無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

ジョン・コルトレーン絶頂期の完全未発表スタジオ録音作。アメリカで行われた先行試聴会&記者会見レポートが到着。発売日前日に先行試聴会も開催決定

イベント 動画 音楽

629日に発売される、ジャズ史上最高のカリスマ、ジョン・コルトレーンの完全未発表スタジオ録音作『ザ・ロスト・アルバム』。マッコイ・タイナー(ピアノ)~ジミー・ギャリソン(ベース)~エルヴィン・ジョーンズ(ドラムス)との通称“黄金のカルテット”と呼ばれる伝説のグループが、その絶頂期にあたる196336日に行った公式スタジオ・セッションを収録したもので、このたび、録音から55年の時を経て発表となる。 

「アメリカ音楽史の歴史的遺産というべき音源の発掘~リリース」のニュースは、新聞各紙やテレビのニュース番組でも大々的に報道され、日本国内でも話題沸騰となっているが、そんな中、611()にアルバムの録音現場であるニュージャージーのヴァン・ゲルダー・スタジオにて、世界各国のメディアを対象とした先行試聴会&記者会見が開催された。そこに出席した、ニューヨークを拠点に活躍中のジャズ作曲家・挾間美帆のレポートをご紹介する。 

=記者会見レポート=

活動期間は約20年ながら、今もジャズの巨匠の筆頭として名を馳せ続けているサックス奏者、ジョン・コルトレーン。「未発表曲を含むアルバム一枚分のスタジオ録音が、その録音から55年の時を経て発表される」というニュースには、ジャズ・ファンからだけでなく、世界各国・老若男女のジャズ音楽家達からも歓喜と期待の声が上がった。そりゃあ確かに。巨匠の黄金時代を彩ったカルテットの新作が発掘された? 期待しないワケが無い。 

私は、幸運なことにこのアルバム『ザ・ロスト・アルバム』のメディア向け先行試聴会&記者会見イベントに参加させていただいた。場所はかのRudy Van Gelder Studio。マイルスやモンクが絶大な信頼を置いたスタジオだ。そして、今回の『ザ・ロスト・アルバム』が録音された、まさにその空間でもある。会場にはジョンの息子で今回の発売のプロデュース役も担ったラヴィ・コルトレーン、ジミー・ギャリソン未亡人とその息子マシュー・ギャリソン達の姿も。録音メンバーで唯一存命のマッコイ・タイナーはその夜にブルーノート・ニューヨークでのショーがあり、残念ながら欠席だった。 

イベントでは収録曲の中から次の4曲がお披露目された。 

Untitled Original 11383

今回大注目の未発表曲のひとつ。エンジニアのタイトル・クレジットの後に鳴り響くジョンのソプラノ・サックスが鮮烈で、このアルバムのインパクトの大きさを象徴している。ベースのジミー・ギャリソンのアルコ(弓演奏)のソロにも目を見張った。 

Untitled Original 11386

こちらも未発表曲のひとつ。ミドル・テンポのゆるいリズムが心地よいが、よく聴きこむと不規則な小節数のテーマがジョンのソプラノ・サックス、マッコイ、ジミーのソロ、それぞれのあいだに登場するシステムになっていて、ソロの和音進行はシンプルながら飽きることなく楽しめるよう工夫されていることがわかる。 

Impressions

この楽曲の演奏としては珍しい、ピアノレスの3人だけによる演奏。ジョンの鋭いテナー・サックスのソロにエルヴィン・ジョーンズのドラムが反応し、そのスピードを強力なグルーヴでジミーがサポート。コルトレーン黄金時代のこの疾走感は誰にも止められない! 

Slow Blues

前のトラックに続いて3人だけで、今度はいたってシンプルでゆっくりしたブルースを聴かせる。かすれた高音、吠えるようなフレーズ、テナー・サックスの醍醐味が詰まった演奏だ。そしてそこから引き継ぐようにマッコイがソロを始めると、しばらく聴いていなかったピアノの軽妙な音色にハッとさせられるのだ。 

「マスターテープが発掘されたのはいいものの、そのクオリティがわからない…という杞憂は、聴いた瞬間に払拭された」とプロデューサー達が言うように、コルトレーン黄金期を支えたカルテットの珠玉の一枚に堂々と仲間入りできる作品となりそうだ。 

挾間美帆 

※記者会見写真の中央で話しているのは、左:ラヴィ・コルトレーン、右:ケン・ドラッカー(ヴァーヴ・レーベル・グループ、ラヴィと一緒に「ザ・ロスト・アルバム」のエグゼクティヴ・プロデューサーを務めた)

=以上、記者会見レポート= 

尚、発売日の前日628日(木)にはアルバム通常盤(7)DSD音源で一足早く聴ける試聴会が、銀座の「サウンドクリエイト ラウンジ」にて開催されることが決定した。DSD音源は近年音楽ファンの間で注目されているハイレゾ音源の最高峰とも言われ、試聴会では55年前のスタジオにいるかのような体験をすることができる。参加の応募方法はユニバーサルミュージックのHPをチェック。

 

■イベント概要

ジョン・コルトレーン『ザ・ロスト・アルバム』DSD試聴会

開催日時:2018628() 18時半開場 / 19時スタート (20時終了予定)

場所:サウンドクリエイト ラウンジ (中央区銀座2-3-5 三木ビル5)

応募方法:TwitterUNIVERSAL JAZZhttps://twitter.com/universal_jazz)をフォローして、このツイート(https://twitter.com/UNIVERSAL_JAZZ/status/1008620230073913344)をRTするだけ

応募締切:621()23:59

当選人数:30

応募方法等の詳細はこちら

https://www.universal-music.co.jp/john-coltrane/news/2018-06-18-event/ 

 

■リリース情報

ジョン・コルトレーン『ザ・ロスト・アルバム』

John Coltrane Both Directions at Once: The Lost Album

発売日:2018629

形態:「2CDデラックス・エディション」、「1CD通常盤」、2形態同時発売

Impulse!/ユニバーサルミュージック 

https://lnk.to/JohnColtrane

 

ジョン・コルトレーン『ザ・ロスト・アルバム』ティザー映像

 

 

ジョン・コルトレーン 『ザ・ロスト・アルバム 【デラックス・エディション】』

形態:2UHQ-CD (通常のプレイヤーで再生可能な高音質CD

品番:UCCI-9295/6

価格:\3,456 (tax in)

*日本盤のみ2UHQ-CD仕様 

収録曲

Disc 1 – マスターテイク

1. アンタイトルド・オリジナル11383 (テイク1)

2. ネイチャー・ボーイ

3. アンタイトルド・オリジナル11386 (テイク1)

4. ヴィリア (テイク3)

5. インプレッションズ (テイク3)

6. スロー・ブルース

7. ワン・アップ、ワン・ダウン (テイク1) 

Disc 2 – 別テイク

1. ヴィリア (テイク5)

2. インプレッションズ (テイク1)

3. インプレッションズ (テイク2)

4. インプレッションズ (テイク4)

5. アンタイトルド・オリジナル11386 (テイク2)

6. アンタイトルド・オリジナル11386 (テイク5)

7. ワン・アップ、ワン・ダウン (テイク6)

 

ジョン・コルトレーン『ザ・ロスト・アルバム』[通常盤]

形態:SHM-CD

品番:UCCI-1043

価格:\2,592 (tax in)

*日本盤のみSHM-CD仕様 

収録曲

1. アンタイトルド・オリジナル11383

2. ネイチャー・ボーイ

3. アンタイトルド・オリジナル11386

4. ヴィリア

5. インプレッションズ

6. スロー・ブルース

7. ワン・アップ、ワン・ダウン 

<パーソネル>

ジョン・コルトレーン(ts, ss) マッコイ・タイナー(p) ジミー・ギャリソン(b) エルヴィン・ジョーンズ(ds)

196336日、ニュージャージー、ヴァン・ゲルダー・スタジオにて録音 

 

Link

ユニバーサルミュージック ジョン・コルトレーン サイト

https://www.universal-music.co.jp/john-coltrane/

ジョン・コルトレーン公式サイト(英語)

https://www.johncoltrane.com/

-イベント, 動画, 音楽
-, , ,

関連記事

1st アルバム“CAMP”も話題沸騰中“マウンテン・ポップ” をコンセプトに2018年注目インストバンドWorld Maps、新曲「UTAGE」が8/10より配信開始!

1stアルバム“CAMP”も好評を博し話題沸騰中!大自然の中ではしゃぎたくなるような、そして誰よりも、どこよりも自由になれる、そんな音楽「マウンテン・ポップ」を掲げるインストバンド、World Map …

アンチテーゼ アシュニコ!TikTokでバイラル・ヒット中の「スチューピッド (Feat. ヤング・ベイビー・テイト)」MV公開 ! !

青い髪が目を引くロンドン発ポップのアンチテーゼ、アシュニコ。 彼女の最新EP『ハイ、イッツ・ミー』収録の「スチューピッド (Feat. ヤング・ベイビー・テイト)」がトータル再生数1,000万回を突破 …

今、世界で最も売れているアルバムは『トゥ・ビー・ラヴド』。全英米アルバム・チャートを含む、世界11ヶ国で1位を獲得したマイケル・ブーブレは日本でもスターになりたい?

2005年にリリースされたサード・アルバム『イッツ・タイム』以降、リリースする作品がすべて全米アルバム・チャートで1位を獲得してきたマイケル・ブーブレ(カナダ出身37歳)の最新作『トゥ・ビー・ラヴド』 …

THE BAWDIES 最新ダブルA面シングル「NICE AND SLOW / COME ON」初回限定盤の収録曲数はアルバム級!?カップリングは一夜限りのビルボード音源を特盛収録!!!

ファン待望となるTHE BAWDIESの最新シングル「NICE AND SLOW / COME ON」が6月25日にリリースされるというニュースはつい先日発表されたばかりだが、その内容詳細について本日 …

THE BAWDIES、「Boys!」TOUR 2014-2015 ?FINAL- at日本武道館から、大興奮の「NO WAY」ライブ映像をいち早く公開!オリジナル購入特典も本日発表!

本日、新木場・若洲公園(東京都)で開催中の「TOKYO METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2015」。会場内“WINDMILL FIELD”ステージにて約1万人のオーディエンスを前 …

SCANDAL 12都市15公演を巡る全国ツアーがスタート! 気分で決める“日替わり”セットリストでファンを魅了!

今年3月27日(水)にプライベートレーベル “her” から第一弾シングル『マスターピース / まばたき』をリリースしたSCANDALが、12都市15公演におよぶ全国ツアー「S …