歌詞検索 - うたまっぷ スマートフォン(SMARTPHONE)

音楽ニュース

くるり、今年の「京都音博」は“生”歌謡ショー!
[2017.07.10 13:00]

くるり、今年の「京都音博」は“生”歌謡ショー!

9月23日に京都・梅小路公園で開かれる、くるり主催 「京都音楽博覧会2017 IN 梅小路公 園」のライブ形式ならびに追加出演アーティストが発表 されたた。今年の音博は初の"生" 歌謡ショー形式となる。

“生”歌謡ショーとはどんな内容なのか。それは国内外 のアーティスト全9組を迎え、くるり の他、特別編成のハウスバンドと、今回のために京都市 立芸術大学卒のメンバーを中心とし て全国で活躍する若手奏者で構成された京都音博フィル ハーモニー管弦楽団によって、楽曲 を演奏する形式となります。ハウスバンドには佐橋佳幸 (Gt.)、Dr.kyOn(Key.)、高桑 圭 (Ba.)、屋敷豪太(Dr.)といった名うてのミュージシャン が勢ぞろい。

技術の進歩によりコンピューターから音を鳴らして演奏 と同期させたりすることが当たり前 の時代となった昨今。くるりが今年解き放つ一手は、そ んな時代にあえて生の音楽体験をプ ロデュースし届ける、かつてのTVでの歌謡ショーを彷彿 とさせる内容となる。

なお、この企画発表に合わせて新たにインドネシアの女 性シンガーソングライター、ディ ラ・ボンの出演が決定。くるりのレギュラー番組、 NHK-FM「くるり電波」の中でファン ファン(Tp.)がお気に入りのアーティストとして彼女を 紹介。その収録後、彼女による「ば らの花」のカバー動画がSNSで公開されました。相思相 愛のアーティストがバンドンより初 来日する。

© INTERRISE.INK & KATEL.CO.LTD.