KUN & TEE」で注目を集めているSPICY CHOCOLATEとJASMINEのコラボレーション …

ブサイクアーティスト4foglioがNET放送スタート!?新曲リリースも発表!

昨年、「声」の質が高いアーティストということで、Webで話題を撒き散らした4foglio。しかし声の質とは逆でブサイクだから顔出しができないアーティストとして、正体不明・覆面アーティストとして活動して …