無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

ケツメイシ × FUNKY MONKEY BABYS が元気を運んだ!!みちのくの地で23,000人が大熱狂!!

音楽

2011年9月10日(土)東日本大震災から半年が経ち、野外イベント、東日本大震災応援企画“みちのく力くらべ〜いぐべおめぇだづ〜”ケツメイシVS FUNKY MONKEY BABYSが国営みちのく杜の湖畔公園 みちのく公園北地区 風の草原にて行われた。チケットはソールドアウトし、2万3千人を動員。

このイベントは、東北の音楽、放送関係者で作られた「みちのく力くらべ」実行委員会が、「地元仙台に音楽が元気や希望を与えられる」と信じ、自ら立ち上がり、自分達の手で大好きな東北のため、仲間のために復興支援イベントを企画、その趣旨に賛同したケツメイシとFUNKY MONKEY BABYSが快く参加を決め実現した。
※本公演のチケット及びコラボレーショングッズの収益金の全てが義援金として寄付される。

当日、仙台駅からは1万人を超えるファンがシャトルバス85台に乗り、全国からも観光バスや自家用車で多くのファンが国営みちのく杜の湖畔公園に集結。残暑厳しい30℃を超える快晴の会場は、開演前から両アーティストのファンがそれぞれのTシャツを着て、この2組の対決を楽しみにするかのように熱気に溢れていた。

この日、一緒にステージを盛り上げていく司会進行役には、以前からケツメイシRYOJIと親交があるアンタッチャブル 柴田英嗣がイベントの主旨に賛同し、参加してくれた。柴田さんの司会で、両メンバーが登場。地響きのような歓声が、このイベントの音楽シーンにおける歴史的意義を象徴していた。先攻後攻を決めるにあたり、綱引きの綱がステージ上に登場。3対4の綱引きとなり、和気あいあいの中FUNKY MONKEY BABYSは、あえなく敗北。再度挑戦を希望し、続くカラオケ対決では、ケツメイシがファンモンの楽曲を。ファンモンがケツメイシの楽曲を歌い、その点数をガチで競い合った。プロレスファンにはお馴染の“髪切りデスマッチ”に様相を変えたその結果は、FUNKY MONKEY BABYSが勝利し先攻登場を選択した。ちなみに、敗北したケツメイシは、DJ KOHNOが“男気”を見せステージ上で断髪のパフォーマンスを行い会場をさらに沸かせた。

先攻のFUNKY MONKEY BABYSは、1曲目の「希望の唄」からアクセル全開のステージを披露、3.11の涙をぬぐうようにと「涙」や「それでも信じてる」を歌い、会場からはコブシを掲げながら涙する多くのファンも見受けられた。ファンモンメンバーも6月には、被災地を訪れ直接ファンに触れることで、彼らの想いを受け取り、自分達に出来る事は何か、とあらためて再認識した。その想いは、この日ステージの上でより大きなパワーとなって、東北の地にこだました。さらに東北のファンには、縁のある「あとひとつ」も熱唱。この日、仙台Kスタ宮城では、楽天田中将大投手が登板し、斎藤祐樹投手とのプロ初対決の日とも重なり仙台は熱い1日となった。「あの日の悲しみを吹き飛ばせ!!」とファンキー加藤が絶叫し、「ONE」「ちっぽけな勇気」と続き全13曲を激唱した。

ファンモンのライブからケツメイシのライブまでのセットチェンジの祭、突然のスコールにも見舞われ、一時中断。

雨が降る中、後攻のケツメイシが登場。

全国アリーナツアーの仙台公演が震災の影響で中止となり、待ち構えていたファンの割れんばかり歓声が上がる。オープニング・ナンバーは「はじまりの合図」。ステージの上のセンターポジションをくるくるとスイッチしながら、3人のRAPと歌声がみちのくの空の下に響き渡り、パラパラと降っていた雨が会場の熱気と共に上がっていった。続いて、「トレイン」、「夏の思い出」とヒットチューンを連発。MCではRYOがなぜか落ち武者のように髪を切ってしまうハプニングもあり、会場は異様な盛り上がりをみせる。

そして、「手紙〜未来〜」、「仲間」とぐっと胸を打つメッセージソングを披露し、ライブ初披露となる「街並」では涙するファンも。

ラストは大蔵が煽り、「しんみりしちゃ終われない!やっぱラストは熱〜いやつで盛り上がりたいんでしょ!!」と、最強のダンス・ナンバー「カーニバル」へ。オーディエンスのタオル回しが目に鮮やかで、圧巻のケツメのパフォーマンスであった。

ケツメイシのライブを終え、対決を終えた両アーティストが再度ステージ上に登場。熱気あふれる会場からは、惜しみない拍手が送られ、この日初披露となるコラボ楽曲「ライジングサン」を7人で熱唱した。この楽曲は、9月10日配信限定でリリースされ、東日本大震災復興応援チャリティーソングとして全ての被災地への義援金として寄付される。

『ライジングサン』は配信限定曲として着うたフル(R)が、イベント当日の9月10日からレコチョクにて先行配信され、見事デイリーチャート初登場1位を獲得!!

現在、2日連続でデイリーチャート1位を継続している。

この楽曲は、東日本大震災復興応援チャリティーソングとして全ての被災地への義援金として寄付される。

<今後のケツメイシ・FUNKY MONKEY BABYSスケジュール>
今後のケツメイシは3年ぶり通算5枚目のライブDVD「ケツの穴 〜応用篇〜」を11月9日にリリースする。DVDには3月から7月まで開催され、25万人を動員した全国16カ所27公演におよぶアリーナツアー「あれっ?このおじさん達見たことある!そうです!下の方でFes2011テッテレー♪」より、6月29日・30日の横浜アリーナ追加公演の模様を収録。特典映像としてメンバーの秘蔵おまけムービーや沖縄公演の模様が収められる。

一方、FUNKY MONKEY BABYSの方も11月16日に待望の17thシングル「タイトル未定」のリリースが決定している。
シングルリリースに先立って、11月8日、9日には「第1回FMBオフィシャルファンクラブイベント・プレミアムライブ 登校日だよ!全員集合!!“猿學祭”in日本武道館」と題して、日本武道館でファンクラブイベントを行う。

<東日本大震災応援企画“みちのく力くらべ〜いぐべおめぇだづ〜”ケツメイシVS FUNKY MONKEY BABYS>

【先手:FUNKY MONKEY BABYSセットリスト】
1.希望の唄
2.ナツミ
3.そのまんま東へ
4.恋の片道切符
5.涙
6.告白
7.メロディーライン
8.ヒーロー
9.それでも信じてる
10.あとひとつ
11.One
12.ちっぽけな勇気

【後手:ケツメイシセットリスト】
1.はじまりの合図
2.歩いていく
3.トレイン
4.夏の思い出
5.痔待ち一代
6.手紙〜未来〜
7.仲間
8.闘え!サラリーマン
9.街並
10.涙
11.カーニバル
13.西日と影法師

【アンコール】
En. ライジングサン        ケツメイシ×FUNKY MONKEY BABYS
<関連リンク>
東日本大震災復興応援企画「みちのく力くらべ〜いぐべおめぇだづ〜 ケツメイシ VS FUNKY MONKEY BABYS 」公式HP 

-音楽

関連記事

新感覚!? 7月24日デビューのEDEN、“おやゆびハグ”を実施!その名も「テ〜バ会」!?

今、美しすぎる、と話題の超美男子バンドEDEN(エデン)のデビューシングル「Never Cry」(7月24日発売)のリース記念イベントの詳細が発表され、なんと、「テ〜バ会」とやらの実施が決定。そもそも …

菅原紗由理、破竹の勢いで配信30万DL突破 待望の初ライブツアー東京・大阪も決定!

瑛太・上野樹里がW主演をつとめる話題のツイッタードラマ「素直になれなくて」でドラマと同名タイトルの挿入歌を担当している菅原紗由理。各音楽配信サイトで配信開始から好調なチャートをキープしていた「素直にな …

RAM WIRE、話題の励ましソング「歩み」生歌にボランティアサークルの大学生感涙!

RAM WIREがボランティアサークルの大学生によるイベントで、現役大学生約500人を前に、話題の励ましソング「歩み」を感動のパフォーマンスでプレゼントした。向井理初主演映画『僕たちは世界を変えること …

がんばれ!Victory、少年野球チーム「横浜Victory」がエール!デビュー曲「全力!スタート」のMVが話題を集め、無料動画 ステーションGYAO!の5月22日付の音楽デイリーチャート1位を獲得!

5月20日にメジャーデビューを果たした佐賀県唐津市出身のバンドル、がんばれ!Victory。5月23日にモザイクモール港北にて行われたリリースイベントに、少年野球チーム「横浜Victory」が応援に駆 …

DIV 8/27(水)リリース新曲のリリックムービーが公開

DIVが8/27にリリースする新曲「Point of view」のリリックムービーが公開された。イントロのギターリフが印象的な同曲だが、独特な言い回しによる歌詞も気になるところ。サビ部分のみのティザー …

10/3に4thアルバム「RUN」リリースするトーフビーツ、第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品作品「寝ても覚めても」主題歌「RIVER」配信スタート。

神戸在住、幅広い層から注目を集め続ける1990年生まれの新世代の音楽プロデューサーでDJのトーフビーツが、先日10月3日に4thアルバム「RUN」のリリースを発表。 そして、そのアルバムリリースに先駆 …