うたまっぷ歌詞アプリ

最新の音楽ニュースをお届けいたします。
うたまっぷトップへ
先の音楽ニュースへ    次の音楽ニュースへ    写真から閲覧する音楽ニュースを選ぼう!    この音楽ニュースに関してコメント、メッセージをかきましょう!    写真から閲覧する音楽ニュースを選ぼう!    音楽ニュース一覧をチェック!
やくしまるえつこ、世界最大の国際科学芸術賞で日本人初グランプリ受賞
[2017.05.09 17:00]

やくしまるえつこ、世界最大の国際科学芸術賞で
本人初のグランプリ受?
title=

音楽家・アーティスト・プロデューサーとして活躍する やくしまるえつこが、メディアアート界のオスカーと も言われる世界最大の国際科学芸術賞「アルス・エレク トロニカ賞」の『STARTS PRIZE』で、グランプリ (Grand Prize for Artistic Exploration)を受賞した。

「アルス・エレクトロニカ賞」の『STARTS PRIZE』は世 界中で最も優れた、科学・芸術・テクノロジーがクロス オーバーした作品を決める賞で、アルス・エレクトロニ カが欧州委員会(EC)からの命を受け実施している。こ の度、やくしまるえつこの作品『わたしは人類』(英語 名:Etsuko Yakushimaru - “I’m Humanity”)が、日 本人初となるグランプリを受賞した。

『わたしは人類』はやくしまるえつこがバイオテクノロ ジーを用いて制作した作品。”人類滅亡後の音楽”をコ ンセプトに、新しい音楽 ― 伝達と記録、変容と拡散― の形を探るプロジェクトで、人類の歴史上初めて「音楽 配信」「CD」「遺伝子組換え微生物」で発表された音楽 作品となる。

やくしまるえつこは、日本に古くから生息するシアノバ クテリアの一種である微生物・シネココッカスの塩基配 列を用いて楽曲『わたしは人類』を制作。さらに、やく しまるはその楽曲の情報をDNAコード化し、DNAを人工合 成してこの微生物の染色体に組み込み、実際に『わたし は人類』の遺伝子組換え微生物を制作した。

そのようにして制作された『わたしは人類』は、人類の 歴史上初めて「音楽配信」「CD」「遺伝子組換え微生物 」 という3つの形で発表された。

バイオテクノロジーを駆使して作られ、発表されたこの 曲が世界配信され、ポップミュージックとして流通し、 Apple Musicのトップページを飾った。 そして、楽曲発表と同時に、遺伝子組換えでできた新た な微生物それ自体を、2016年9月から茨城県で開催され た国際芸術祭「KENPOKU ART 2016」のテーマソングとし て展示、その後、山口の美術館である山口情報芸術セン ター[YCAM]でも展覧会が行われた。これらの展示におい て、日本の経済産業大臣が初めて「遺伝子組換え微生物 」 の一般公開展示の大臣認可を行い、日本で初めて公共の 場所で「遺伝子組換え微生物」が展示された。





<歌詞検索>     =  一致

▲ ページ上へ移動
      






iphoneカバー、スマホケース

TOPへ  │  作詞スクール  │  歌詞検索  │  歌詞全文検索・フレーズ検索  │  アーティスト50音で歌詞検索  │  自作歌詞  │  愛ことば便  │  アーティストクリップ  │  うたまっぷインディーズ  │  俳句・川柳
本日の注目歌詞  │  自作歌詞交流  │  音楽交流・ファン広場  │  楽曲・歌詞コメント集計  │  お問合せ │ 歌詞リクエスト │ 音楽関係リンク │ サイトについて │ プライバシーポリシー
うたまっぷ