無料歌詞検索サイト「うたまっぷ」がおくる最新音楽・エンタメニュースサイト

うたまっぷNEWS

5年ぶりのシングルは岡本真夜とのコラボレーションの“ダブルネームシングル

インタビュー

相川七瀬

相川七瀬と岡本真夜がコラボレーション。しかも二人の「ダブルネームシングル」という珍しい形態のシングル盤が発売となった。
その話題の曲は「桜舞い降りる頃、涙色 feat.mayo/ 相川七瀬」、同じシングル盤に相川七瀬と同じこの曲を歌った岡本真夜バージョンが同時収録されているのだ。1 枚のシングル盤に歌い手違いで、アレンジ違いの同一曲が収められるのは見たことがない。この珍しい形態はいかにして生まれたのだろうか?
そもそも楽曲「桜舞い降りる頃、涙色」は、作詞を相川七瀬、作曲を岡本真夜が担っている。ふたりのコラボは初めてだが、岡本は95年5月に「TOMORROW」で、相川は半年後の同年11月に「夢見る少女じゃいられない」でデビューを果たしたいわば同期で、当初から親交が続いており、現在はママ友としても親しい間柄であるという。そして同じ曲を各々が歌い1枚のシングルに収めてしまうというアイデアも、ママ友のランチから生まれたのだという。
楽曲そのものはもともと相川七瀬が自身のシングル曲用に岡本真夜に作曲を依頼していたもので、昨年11月頃に、二人がママ友とランチをとりながらデモバージョンを披露したところ、「岡本真夜バージョンも聴きたい」との声が上がり、早速、相川七瀬がレコード会社に打診、今回の「ダブルネームシングル」の実現に至ったそうだ。
肝心の楽曲はといえば、まず、相川七瀬バージョンは、ギターにマーティ・フリードマン、ドラムにLUNA SEAの真矢が参加し、96年に発売になった「恋心」を彷彿させるようなロッカ・バラード・ナンバーで、まさに20年後の「恋心」を感じさせる内容に仕上がっている。一方、岡本真夜バージョンは、桜の花びらが散りゆく様を想像させるイントロのピアノが印象的なしっとりとしたアレンジだ。こうして1枚のシングルの中に、見事に二人のアーティストの個性が、それぞれくっきりと描かれることとなっている。しかもお互いの曲に、それぞれがコーラスに参加するという粋な計らいも見せている。因みに同梱のDVD収録のミュージックビデオは岡本バージョンはなく、相川バージョンのみ。相川七瀬が幻想的な花吹雪の中で、ファンには嬉しいママ友どこ吹く風といった美貌ぶりをアピールしてくれる。
本邦初公回となった「ダブルネームシングル」の出来栄えについては「デモを聴いた瞬間に、本当に鳥肌が立ちました。この切ないメロディに合う言葉を見つけるまで、とても時間がかかりましたが、桜と涙色というのが、私のこの曲から受け取ったメッセージです。みなさんに気に入ってもらえたら嬉しいです」と語る相川に対して、岡本は「私なりの相川七瀬さんのイメージで作った曲です。相川さんのファンの皆様にも喜んで頂けたら嬉しいです」と語る。1枚のシングルで、是非ともその違いをゆっくりと味わって欲しい。


相川七瀬

相川七瀬

「桜舞い降りる頃、涙色 feat.mayo/ 相川七瀬」

【CD】
01.桜舞い降りる頃、涙色 feat.mayo/ 相川七瀬
02.桜舞い降りる頃、涙色 feat.nanase/ 岡本真夜
03.桜舞い降りる頃、涙色 feat.mayo(オリジナルカラオケ)
04.桜舞い降りる頃、涙色 feat.nanase(オリジナルカラオケ)
【DVD】
01.桜舞い降りる頃、涙色 feat.mayo/ 相川七瀬


シングル
発売日:2014.03.05
motorod
CD+DVD盤
¥1,800(税抜)


CD購入はコチラ! style=


オフィシャルサイトはコチラ!


オフィシャルFacebookはコチラ!


オフィシャルTwitterはコチラ!


■相川七瀬の歌詞をもっと見る


【サイン色紙プレゼント】読者プレゼント⇒(PCページ)


相川七瀬

-インタビュー

関連記事

夏のツアーは全公演早々に完売&大盛況!勢いに乗る新世代ギターロックバンド”MOSHIMO”が放つ1st EP「支配するのは君と恋の味」10月4日リリース!!

★Music Video★ 岩淵紗貴(Vo&Gt)、一瀬貴之(Vo&Gt)、宮原颯(Ba)、本多響平(Dr)の4人から成る新世代ギターロックバンド、MOSHIMO。今年5月にリリー …

クリスタルボイスを巧みに操るオンリー1 シンガーSO-TA

圧倒的なボーカル力と澄み切ったクリスタルボイスが魅力のSO-TAが、3rdアルバム「2FACE」を発売とのことで、本人をインタビュー。現れたのは歌声そのままに、さわやかな好青年だった。トレードマークの …

この曲は是非最後まで聴いて欲しい。じゃないと絶対伝わらない。

どんなに絶望的な状況であっても、希望の光は必ず見つかる。大切な“あなた”の存在によって――。 中島美嘉からまたひとつ、聴く者の心を根本から励まし続ける、普遍的な力を持った楽曲が届けられた。中島みゆきの …

ガラスの歌声を持つロックのニュージェネレーション登場!!アニメ「ヤング ブラック・ジャック」エンディングテーマ曲 焚吐、メジャーデビューシングル「オールカテゴライズ」12月2日発売!

★Music Video★ 若干18歳の大型新人、焚吐(タクト)がメジャーデビュー!デビュー作であるシングル「オールカテゴライズ」は焚吐自身が作詞作曲し、編曲はボカロ界で絶大な人気を集めているNeru …

映画『CYBORG009 CALL OF JUSTICE』エンディングテーマソング「Is this love?」4月5日リリース!!LIVE DVD『YEAR OF THE MONKEY』も同時発売!

★Music Video★ 昨年メジャーリリース10周年を迎えた仙台在住の4ピースハイブリッドロック・バンド、MONKEY MAJIKがニューシングル「Is this love?」をリリースする。12 …

“世界初”の360°バーチャルリアリティ・ミュージックビデオが話題沸騰!!

倖田來未は、デビュー以来、耳で聴く“音楽”だけでなく、目で見る“映像”や、体で感じる“ライブ”という分野でも革新を追い求めてきたアーティストだ。 現在では当たり前のようになっているが、ミュージックビデ …